CBC賞2018キャッチ

2018年7月1日(日)中京競馬場で行われるCBC賞2018の競馬予想です。このレースも梅雨真っ只中の開催とあって平穏には決まり難いハンデ重賞ですが、さすがにGⅠ高松宮記念組は格の違いで良績が多くあります。今年はその高松宮記念組が8年ぶりに不在となりより一層混沌とした印象です。

そんなCBC賞を過去10年の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心に検証し予想てみました。CBC賞2018は、3歳上 ハンデ 中京芝1200M Aコース 15:35発走で行われるサマースプリントシリーズ第2戦目となるGⅢ戦です。

<PR>

チェックメイト:CBC賞300_250

最強の関西情報社チェックメイトは勝負の関西馬情報で

  • ユニコーンS【2万2430円】的中
  • エプソムC 【2万8020円】的中
  • など

    重賞競走で万券的中をお届け

    今週は荒れる夏のスプリント重賞

    第54回 CBC賞 (GⅢ)

    昨年は関西馬の上位独占で

  • 1着シャイニングレイ(栗東:高野厩舎・2番人気)
  • 2着セカンドテーブル(栗東:崎山厩舎・13番人気)
  • 3着アクティブミノル(栗東:北出厩舎・8番人気)
  • 3連単【41万7490円】決着

    今年も関西馬で高配当決着が濃厚

    最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

    CBC賞・3連単勝負買い目の

    無料入手方法はコチラ

    【先着100名様限定】

    ※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

    チェックメイト:CBC賞490_160

    消去法データ

    減点A 牝馬

    a 牝馬は【3.3.2.40】でこのうち、前走非重賞戦2番人気以下馬は【0.0.0.20】

  • トシザキミ
  • ナガラフラワー
  • 減点B 大敗馬

    a 前走GⅡ以下戦1秒以上敗退馬は【0.0.0.28】

  • コウエイタケル
  • トーキングドラム
  • 減点C 短距離路線組

    前走1200m以下からの臨戦馬は【3.3.6.78】でこのうち、
    a 前走GⅡ以下出走の斤量増馬は【0.0.0.7】

  • ダイメイプリンセス
  • ペイシャフェリシタ
  • b 前走条件戦2番人気以下馬は【0.0.0.7】

  • レーヴムーン
  • 減点D 高齢馬

    6歳以上馬は【1.1.1.20】でこのうち、

    a 前走0.8秒以上敗退馬は【0.0.0.40】

  • フミノムーン
  • b 前走GⅡ以下1200m以下4番人気以下4着以下で斤量軽減ない馬は【0.0.0.7】

  • アクティブミノル
  • c 近2走とも1200m以下戦出走馬は【0.0.0.24】

  • アレスバローズ
  • グレイトチャーター
  • スノードラゴン
  • セカンドテーブル
  • ナリタスターワン
  • 出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

    CBC賞2018枠順
    CBC賞2018枠順
  •  -着候補 アクティブミノル 減点Db
  •  1着候補 アサクサゲンキ 減点なし
  •  -着候補 アレスバローズ 減点Dc
  •  -着候補 グレイトチャーター 減点Dc
  •  -着候補 コウエイタケル 減点Ba
  •  -着候補 スノードラゴン 減点Dc
  •  -着候補 セカンドテーブル 減点Dc
  •  1着候補 ダイメイフジ 減点なし
  •  -着候補 ダイメイプリンセス 減点Ca
  •  1着候補 トウショウピスト 減点なし
  •  -着候補 トシザキミ 減点Aa
  •  -着候補 トーキングドラム 減点Ba
  •  -着候補 ナガラフラワー 減点Aa
  •  -着候補 ナリタスターワン 減点Dc
  •  -着候補 フミノムーン 減点Da
  •  -着候補 ペイシャフェリシタ 減点Ca
  •  -着候補 レーヴムーン 減点Cb
  •  1着候補 ワンスインナムーン 減点なし
  • スポンサーリンク




    今回の想定オッズと過去の払戻金はどうなってる?

    単勝オッズ

    データはnetkeiba.comさんを参考にしてます。

    (2018年6月27日8時頃)

    CBC賞2018オッズ180628
    CBC賞2018オッズ180628

    着候補別では……

  • 1着候補:1・2・3・12番人気
  • 過去10年の払戻金データ

    CBC賞2018過去10年払戻金データ
    CBC賞2018過去10年払戻金データ

    単勝4桁配当は1回のみで狙いはハッキリしてます。馬連は9回が4桁、6回で30倍超で万馬券3回と波乱傾向が強く、3連複はオール4桁配当で万馬券7回が万馬券と、席が増えるにつれ穴馬台頭の余地が増える典型のようなレースとなっております。

    過去10年の1番人気馬は?

    CBC賞2018過去10年1番人気馬データ
    CBC賞2018過去10年1番人気馬データ

    1番人気は【2.1.1.6】と波乱傾向です。ハンデ戦らしいと言えばらしいんですが、前走GⅠ組が2頭来てて、直近4年は3頭が飛んでます。馬券になった4頭は全馬前走重賞組で、牝馬は2頭で全滅となっております。

    今年のの1番人気候補ダイメイフジについて

    CBC賞2018過去10年前走1着今回距離短縮馬データ
    CBC賞2018過去10年前走1着今回距離短縮馬データ

    前述の通り、距離短縮組が圧倒的良績で【7.7.4.54】。このうち前走1着馬は【3.2.0.1】で上の画となっております。飛んだのは2009年メイショウキトリのみで、ココは条件戦半馬身差勝ちからの臨戦でチョット荷が重かった印象です。前走安土城Sは後に連闘でGⅠ安田記念を制したモズアスコットが2着しており記憶に新しいところですが、それも伴って人気するなら妙味が半減します。連勝は昨冬の500万下・1000万下を勝ち上がったのが唯一で好走が続くタイプでもなく、本来左芝より右芝の方が良績が集っており、チョット依存度としては低くなりそうです。

    今回の購入候補馬は1着候補4頭

    1着候補馬

  • アサクサゲンキ
  • ダイメイフジ
  • トウショウピスト
  • ワンスインナムーン
  • 消去法選定作業を終えて

    フルゲート16頭に対し18頭の登録です。サマースプリントシリーズは早くも2戦目で、このシリーズの賞金だけが目当てなら数多く出走した馬が有利なのは確かです。しかし、秋のGⅠシリーズの緒戦がスプリンターズSなのもあって、逆算して使うとなると、まぁ~2戦が限界でしょうネ。

    1200m戦はGⅢから一気のGⅠ奪取が多く、2016年レッドファルクスは直行で、2008年スリープレスナイトは1戦挟んでスプリンターズSを制しております。中長距離戦と比べ壁が低いなんて言う人もいますがこれは全く間違いで、1200mのGⅡがセントウルSしかないのが大きく影響しております。

    むしろ、メンバーが揃う分格の違いで押し切る馬も多く、このCBC賞もGⅠ帰りや前走人気で敗退した馬の巻き返しが目立ちます。ここでの着順も含め、先々上のクラスで通用する能力を見定めることも大事になる一戦ですが、その辺りは時間の許す限り検証していきたいと思います。

    今回、穴で買うならこの馬しかいない訳ですが、

    人気ブログランキングへに書いてます。(トウショウビストでした)

    予想はコチラ

    本命はトウショウピストにしました

    内枠先行馬有利なコース形態で絶好のところを引きました。夏が得意で6~8月期は【3.1.1.3】。中京芝は【1.0.0.3】ですが、1200mは【1.0.0.1】で、昨年の高松宮記念はさすがに厳しかったですが、4歳時の準OPは2馬身圧勝しております。穴ならココとみました。

    対抗は※※※※※※※にしました

    人気ブログランキングCへに書いてます。(18アサクサゲンキでした)

    CBC賞は前走人気に支持された馬が良績で、前走3番人気内馬は【5.3.3.29】。馬券になった11頭中10頭が今回人気を落として好走しており侮れないデータです。前走はマイル⇒1400m⇒1200mと連続の距離短縮で、ペースに戸惑い位置が取れなかったのが全てでした。敗因もしっかりしてる今回は狙い目ですが、チョット枠は残念でした。

    ▲はダイメイフジにしました

    前走はクビ・ハナ・クビ・クビと0.1秒差で5頭が入る混戦を制したのは評価に値します。しかし、2着に負かした相手が連闘でGⅠを制した不運で今回人気を背負う立場となりました。クラシック未出走の叩き上げで、連勝は3歳冬の条件戦のみ……。アタマからは買い難い1頭です。

    △はワンスインナムーンにしました

    この馬も先行力がありますが外枠が残念でした。昨年のGⅠスプリンターズSは逃げ粘って3着はお見事でした。ただ、2ヶ月後の香港スプリントがどうだったんでしょうか?この時4歳で結果的に7戦消化と一戦多くて、輸送があったもののマイナス17キロで12着……。休養が入って馬体は戻しましたが、負担になってなければいいんですが……。

    印はこのようになりました

  • ◎ 2 トウショウピスト
  • 〇 →人気ブログランキングCへに書いてます。(18アサクサゲンキでした)
  • ▲ 12 ダイメイフジ
  • △ 15 ワンスインナムーン
  • 馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    5:31追記

    本命馬の単複で考えてた一戦でしたが思ってたより売れてる半面、△馬が人気ないですネ……。そんな訳でBOXにすることにしました。

    ワイドBOX 2・〇・12.15 各100(6点)

    3連複BOX 2・〇・12.15 各100(4点)

     

    以上、CBC賞の予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク


    <PR>【CBC賞】先着100名様に特別無料公開【厳選1点買い目】

    シンクタンク:CBC賞300_250

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第54回 CBC賞(GⅢ)

    先着100名様!好配当を狙い撃つ

    【1点馬券】を特別無料公開

    →【CBC賞】ココをクリック【◎-穴1点馬券】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    サマースプリントシリーズ第1戦・函館スプリントSで、当社は5万馬券的中の昨年に引き続き、今年も万馬券的中をお届け。サマースプリントシリーズは、シリーズ全体で高配当決着が恒例となっているが、特にハンデ戦であるCBC賞は、去年が40万馬券、一昨年も10万馬券決着と大波乱が続いており、一般的には難解と言えるレースと言えよう。

    サマーシリーズにおける馬券攻略の大きなポイントとなるのは、やはり“陣営の思惑”だ。ボーナスを狙ってシリーズチャンピオンを狙う陣営もいれば、秋のスプリンターズSを見据えた試走と位置づける陣営も。一方で「秋のために何とか賞金加算したい」と、必死の思いでレースに臨む馬もおり、とにかく思惑は様々。北海道シリーズが開幕して、人手不足にあえぐ記者連中や、一般ファンが思惑を網羅することなど不可能なのだ。

    このような「情報力がモノを言うレース」こそ、我々シンクタンクにとっては絶好の狙いドコロ。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し“本物の関係者情報”を入手することができる我々は、どの馬を狙うべきかシッカリとジャッジできる。事実、昨年は13番人気セカンドテーブルの勝負情報をしっかりと入手し、昨年も◎-穴決着で【馬連1万8380円的中】をお伝えしている。

    今年も虎視眈々と一発を狙う【激走穴馬情報】を既にマーク済み。この激走穴馬が馬券に絡めば、昨年に続いて「大波乱決着もあり得る」との話だ。そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、CBC賞の【◎-穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。是非ともシンクタンクがお届けする情報を馬券検討にお役立て頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第54回 CBC賞(GⅢ)

    先着100名様!好配当を狙い撃つ

    【1点馬券】を特別無料公開

    →【CBC賞】ココをクリック【◎-穴1点馬券】←

    シンクタンク:CBC賞490_160