第66回ラジオNIKKEI賞2017の競馬予想です。過去の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心にして、ラジオNIKKEI賞2017の予想を組み立てていきます。2017年7月2日(日)福島芝1800m、GⅢ 3歳 ハンデ Aコースで行われます。発走は15:45で出走頭数は12頭となっております、今年のラジオNIKKEI賞です。

<PR>━・━・━・━・━・━・━・━・━

【データ攻略のプロが開発】
   
三連単37.2% 驚異の的中率
    
プロも認める実力であなたを勝たせる。

⇒ ラジオNIKKEI賞は競馬データで的中を掴む

もっと詳しく知る

━・━・━・━・━・━・━・━・━<PR>

着候補 消去項目入り枠順表

第66回ラジオNIKKEI賞 GⅢ
馬番 着候補 競走馬名 減点項目
1 3着候補 ロードリベラル  減点Ea
2 -着候補 グランドボヌール  減点Ca
3 3着候補 ニシノアップルパイ  減点Ea
4 3着候補 マイネルスフェーン  減点Da
5 -着候補 ライジングリーズン  減点Aa
6 2着候補 サトノクロニクル  減点Fa
7 -着候補 ウインガナドル  減点Ba
8 -着候補 ビービーガウディ  減点Aa
9 -着候補 バルベーラ  減点Ba
10 -着候補 マイブルーヘブン  減点Ba
11 -着候補 セダブリランテス  減点Ba
12 1着候補 クリアザトラック  減点なし

不出走

  • -着候補 エスティーム 減点Ca
  • -着候補 ハムレット 減点Ca
  • 今週掲載したラジオNIKKEI賞関連記事

    ラジオNIKKEI賞2017出走予定馬データ消去法編では1着候補1頭+2着候補1頭+3着候補3頭に絞れました。

    毎週木曜日に配信しているツイキャスをユーチューブにUPしてみました。

    展開と予想はコチラ

    登録14頭に対し回避が2頭出てフルゲート割れ12頭戦となりました。過去には【残念ダービー】なんて言われてた頃もあって、トライアルで負けてクラシック出走が適わなかった馬の集まりみたいなイメージでしたが、近年は若干臨戦に変化が出てきております。ココからセントライト記念に駒を進める馬が好相性なこともあって、秋競馬に向けて大事な一戦になってまいります。

    逃げる可能性としては内枠を活かしてニシノアップルパイか、良績が先行時に集うウインガナドルまで……。どちらが逃げてもスローからミドルまでで速くはならないと思われます。

    1着候補1頭+2着候補1頭+3着候補3頭

    本命はクリアザトラックにしました。唯一の1着候補馬ゆえ当然のチョイスです。

    ラジオNIKKEI賞017前走1着馬データ

    上の画は、

  • 前走6枠より外配置
  • 前走1番人気1着
  • 今回54キロ以上
  • 以上3つのファクターで過去10年【4.0.1.2】。しかも前走古馬混合戦とあって期待の高い1頭ですが、ハンデが見込まれた感否めないのと、土曜日の落馬で田辺騎手が乗替ったりでチョット心配ではあります。

    〇はサトノクロニクル。コチラも前走1番人気1着馬は【5.1.1.14】で良績が多いです。唯一の2着候補馬になります。京都新聞杯2着の後は無理に日本ダービーには向かわずOP白百合Sを快勝!デビュー以来オール1番人気支持でオール連対の安定感はお見事です。里見オーナーはサトノアラジンとサトノクラウンでGⅠ連勝中と勢いが止まりませんネ……。

    ▲はニシノアップルパイ。逃げる可能性もあって3番手評価に抜擢しました。前走のプリンシパルSは年によっては重賞扱いしないといけない年もあるんですが、今年は勝ち馬が日本ダービーで全然だったりで、私としては普通のOP特別の扱いにしてます。レベルの高いところで走った経験も上ですし、それでいてテンの脚は見劣りせず、アッサリ逃げ切るような事があっても驚けない1頭です。

    △はマイネルスフェーン。減点順で当初は3番手評価を予定しておりました。今年4戦目のレース過多と、若干人気し過ぎな感否めず一つ評価を落としました。ただ関東馬なんですョネ……。ココを走られてセントライト記念が1番人気とかなると非常に買いにくくなる典型のような馬なので一応押さえたいと思います。

    ✕はロードリベラル。前走は休養明け緒戦を初古馬混合戦、しかも54キロと厳しい条件が重なって最下位9着……。よく1.3秒まででまとめたと評価したい一戦でした。2走前は同距離同コースを快勝しておりこの人気なら……。

    以下、着外候補馬から一応の印……

    ☆はバルベーラ。コチラも前走1着馬ですが6番人気での成績……。偶然かも知れませんが国分優作騎手に替って2連勝しました。ココでの秋山騎手へスイッチは厳しく見えるんですが……。

    注はウインガナドル。コチラも好相性の前走1着馬です。良績は逃げた時に集っており侮れない1頭です。自らペースを作り且つハマれば一発候補です。

    印はこのようになりました

    ◎ 12 クリアザトラック

    〇 6 サトノクロニクル

    ▲ 3 ニシノアップルパイ

    △ 4 マイネルスフェーン

    ✕ 1 ロードリベラル

    ☆ 9 バルベーラ

    注 7 ウインガナドル

    馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    13:28追記

    単勝 12 100

    馬連 6-12 100

    ワイド 6-12 200

    ワイド 6・12⇒1・3・4 各100(6点)

    3連複 6-12⇒1・3・4 各100(3点)

     

    以上、ラジオNIKKEI賞の予想を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    <PR>ラジオNIKKEI賞は自信の3点で仕留めると豪語するプロの馬券

    七騎の会:ラジオN賞300_250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第66回 ラジオN賞(GⅢ)■

    自信のペナルティ付き!もし、このラジオN賞を3点で獲れなければ

    2017年の全GⅠレースを無料配信

    →ラジオNIKKEI賞3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    夏競馬福島開催の開幕週に行われる3歳馬の重賞競走。秋への飛躍のためにも勝っておきたい一戦でもあり、過去には昨年の大阪杯の勝ち馬アンビシャス、07年菊花賞3着、有馬記念4着ロックドゥカンプ、京都金杯、七夕賞、オールカマーなどの重賞勝ちがあるマイネルラクリマが同レースで好走しており、古馬になって活躍している。

    ダービーが終わり、クラシック路線を歩んだ馬は一休みとなるが、秋へ向けて賞金加算が目標の馬や、夏場に調子を上げて来た馬達が出走する。

    今年は、桜花賞以来の出走となる3歳牝馬ライジングリーズン、ダービーは痛恨の除外も前走はオープン特別を快勝したサトノクロニクル、皐月賞で惨敗したキングズラッシュなどがスタンバイ。

    3歳馬の成長期でもあり、ここから力を付けて重賞の常連となる馬も多く、各陣営にとっては今後のためにも結果を出したい一戦だ。

    実は、競馬セブンでは「勝って休ませる予定。秋は菊花賞が目標だけに、ここは負けられない」と勝利宣言を出しているとある厩舎の勝負情報を独占入手。さらに完全ノーマークとなる人気の盲点となり出走する人気薄激走馬の大駆け情報を緊急入手

    先日の函館スプリントSでは◎ジューヌエコール(3人気)から馬連3090円ズバリ的中!ユニコーンSも◎サンライズノヴァから馬連2860円ズバリ的中とダブル重賞獲り

    競馬セブン 春のGⅠでは

  • 高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
  • 大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
  • 皐月賞     馬連8710円的中
  • NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
  • オークス   3連複4600円的中
  • 安田記念    馬連1万0480円的中
  • 馬連万馬券2本を含む万券3

    騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第66回 ラジオN賞(GⅢ)■

    自信のペナルティ付き!もし、このラジオN賞を3点で獲れなければ

    2017年の全GⅠレースを無料配信

    →ラジオNIKKEI賞3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:ラジオN賞490_160