2018年1月21日(日)中山競馬場で行われるアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2018の競馬予想です。過去の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心にして、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2018の予想を組み立てていきます。アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)は、4歳上 別定 中山芝2200M Cコース 外回りで行われるGⅡ戦です。ココでは、過去10年のアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)を検証してみました。

<PR>

ホースメン会議:AJCC300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

100名限定 特別無料配信

アメリカJCC(G2)・鉄板3点勝負

プロが「絞って30倍も狙える」

と分析した穴馬が出走

→AJCCの3点を見る方法←

ホースメン会議:AJCC490_160

出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  2着候補 ゴールドアクター 減点Dc
  •  -着候補 シホウ 減点Ca
  •  -着候補 ショウナンバッハ 減点Ba
  •  -着候補 ダンビュライト 減点Ab
  •  -着候補 ディサイファ 減点Da
  •  -着候補 トミケンスラーヴァ 減点Ac
  •  -着候補 トーセンビクトリー 減点Ea
  •  1着候補 ブラックバゴ 減点なし
  •  -着候補 マイネルディーン 減点Aa
  •  2着候補 マイネルミラノ 減点Db
  •  1着候補 ミッキースワロー 減点なし
  •  -着候補 レジェンドセラー 減点Ab
  • 消去法データ

    減点A 非重賞戦組

    前走非重賞戦組は【0.2.4.41】と未勝利でこのうち、

    a 前走0.3秒以上敗退馬は【0.0.0.20】

  • マイネルディーン
  • b 前走条件戦敗退、勝っても0.1.秒内馬は【0.0.0.12】

  • ダンビュライト
  • レジェンドセラー
  • c 今回距離短縮馬は【0.0.0.13】

  • トミケンスラーヴァ
  • 減点B 斤量増馬

    a 2キロ以上の斤量増馬は【0.0.2.19】でこのうち、7歳以上馬は【0.0.0.9】

  • ショウナンバッハ
  • 減点C 大敗馬

    a 前走GⅡ以下1秒以上敗退で斤量軽減ない馬は【0.0.0.23】

  • シホウ
  • 減点D 高齢馬

    7歳以上馬は【3.7.2.48】と健闘の部類ですがこのうち、

    a 9歳以上馬は【0.0.0.14】

  • ディサイファ
  • b 8歳以上馬は【0.4.1.25】

  • マイネルミラノ
  • c 中9週以上馬は【0.2.0.13】

  • ゴールドアクター
  • 減点E 牝馬

    a 該当馬は【0.0.0.7】

  • トーセンビクトリー
  • 予想はコチラ

    フルゲート17頭に対し12頭の登録です。近年は有力馬の始動が早くなった傾向が強く、それなりに頭数が揃ってたんですが残念な少頭数戦となりそうです。近5年の勝ち馬は後に未勝利と芳しくないジンクスもあったりしますが、古馬特に関東馬にとっては数少ない始動戦の一つで今年も楽しみなメンバーが揃いました。

    1着候補2頭+2着候補2頭

    1番人気は過去10年【2.1.0.7】とハンデ戦並に不相性な一戦です。偶然でしょうが乗替りが【2.1.0.4】に対し、連続騎乗馬は【0.0.0.3】と不思議な結果……。今年はゴールドアクターミッキースワローが拮抗しておりますがどちらも横山典騎手のお手馬で……。どうやらミッキースワローを選ぶようですが、チョット怖い感じもするデータとなっております……。

    1着候補馬

  • ブラックバゴ
  • ミッキースワロー
  • 2着候補馬

  • マイネルミラノ
  • ゴールドアクター
  • 以下、随時追記していきます。

    印はこのようになりました

    ◎ 3 ミッキースワロー

    〇 5 ゴールドアクター

    ▲ 9 マイネルミラノ

    △ ※ 

    ✕ ※ 

    ☆ ※ 

    注 ※ 

    馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    10:48追記

    1着候補ブラックバゴの回避が残念な一戦です。購入候補馬は3頭で内2頭は人気サイド……。券種も限られてきますが、この決着ならまとめて仕留めたいところです。唯一の1着候補馬は強いと言われる4歳世代でスンナリ。対抗馬は宝塚記念以来の久々ですが自力上位。最も期待は▲馬で、リズムを崩してるのは気になりますが、中山は4勝を挙げており好相性……。ハナを奪えるか?そして粘りこめるか?

    馬連 3⇒5・9 各100(2点)

    馬連 3-5 100

    ワイドBOX 3・5・9 各100(3点)(的中17.3倍)

    ワイド 3⇒5.9 各100(2点)(的中17.3倍)

    ワイド 3-5 100

    3連複 3-5-9 100

    (払戻金 1000⇒3460)

     

    以上、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の予想を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>

    シンクタンク:AJCC300_250

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第59回 AJCC(G2)

    <<参加者全員!>>

    万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    冬場かつ、有馬記念後の中距離重賞ということもあって、さすがに一線級がズラリと揃うことは少ないが、別定のG2という格があるゆえに、例年、それなりの実力馬が出走してくる。また、今年の飛躍を狙う活きのいい4歳馬を筆頭に、春の大舞台を狙うために、賞金加算を目的に参戦してくる馬も少なくない。

    今年は、15年有馬記念を制したゴールドアクターが参戦予定。17年宝塚記念2着後は実戦から遠ざかっているが、今回はキタサンブラック引退後の武豊騎手との新コンビ結成が発表され、さらに注目度が高まっている。とは言え、疲れで昨秋を棒に振っての休み明けだけに、どれだけの仕上がりと状態面で出走できるのかがカギになる。

    そして、重賞戦線を席巻し勢いがある4歳世代からはダンビュライト、ミッキースワローが参戦。ダンビュライトは皐月賞3着、ミッキースワローはセントライト記念1着と、中山コースでの実績もあり、舞台は絶好。どちらも古馬重賞に出走するのは初めてだが、互角に渡り合えるだけの実力は備えている。

    無論、ココで名前があがっていない馬達も決してノーチャンスではない。ハイセイコーの主戦ジョッキーで知られる増沢末夫など、元騎手・元調教師を始めとした競馬界の大物OBが、情報ルートとして多数在籍する当社シンクタンクは、様々な競馬関係者から身内同然に話を聞くことができる態勢が整っている。そのため、馬券的中のポイントとなる各陣営の力関係・勝負度合いなどを的確にジャッジすることが可能。今週は、先着100名様限定で【アメリカJCC・3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を実感してもらいたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第59回 AJCC(G2)

    <<参加者全員!>>

    万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック←

    シンクタンク:AJCC490_160