第53回函館記念2017の競馬予想です。過去の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心にして、函館記念2017の予想を組み立てていきます。2017年7月16日(日)函館芝2000m Bコース GⅢ 3歳上 ハンデで行われます。発走は15:25で出走頭数は16頭となっております、今年の函館記念です。

<PR>

あなたは、

=================

  • 7月9日(日)
  • 単勝83.3% 複勝100% 馬連69.4%
  • ワイド88.9% 馬単69.4% 三連複55.6%
  • 三連単55.6%
  • =================

    この驚愕的中率を前にして素通りできるのでしょうか?

    『うまコラボ』

    ▼無料会員登録はこちらから

    ※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の方は受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。

    もっと詳しく知る

    着候補 消去項目入り枠順表

    第53回函館記念 GⅢ
    馬番 着候補 競走馬名 減点項目
    1 1着候補 サトノアレス  減点なし
    2 -着候補 ダンツプリウス  減点Ib
    3 -着候補 ナリタハリケーン  減点Da
    4 -着候補 ケイティープライドト  減点Fa
    5 3着候補 レッドソロモン  減点Hb
    6 2着候補 アングライフェン  減点Ia
    7 -着候補 マイネルミラノ  減点Ba
    8 -着候補 カムフィー  減点Aa
    9 2着候補 スーパームーン  減点Ia
    10 3着候補 ステイインシアトル  減点Cb
    11 -着候補 ツクバアズマオー  減点Ga
    12 1着候補 ルミナスウォリアー  減点なし
    13 -着候補 パリカラノテガミ  減点Ca
    14 -着候補 タマモベストプレイ  減点Aa
    15 -着候補 ヤマカツライデン  減点Aa
    16 1着候補 サクラアンプルール  減点なし

    今週掲載した函館記念関連記事

    函館記念2017データ|出走予定馬と消去法編【過去10年】では、1着候補3頭+2着候補3頭+3着候補3頭に絞れました。

    函館競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイントでは、内枠・逃げ馬有利・波乱度中となっております。

    毎週木曜日に配信しているツイキャスをユーチューブにUPしてみました。

    函館記念2017枠順確定|単勝オッズと追い切り他関連動画では、2着候補トウシンモンステラと3着候補ジョルジュサンクが残念な不出走で1着候補3頭+2着候補2頭+3着候補2頭に再編され、1着候補馬のサクラアンプルールルミナスウォリアーが【0.0.1.19】の項に該当し軽視しました。

    展開と予想はコチラ

    逃げるのはヤマカツライデンでしょうが、マイネルミラノが競り掛けて行くかどうか?どちらもスローに落とす逃げが得意な感あって、速くなるとは考えにくいんですが、最近の函館は速い決着も多くてその辺りは微妙な評価です。

    1着候補3頭+2着候補2頭+3着候補2頭

    本命はルミナスウォリアーにしました。金曜日の記事でも紹介の通り、中9週以上間隔が空いた6歳以上馬は【0.0.1.19】とデータ的に厳しく、しかも6枠より外は壊滅的に悪くて判断を迷いましたが、これ位のオッズになると仕方ない面は否めません……。

    偶然かとは思いますが、7番人気馬は過去10年【1.1.4.4】と好相性で、鉄砲実績も豊富な【2.3.0.0】。前走は距離短縮戦を前目につける積極策で重賞は3戦連続掲示板確保中の安定株で、1着候補馬に敬意の印となりました。

    〇はスーパームーン。求められる資質が真逆と考えて良さそうな巴賞を5着からの臨戦の2着候補馬……。途中、長期の休養が何度も入って8歳になりましたが前走、距離短縮戦をしっかり位置を取っての0.3秒差は復活を予感させる走りでした。

    馬体も絞れて走れる体制には戻ったと思いますし、今回がバウンド延長の前走巴賞3着以下組は過去10年【3.2.2.18】。単回収値154・複回収値119とハイアベレージです。

    ▲はレッドソロモン。鳴尾記念10着からの臨戦ですが大幅人気ダウンが気になり3着候補馬から抜擢しました。近2走は私も3番手評価したんですが2000mはベストの【5.1.0.5】。函館は昨年の準OP勝ちもあり1戦1勝で洋芝は【1.0.1.1】と好相性です。

    枠順確定後、正直買いたい馬が対抗馬とこの馬しか残らなかったんですが、主な勝ち鞍アンドロメダSとかで終わる馬じゃないと思います。

    △はステイインシアトル。鳴尾記念で重賞初制覇でしたが、ココは楽逃げになったのもあって割引きが必要かと思う3着候補馬です。引続き武豊騎手の手綱は心強いですが、枠もギリギリで人気を考えればココまでの評価に至りました。

    ✕はアングライフェン。2000mはベストの【3.1.1.6】で6~8月期も【2.1.1.6】と悪くないんですが、巴賞2着が気にいらずこの評価に至った2着候補馬です。ほぼ真逆の適正が求められる巴賞連対馬は過去10年【0.1.0.13】とサッパリなのがこの評価の決め手となりました。

    ☆はサクラアンプルール。大外配置となった1着候補です。使いつつのタイプでもあり鉄砲は【1.0.0.4】でテン乗り蛯名騎手……。この方はどうもピンク帽が多いように思うんですが……。

    注はサトノアレス。コチラも1着候補馬ですが、巴賞連対馬が不相性なのは前記の通り……。3歳馬は過去10年【0.0.1.2】で、1枠馬も【0.1.2.15】と厳しいデータが残ります。前走、距離短縮戦を前目で積極競馬したのは評価に値しますが、GⅠからOP特別への一気のダウン戦でしたし、ベストはやっぱりマイル、そして1番人気濃厚ってのを考えるとココまでの評価が限界でした……。

    印はこのようになりました

    ◎ 12 ルミナスウォリアー

    〇 9 スーパームーン

    ▲ 5 レッドソロモン

    △ 10 ステイインシアトル

    ✕ 6 アングライフェン

    ☆ 16 サクラアンプルール

    注 1 サトノアレス

    馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    12:44追記

    買いたい馬が9と5だけなので少額静観することにしました。

    単勝 12 100(的中9倍)

    複勝 9 100

    複勝 5 100

    枠連 5-6 100

    馬連 9-12 100

    ワイドBOX 5・9・12 各100(3点)

    3連複 5-9-12 100

    3連単 12⇒9⇒5 100

    (払戻金 1000⇒900)

     

    以上、函館記念の予想を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    <PR>【プロキオンS】公にはならない裏情報の精度や如何に【3点勝負馬券無料公開】

    シンクタンク:函館記念300_250

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第53回 函館記念(GⅢ)

    先着100名様限定

    ◎-穴【1点馬券】を特別無料公開

    →【函館記念】1点勝負馬券はココをクリック←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    北海道シリーズの最大のメリットと言えば、直前に輸送がない“滞在競馬”であること。個体差があるとは言え、繊細なサラブレッドにとって輸送がプラスになることはホボなく、極端に輸送が苦手な馬にしてみれば、滞在競馬となる北海道シリーズは、これ以上ない舞台と言える。だからこそ、例年”夏の北海道シリーズだけ”活躍するという馬が出てくるのだ。

    重賞・函館記念も、エリモハリアーが3連覇を達成したように、例外なくリピーターの活躍が目立っているレース。しかも、ハンデ戦という施行条件もあって“格”よりも“適性”や“状態”が重要になってくる。実際に、過去10年でトップハンデの馬は1勝、2着1回と馬券に絡んだ馬が僅か2頭しかおらず、1番人気馬も2着2頭、勝ち馬は皆無という状況。当然、必然の高配当決着となっており、人手不足であえぐ一般マスコミが世間に伝える情報がいかにアテにならないかを露呈している。

    そんな状況だからこそ、現地にも情報ルートを派遣し、ココだけの話を聞き出している当社シンクタンクにとっては絶好の獲り処となっていく。事実、昨年の函館記念では13番人気ケイティープライドの”ヤリ話”をスッパ抜き馬連1万0890円をズバリ的中。サマーシリーズの第2戦・CBC賞でも、13番人気セカンドテーブルの激走情報から馬連1万8380円の的中をお届けしている。

    今年も昨年の再現させる穴情報馬をマーク済み。そこで、今週は函館記念の【◎-穴1点馬券】の情報を、シンクタンクを初めて利用する先着100名様に限り、特別に無料で公開する。馬券を購入する前に、新聞やネットに出回る”当たり前の情報”ではなく、関係者から聞いた”本物の内部情報”を是非とも入手して頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第53回 函館記念(GⅢ)

    先着100名様限定

    ◎-穴【1点馬券】を特別無料公開

    →【函館記念】1点勝負馬券はココをクリック←

    シンクタンク:函館記念490_160