第77回桜花賞2017の消去法データです。4月9日(日)、阪神競馬場芝1600m(3歳牝馬 GⅠ 馬齢 Bコース 外回り)で行なわれます。ここでは、桜花賞過去10年の成績と傾向から出走予定馬(登録馬)をデータ消去法で見ていきます。

<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━

100名限定 特別無料配信 桜花賞(GⅠ)・鉄板3点勝負

ソウルスターリングが馬券に絡んでも30倍が狙える

→桜花賞の3点勝負を見る方法←

消去法データ

減点A 条件戦組

a 前走条件戦組は過去31年でも【0.2.1.22】と未勝利……。馬券になった3頭はともに直近2連勝馬でした……。上記25頭中2走前敗退馬は【0.0.0.17】

  • カリビアンゴールド
  • カワキタエンカ
  • ハローユニコーン
  • 減点B 非重賞戦組

    前走非重賞戦組は過去10年【1.1.1.31】と劣勢のデータでこのうち、

    a 前走敗退馬は【0.0.0.18】

  • ショーウェイ
  • スズカゼ
  • ディアドラ
  • b キャリア4戦以上馬は【0.0.1.28】

  • ライジングリーズン
  • 減点C フィリーズレビュー組

    フィリーズレビュー組は【1.0.2.52】とコチラも芳しくないデータですがこのうち、

    a 前走4着馬は【0.0.0.27】

  • ジューヌエコール
  • ベルカプリ
  • b 前走6番人気以下馬は【0.0.0.28】

  • ゴールドケープ
  • 減点D 休養馬馬

    中9週以上馬は過去31年でみても【0.3.0.24】と未勝利でこのうち、前走4着以下馬は【0.0.0.11】

  • フェルトベルク
  • ミスエルテ
  • 減点E 低人気馬

    前走4番人気以下で460キロ以上馬は過去31年【2.1.3.80】でこのうち、

    a 前走チューリップ賞以外戦で0.1秒以上敗退馬は【0.0.0.55】

  • アエロリット
  • b 前走0.8秒以上敗退馬は【0.0.1.34】

  • アロンザモナ
  • 出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  -着候補 アエロリット 減点Ea
  •  1着候補 アドマイヤミヤビ 減点なし
  •  3着候補 アロンザモナ 減点Eb
  •  -着候補 ヴゼットジョリー 減点Ea
  •  1着候補 カラクレナイ 減点なし
  •  -着候補 カリビアンゴールド 減点Aa
  •  -着候補 カワキタエンカ 減点Aa
  •  -着候補 ゴールドケープ 減点Cb
  •  1着候補 サロニカ 減点なし
  •  -着候補 ジューヌエコール 減点Ca
  •  -着候補 ショーウェイ 減点Ba
  •  -着候補 スズカゼ 減点Ba
  •  1着候補 ソウルスターリング 減点なし
  •  -着候補 ディアドラ 減点Ba
  •  -着候補 ハローユニコーン 減点Aa
  •  -着候補 フェルトベルク 減点Da
  •  -着候補 ベルカプリ 減点Ca
  •  -着候補 ミスエルテ 減点Da
  •  1着候補 ミスパンテール 減点なし
  •  3着候補 ライジングリーズン 減点Bb
  •  1着候補 リスグラシュー 減点なし
  •  1着候補 レーヌミノル 減点なし
  • 消去法選定作業を終えて

    フルゲート18頭に対し22頭の登録です。昨年の連対馬は2冠を分け合いましたがともに引退……。近年はココを好走して長く活躍する馬が少なくなったのは少々残念です。一昨年覇者レッツゴードンキは今年の高松宮記念2着と好走しております……。

    1着候補7頭+3着候補2頭

    ソウルスターリングはデビュー4連勝中……。チョット手がつけれないレベルで、『あのチューリップ賞を観たら逆らえない』ってタイプの馬は数年に一度出現します。私で言えば直近は2013年のクロフネサプライズ……。

    どこかで連勝は途切れる訳なんですが、それは休み明けであったり距離延長であったり……、チョットした変化を伴う場合が往々にして多くて、今回は素直に従うべきか色々迷っています。データ的には全く隙なし!

    アドマイヤミヤビは目下3連勝中……。過去10年来てるのはブエナビスタのみですが人気馬は堅実……。昨年のシンハライト、2014年レッドリヴェール、2007年ウオッカなどで飛んだのは2015年ルージュバック9着他……。クイーンCからの直行は近年トレンドになりつつありますが過去10年【0.3.1.14】と未勝利となっております……。

    1番人気は【3.2.0.5】と堅いイメージの割りにイマイチな成績です。昨年のメジャーエンブレムはクイーンSから直行で4着。ルージュバックはきさらぎ賞からで9着など、それなりに不安もありましたがチョット心許ない数字です。ただ、チューリップ賞勝ち馬は【2.1.0.1】で飛んだのは前述のクロフネサプライズのみ……。今年はソウルスターリングで間違いなさそうですが、チョット外し難い感じもしてます。

    勝ち馬に関しては概ね3番人気内までで【7.7.1.15】。一昨年レッツゴードンキ、2013年アユサン、2008年レジネッタでココは3連単700万馬券……。狙うゾーンが非常に難しい牝馬GⅠなんですが、その辺りも含め時間許す限り考えたいです。

    以上、桜花賞のデータ消去法編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>桜花賞の【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    シンクタンク:桜花賞300_250

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第77回 桜花賞(GⅠ)

    ソウルスターリングの1強?

    桜花賞の【3連単勝負馬券】を特別無料公開
       
    →桜花賞の【3連単勝負馬券】はココをクリック←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    昨年の2歳女王・ソウルスターリングが、復帰戦のチューリップ賞も危なげなく勝利し盤石のスタート。ファンディーナが皐月賞に進むことを選択したたため、残念ながら無敗対決は実現せずで、戦前の評判は“1強”ムードが日増しに高まっている。

    しかし、この状況は昨年の桜花賞と似ている。昨年の2歳女王であるメジャーエンブレムもクイーンCを完勝し本番に臨むと、単勝1.5倍と圧倒的な支持を集めるに至った。しかし、結果は4着と人気を裏切る形となり、多くの競馬ファンが頭を抱える結果となった。

    また、このレースは、15年ルージュバック、16年メジャーエンブレムと、2年連続で1倍台の関東馬が馬券圏外に沈んでいるのも注意しなくてはならない点。この時期の3歳牝馬はまだまだ未完成で不安定な時期であり、輸送やフケなどといったわずかな要素で、大きくパフォーマンスが変わることがある。今年、1番人気に支持されることが濃厚なソウルスターリングも上記2頭と同様に美浦の藤沢和雄厩舎所属の関東馬であり、直前まで各馬の情報を収集することが、一層重要になっていくことは間違いない。

    そんな桜花賞だが、当社シンクタンクは、昨年も勝ち馬ジュエラーを本命に指名し、3連単2万0330円の万馬券を含む完全的中をお伝えしている。無論、確信の勝負情報を掴んでいたからこそ、世間的には圧倒的な支持を集めていたメジャーエンブレムではなく、3番人気のジュエラーに迷わず◎を打つことができたのだ。

    果たして今年の桜花賞はソウルスターリングの“1強”なのか。元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者などから構成される情報ルートを擁する当社シンクタンクにはもう結論はホボ出ている。一言で言えるのは「万馬券決着が狙える」ということだ。

    そこで、今週は初めて当社シンクタンクの情報を利用する方に限り、桜花賞の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。昨年も情報通りの万馬券的中をお届けした3連単情報を無料で入手することが可能なまたとない機会。桜花賞の馬券を買うのであれば、コレは見ておくべきだ。

    ------------------

    無料公開情報から3日連続万馬券的中 これがシンクタンクの実力だ

     

    3月20日(月)中山3R

  • ◎メリークン(1番人気)
  • 穴ウェルカムキッス(14番人気)
  • 3連単7万6910円的中
  •  

    3月19日(日)阪神12R

  • ◎ソーディヴァイン(3番人気)
  • 穴キングライオン(9番人気)
  • 馬単 1万1580円的中
  • 3連複1万5590円的中
  •  

    3月18日(土)中京2R

  • ◎クリデュクール(2番人気)
  • 穴ルーラーキング(8番人気)
  • 3連複1万8200円的中
  •  

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第77回 桜花賞(GⅠ)

    ソウルスターリングの1強?

    桜花賞の【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →桜花賞の【3連単勝負馬券】はココをクリック←

    シンクタンク:桜花賞490_160