第61回大阪杯2017の消去法データです。4月2日(日)、阪神競馬場芝2000m(4歳上 GⅠ 定量 Bコース 内回り)で行なわれます。ここでは、大阪杯過去10年の成績と傾向から出走予定馬(登録馬)をデータ消去法で見ていきます。

〓〓PR〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

   毎週、毎週、毎週、毎週

     狂ったように、

  的中、的中、的中、的中

 三連単が3回に1回的中する

  そんな決定的な競馬データ

    【コラボ@指数】

→最大18レースが無料で見放題←

【三連単が3回に1回的中する】サイトはこちら

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓PR〓〓

消去法データ

減点A 斤量増馬

a 前走Ⅱ以下4着以下馬は【0.4.2.48】と未勝利でこのうち、今回斤量増馬は【0.0.0.19】

  • アングライフェン
  • ステファノス
  • ミッキーロケット
  • 減点B 高齢馬

    a 8歳以上馬は【0.0.0.13】

  • ディサイファ
  • 減点C 休養馬

    a 中9週以上馬は【5.3.7.28】と良績が多いんですがこのうち、前走GⅡ以下戦使用の斤量増馬は【0.0.0.5】

  • モンドインテロ
  • 減点D 後方脚質馬

    a 前走4角10番手以下馬は【1.0.3.26】でこのうち、前走3着以下馬は【0.0.2.24】

  • スズカデヴィアス
  • ディーマジェスティ
  • 減点E 近走不振馬

    a 前2走とも4着以下馬は【1.2.4.49】でこのうち、前走1800M以下戦出走馬は【0.0.1.19】

  • アンビシャス
  • 出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  -着候補 アングライフェン 減点Aa
  •  3着候補 アンビシャス 減点Ea
  •  1着候補 キタサンブラック 減点なし
  •  1着候補 サクラアンプルール 減点なし
  •  1着候補 サトノクラウン 減点なし
  •  3着候補 スズカデヴィアス 減点Da
  •  -着候補 ステファノス 減点Aa
  •  -着候補 ディサイファ 減点Ba
  •  3着候補 ディーマジェスティ 減点Da
  •  1着候補 マカヒキ 減点なし
  •  1着候補 マルターズアポジー 減点なし
  •  -着候補 ミッキーロケット 減点Aa
  •  -着候補 モンドインテロ 減点Ca
  •  1着候補 ヤマカツエース 減点なし
  •  1着候補 ロードヴァンドール 減点なし
  • 消去法選定作業を終えて

    フルゲート16頭に対し15頭の登録です。今年からGⅠに昇格して私としては馴染み深い【産経】がとれて大阪杯になったのは少々寂しいです。

    それと、もう一つ言うなら、折角だから非根幹距離のGⅠにして欲しかったですネ……。それでも記念すべき第1回目のレースで見応えある戦いを期待したいと思います。

    1着候補7頭+3着候補3頭

    キタサンブラックは有馬記念2着からの始動戦……。全成績【8.2.3.1】はもはや歴代の名馬と比較しても遜色なく、現役最強馬に異論は少ないと思います。

    デビュー3連勝が皐月賞3着でストップし後は2連勝までと、コチラも歴代の名馬と比べても至極一般的であります。春は国内専念が決まり、今後は勝ったり負けたりの繰り返しになりそうですが、大きく崩れそうにない安定感と身体の強さは大きな魅力です。

    マカヒキは始動戦の京都記念を3着……。断然人気でしたが帰国緒戦を考えれば上出来だったかと思います。

    現4歳世代は【最強世代】っと形容されたりもしますが、クラシック上位組がケガで軒並み離脱する中、昨秋を海外に転じたのは結果的にプラスかも知れません。ココでも勝ち負けでしょう。

    1番人気は【4.3.2.1】と抜群の安定感……。昨年のラブリーデイは4着でしたが、前年10戦が使い過ぎの上、重賞初制覇を含む6勝を挙げた6歳馬で疲労もあり、かなり危険な1番人気でした。そう考えると今年はキタサンブラックでしょうがチョット外し難い感じもしてます。

    勝ち馬に関しては6番人気内までで【10.7.9.34】。今年はGⅠ昇格初年度でもあり、GⅡ時代のデータがどこまで当てはまるかは疑問ですが、元々デタラメに荒れるレースでもなくて、実力はハッキリ出やすいレースの印象です。その辺りも含め時間許す限り考えたいです。

    以上、大阪杯のデータ消去法編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>大阪杯はキタサンブラックではなくアノ馬から3点で狙う独占情報

    七騎の会:大阪杯300_250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第61回 大阪杯(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この大阪杯を3点で獲れなければ2017年の全GⅠレースを無料配信!

    →大阪杯3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    昨年までは春の天皇賞へのステップレースとして行われていた大阪杯だが今年から新設GⅠへと昇格。中距離適性がある馬への出走機会を確保するために新設された中距離GⅠである。中距離路線を歩みたい馬は、天皇賞(春)を見送り海外GⅠを選択する陣営も多かったが、大阪杯のGⅠ昇格により国内競走に専念できるようになった。

    さらに同年の大阪杯→天皇賞(春)→宝塚記念の3レースで全て優勝した場合は内国産で2億円、外国産で1億円が報奨金として交付される。これにより春の王道路線の3戦に超一流馬が参戦する頭数も増えてくるだろう。

    大阪杯の出走予定メンバーではキタサンブラック、サトノクラウン、マカヒキのGⅠ馬3頭がスタンバイ。その他ではヤマカツエース、ネオリアリズム、ステファノス、アンビシャス、ルージュバックなど、中距離適性が高い馬が揃っている。

    大阪杯の勝ち馬には愛チャンピオンS(9月9日、アイルランド・レパーズタウン競馬場・芝2000メートル)の優先出走権が与えられる。距離適性を考え春天には向かわず、ここを目イチで仕上げてくる陣営は「ここが全力投球」と後の事を考えず勝負使いで送り出してくるだろう。

    実は、競馬セブンでは「大阪杯を勝つ馬はアノ馬しかいない」と関係者間で盛り上っている1頭の勝負情報を極秘入手!その本命馬とはキタサンブラックではない確信の◎なのだ。

    大阪杯に出走するとある陣営の勝負情報を競馬セブンは独占入手済!騎手・調教師・馬主・生産者と繋がりがあり、太い情報パイプを持っているため、陣営の本音や作戦なども情報入手可能!事前入手した確信の本命馬◎や激走穴馬の大駆け情報を入手しており高配当馬券に直結する裏ネタを堂々公開!今週は特別に【大阪杯・自信の3点勝負】を無料配信致するので是非、無料で確認してほしい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第61回 大阪杯(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この大阪杯を3点で獲れなければ2017年の全GⅠレースを無料配信!

    →大阪杯3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:大阪杯490_160