第17回チャンピオンズカップ2016の枠順が確定しました。アウォーディーが2枠2番、ゴールドドリームが7枠12番、アポロケンタッキーが8枠14番などとなっています。ここでは、チャンピオンズカップ過去16年の枠番別成績と、単勝オッズを調べてみました。

最終予想はコチラをご覧ください。

【PR】

中京開催への変更後は1番人気が2年連続で大敗……今年も馬券で注目は……アノ危険な人気馬よりデキ急上昇のアノ超穴馬だ!この超穴馬で3連単1000倍も狙える!?

第17回チャンピオンズC(GⅠ)

3連単超穴フォーメーション

無料で教えます

チャンピオンズCの3連単はコチラ

着候補 消去項目入り枠順表

  • 1 -着候補 カフジテイク 減点D
  • 2 1着候補 アウォーディー 減点なし
  • 3 -着候補 ブライトライン 減点A
  • 4 -着候補 アスカノロマン 減点A
  • 5 -着候補 ロワジャルダン 減点B
  • 6 -着候補 モンドクラッセ 減点Ca
  • 7 -着候補 ラニ 減点A
  • 8 -着候補 サウンドトゥルー 減点Ea
  • 9 -着候補 ノンコノユメ 減点Ea
  • 10 -着候補 メイショウスミトモ 減点A
  • 11 -着候補 コパノリッキー 減点Ea
  • 12 1着候補 ゴールドドリーム 減点なし
  • 13 -着候補 ブライトアイディア 減点A
  • 14 1着候補 アポロケンタッキー 減点なし
  • 15 -着候補 モーニン 減点A
  • 過去16年の枠番別成績

    チャンピオンズC2016過去16年枠別データ

    勝率で5・3・7枠の順

    連対率で5・4・3・4枠の順

    3着内率で3・5・1枠の順

    中京開催になってからはまだ2回で傾向としては読み難くも内枠優勢。7・8枠は【0.0.0.8】で全滅となっております。

    逆に阪神開催時は外枠優勢で1・2枠は【2.0.0.22】。2010年のトランセンドと2009年のエスポワールシチーのみとなっております。

    東京開催だった8回中、代替中山の2002年を除くと1・2枠は【0.1.3.23】。中枠優勢で3~5枠で【6.5.3.28】っと馬券圏内馬の大半をシェアしております。

    以上を総合すると内に偏っても良さそうなデータですが、単複回収値ともに100超は大挙2・3・5枠……。2・3枠からは2桁人気馬の優勝が押し上げてるデータですが注目は5枠勢……。

    2桁人気馬は2009年ゴールデンチケットのみで、1着に限れば、2002年イーグルカフェの5番人気が最低と言う堅実ぶりで単回収値107は立派です。

    単勝オッズ

    データはnetkeiba.comさんを参考にしてます。

    人気 馬名 想定オッズ

  • 1 アウォーディー 1.9
  • 2 ノンコノユメ 5.9
  • 3 ゴールドドリーム 6.5
  • 4 コパノリッキー 7.9
  • 5 モーニン 9.4
  • 6 サウンドトゥルー 9.9
  • 7 アポロケンタッキー 18.0
  • 8 アスカノロマン 34.1
  • 9 ラニ 37.3
  • 10 ロワジャルダン 40.0
  • 11 カフジテイク 63.2
  • 12 モンドクラッセ 351.5
  • 13 メイショウスミトモ 410.1
  • 14 ブライトライン 787.4
  • 15 ブライトアイディア 2271.3
  • 着候補別では……

  • 1着候補:1・3・7番人気
  • 今週掲載したチャンピオンズカップ関連記事

    火曜日の記事、チャンピオンズカップ2016出走予定馬データ消去法編では1着候補3頭+2着候補1頭に絞れました。

    現時点購入の可能性を残している着候補馬の考察を少々

    アウォーディー

    ダート転向後は6戦全勝!前走でついに交流GⅠも制して底を見せていない1頭です。芝で然したる成績がある訳でもないのになぜ芝に固執したのかが解せないんですが……。私としても前走、連勝馬に対して珍しく本命視して危なげなく快勝!どこまで出来るか楽しみな1頭ではあります。

    不安を挙げるとすれば、距離短縮組が不相性な点……。アウォーディーとしても経験が浅いのもあってか位置取りは上手い方ではなく、当然ながら自らペースを作る存在でないのはこの時点でも明らかです。

    前が詰まったりゴチャついたりする可能性もない訳ではなくて、私の性格やら年間収支とのバランスを考慮するなれば、その私としては取りこぼす可能性に賭けてみるのも一つの手かなぁ~っとは思います。

    アポロケンタッキー

    前走はみやこSで重賞初制覇。今回がGⅠ初挑戦となる1頭です。その前走は松若騎手が上手く乗った印象が強かったです。

    同距離臨戦は好相性な一戦なんですが、GⅠ初挑戦で1着となると2010年のトランセンドが最後……。この時もみやこS1着からの4歳馬でした。

    私は特に絞れたときに多く用いるんですが、先に馬券を組んで後から印を打っていく方法……。今回なら他2頭は人気になりそうで、馬券の依存度がこの馬に寄ってしまう可能性があります。そうなると自ずと印も決まってくる訳で、私としては重い印を予定している1頭となります。

    ゴールドドリーム

    デビューから一貫してダート中距離を使われてきた3歳馬です。武蔵野Sからの延長で、近年は1着馬しか馬券になってないのは気になるところです。

    このチャンピオンズカップは5歳勢が最も相性が良く過去16年【8.6.2.54】。3歳馬は【3.2.4.31】とそれに次ぐ良績で健闘の部類です。この3歳勢は距離短縮組不相性が顕著に出てて【0.0.2.7】。同距離臨戦となる同馬にとっては【1.1.1.3】は心強いデータです。

    当初、本命視まで考えてた1頭でしたが、後述するデータがどうしても気になって、チョット評価を落とす方向で考えている1頭です。

    今回軽視する1頭

    チャンピオンズC2016過去16年武蔵野S組データ

    上の画は、

    武蔵野S組は【4.4.2.41】で最多勝タイ、連対数で単独2位の重要ステップ戦なんですが、近2走、地方(又は海外)⇒武蔵野Sの臨戦馬は【2.1.1.18】。

    馬券になった4頭は全馬斤量軽減馬で、今回斤量軽減ない馬は【0.0.0.10】。今年の該当馬は着候補馬からはゴールドドリームでした。

    今日までのまとめ

    登録17頭でホッコータルマエが急遽引退を表明。残念ではありますが、私としては取捨を非常に迷っていたゆえ、絞れたメリットを上にとりたいと考えておりました。

    除外対象だったブライトアイディアの出走が叶いましたが、タガノトネールが骨折で予後不良……。武蔵野Sでは強烈なレコード勝ちでまだ6歳だったので非常に残念です。私としては消去対象でしたが、ある程度人気を吸ってくれる存在と考えていただけにWパンチとなり、そんな訳でフルゲート割れ15頭戦です。

    1着候補3頭

    枠順発表前に次々と残念なニュースが慌ただしく飛び込んできて、いわゆる【師走】を感じる今日この頃ですが、逆に考えれば3頭しか残ってないので後は馬券の券種と買い方次第!

    まぁ~、何度も書いたり申し上げたりしてますが、これが一番大事であり、どんなレースでも常について回る存在ではあるのですが、その辺りも含め時間の許す限り考えたいです。

    以上、チャンピオンズカップの枠順確定と単勝オッズ編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    <PR>チャンピオンズCは自信の馬連3点勝負馬券を無料公開します

    チャンピオンズC2016セブン300・250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■■チャンピオンズC(GⅠ)■■

    自信のペナルティ付き!もし、このチャンピオンズCを3点で獲れなければ2016年の全GⅠレースを無料配信

      →3点勝負買い目を無料公開

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    現状、ダート古馬混合GⅠは中央でフェブラリーS・チャンピオンズCの2つしかなく、地方の7つに比べると非常に少ない。それだけにダートトップホースは地方交流重賞を中心に使われるというケースが非常に多く、ダートGⅠ・10勝を果たしているホッコータルマエも中央でのGⅠ制覇は14年のチャンピオンズCのわずか1勝である。

    地方交流重賞では中央馬が6頭ほどしか出走しないためレースがしやすい=活躍しやすいという側面があるが、その毎回で遠征競馬となる。例えばこのチャンピオンズCへの臨戦過程として南部杯⇒JBCクラシック⇒当レースというローテーションを組むとなると、盛岡⇒川崎(今年の場合)⇒中京という遠征続き。関西馬であれば長距離輸送が2戦続き、しかも中2週、3週程度の続戦となるため、いくらタフなダート馬であろうと、見えない疲れがたまっているケースも少なくはない。

    ただしその反面で”1番強いのはJBC組”というのもまごうことなき事実。JBC組の中での判断、そして他レース組との力量比較の上での判断など、馬券的中への必要なプロセスはたくさん必要となる。

    競馬セブンは創業19年徹底現場主義を貫き、騎手・調教師・生産者・牧場関係者・馬主など競馬サークル内の情報が入手可能な幅広い情報ルートを擁している。だからこそ地方競馬の交流戦情報も入手可能。チャンピオンズCは揺るぎない本命軸馬から『馬連で3点まで広げればホボ確実に獲れる』とジャッジ。相手候補には「前走の敗戦は全然気にしなくていい、あくまで目標はここだから。万全の状態で挑めるから(馬券を)買っておいた方がいいよ」と人気の盲点になりそうな伏兵の勝負情報も入手済み。この最終ジャッジに興味のある方は、当日13:30に無料配信する【チャンピオンズC馬連3点勝負】の情報を入手することをオススメする。

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ■■チャンピオンズC(GⅠ)■■

    自信のペナルティ付き!もし、このチャンピオンズCを3点で獲れなければ2016年の全GⅠレースを無料配信

      →3点勝負買い目を無料公開

    チャンピオンズC2016セブン490・160