ラジオNIKKEI賞2018データキャッチ

第67回ラジオNIKKEI賞2018の消去法データです。宝塚記念が終わって、本来ココからが夏競馬になります。時代の流れか?夏を先取りしたような報道もあるようですが、福島のオープニング重賞はこのラジオNIKKEI賞になります。今年はフィエールマン、イェッツトといった前走非重賞戦組が人気しそうですが、穴馬が3頭残って馬券的妙味がある一戦になりました。そんなラジオNIKKEI賞GⅢを、過去10年の傾向から検証してみました。

<PR>

ホースメン会議:ラジオNIKKEI賞300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想

7月22日まで(4週間)無料公開

しかも今週限定でラジオN賞の

重賞情報も無料で特別公開

→【ラジオNIKKEI賞】1日1鞍の渾身予想を無料で見る←

ホースメン会議:ラジオNIKKEI賞490_160

消去法データ

減点A 休養馬

a 中9週以上馬は【0.0.0.15】

  • エイムアンドエンド
  • フィエールマン
  • マイハートビート
  • マルターズルーメン
  • ラムセスバローズ
  • ロードライト
  • 減点B 軽ハンデ馬

    a ハンデ52キロ以下馬は【0.0.0.26】

  • シセイヒテン
  • 減点C 低キャリア馬

    キャリア4戦以下馬は【3.0.2.15】と劣勢ですがこのうち、

    a 前走6番人気以下馬は【0.0.1.5】

  • イェッツト
  • b 前走敗退、勝ってもタイム差なし馬は【0.0.1.10】

  • キューグレーダー
  • 減点D 高ハンデ馬

    a ハンデ56キロ以上馬は【2.2.1.21】と苦戦傾向ですがこのうち、前走3番人気以下馬は【0.0.1.16】

  • ケイティクレバー
  • メイショウテッコン
  • 出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  3着候補 イェッツト 減点Ca
  •  -着候補 エイムアンドエンド 減点Aa
  •  1着候補 キボウノダイチ 減点なし
  •  3着候補 キューグレーダー 減点Cb
  •  1着候補 グレンガリー 減点なし
  •  3着候補 ケイティクレバー 減点Da
  •  -着候補 シセイヒテン 減点Ba
  •  -着候補 フィエールマン 減点Aa
  •  -着候補 マイハートビート 減点Aa
  •  -着候補 マルターズルーメン 減点Aa
  •  3着候補 メイショウテッコン 減点Da
  •  -着候補 ラムセスバローズ 減点Aa
  •  1着候補 ロードアクシス 減点なし
  •  -着候補 ロードライト 減点Aa
  • 過去10年の1番人気馬は?

    ラジオNIKKEI賞2018過去10年1番人気馬データ
    ラジオNIKKEI賞2018過去10年1番人気馬データ

    1番人気は過去10年【2.2.2.4】で信頼性イマイチ……。着外4頭は前走OP以上組で昨年のサトノクロニクル以外の3頭は乗替りとなっております。

    レースそのものがオッズ割れ傾向でこんなところかとは思いますが、ココに全依存するタイプで多いのが夏競馬に頭が切り替わってない人!前週行われた宝塚記念の1番人気は相性が良いレースとして有名で(今年は7⇒10⇒12番人気で大波乱決着でしたが)、そもそも古馬戦と3歳限定戦しかもハンデ戦を同列に扱うのはかなり無理があります。夏競馬の本質を理解した上で馬券を構築せなアカン象徴のようなレースです。

    今年の1番人気候補フィエールマンについて

    ラジオNIKKEI賞2018過去10年休養馬データ
    ラジオNIKKEI賞2018過去10年休養馬データ

    前記の通り、中9週以上馬は過去10年【0.0.0.15】で上の画となっております。人気に推された馬が少ないんですが、弥生賞3着歴があるアーデントは2012年4番人気12着、ドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟でデイリー杯2歳S2着、きさらぎ賞3着歴あるアッシュゴールドは2015年7番人気10着、フェアリーS勝ちがある重賞馬ライジングリーズンは2017年5番人気11着などとなっております。そんな訳で今回は軽視して挑むつもりにしております。

    今回の購入候補馬は1着候補3頭+3着候補4頭

    1着候補馬

  • キボウノダイチ
  • グレンガリー
  • ロードアクシス
  • 3着候補馬

  • イェッツト
  • キューグレーダー
  • ケイティクレバー
  • メイショウテッコン
  • キボウノダイチついて

    後日追記します

    グレンガリーついて

    後日追記します

    メイショウテッコンについて

    後日追記します

    ロードアクシスについて

    後日追記します

    イェッツトについて

    後日追記します

    キューグレーダーについて

    後日追記します

    ケイティクレバーについて

    後日追記します

    消去法選定作業を終えて

    フルゲート16頭に対し14頭の登録です。頭数が揃う重賞として定着してたんですが2017年も12頭立てで2年連続フルゲート割れになってしまいました……。開幕週でもあり先行馬有利で、短い直線もあり4角でどの位置にいるか?は一つ鍵になるレースです。ココを勝った馬は近3年連続で後に2000mの重賞勝ちを加算している出世レースです。中距離適正の有無を先取りすることも大事になってきますが、その辺りは時間の許す限り検証していきたいと思います。

    今回、現時点で単勝を買ってみたいと思う馬を

    人気ブログランキングRへに書いてます。(メイショウテッコンでした)

    以上、ラジオNIKKEI賞のデータ消去法編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク


    <PR>例年波乱連発の夏競馬が始まります

    七騎の会:ラジオNIKKEI賞300_250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    第67回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

    自信のペナルティ付き!もし、この

    ラジオNIKKEI賞を3点で獲れなければ

    2018年有馬記念までの

    全GⅠを無料配信いたします

    →【ラジオNIKKEI賞】3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[2.2.1.4]、2人気[3.1.1.5]、3人気[1.1.0.8]。目立つのは伏兵馬の好走で、15年マルターズアポジー(12人気3着)、13年カシノピカチュウ(14人気2着)、12年オペラダンシング(16人気3着)、09年サニーサンデー(13人気2着)と二桁人気馬が馬券圏に入り波乱の立役者となっている。平均配当は馬連8260円、3連複3万2660円、3連単19万5820円。馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が5度も出ているように荒れるハンデ重賞である。

    ステップレースでは、500万下組(3勝)、1000万下組(3勝)、青葉賞組(2勝)、プリンシパルS組(2勝)と条件戦勝ち組の活躍が目立つ。また、白百合S組(OP)は優勝馬が出ていないが2着4回と馬券に絡んでいる。オープン戦組ではプリンシパルS・白百合S組が要注意。

    今年はデビュー戦から2戦無敗のフィエールマンなどが出走予定だが、確固たる本命馬不在で波乱含み。実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

    騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    第67回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

    自信のペナルティ付き!もし、この

    ラジオNIKKEI賞を3点で獲れなければ

    2018年有馬記念までの

    全GⅠを無料配信いたします

    →【ラジオNIKKEI賞】3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:ラジオNIKKEI賞490_160