ラジオNIKKEI賞2018予想キャッチ
ラジオNIKKEI賞2018予想キャッチ

2018年7月1日(日)福島競馬場で行われる第67回ラジオNIKKEI賞2018の競馬予想です。距離1800m Aコース 13頭で発走時刻は15:45となっておりますGⅢラジオNIKKEI賞。本命は兄も福島が得意だった良血のアノ馬を狙ってみたいと思います。

<PR>

ホースメン会議:ラジオNIKKEI賞300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想

7月22日まで(4週間)無料公開

しかも今週限定でラジオN賞の

重賞情報も無料で特別公開

→【ラジオNIKKEI賞】1日1鞍の渾身予想を無料で見る←

ホースメン会議:ラジオNIKKEI賞490_160

枠順表

ラジオNIKKEI賞2018枠順
ラジオNIKKEI賞2018枠順

第67回ラジオNIKKEI賞2018関連記事

ラジオNIKKEI賞2018【データ】|出走予定馬と消去法編【過去10年】

福島競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイント

予想はコチラ

本命はグレンガリーにしました

同コース勝ちもある良血馬です。兄ミトラは福島芝【1.1.1.0】で、しかも福島記念勝ち⇒翌年2着の巧者ぶりでした。新馬戦こそ敗れるましたが底を見せておらずココでも楽しみな1頭です。

対抗はキボウノダイチにしました

テン乗り戸崎騎手にスイッチしてきて勝負度合いを感じる1頭です。あまり逃げるイメージがないジョッキーですが、昨年の成績では全925R中77Rで逃げて29勝挙げております。勝率37.7%・連対率51.9%・3着内率58.4%・単回収値167・複回収値96は他項目を大きく上回る良績です。仮に逃げるような展開になれば逆転候補で格好の”単穴候補”も兼ねることになります。

▲はロードアクシスにしました

2歳時にGⅠ挑戦、3歳になってトライアルを使われるも権利を取れずコチラに回ってきました。過去には”残念ダービー”などと揶揄されたGⅢ戦ですが、この馬が来るならピッタリの臨戦であります。その戦った相手は強くてそこは評価に値しますが、いくらなんでも前走は負け過ぎでココまでの評価に至りました。

△は※※※※※※※※※にしました

人気ブログランキングRへに書いてます。(2メイショウテッコンでした)

福島芝1800mは前に行ける馬が圧倒的に有利で、その辺り福島競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイント編で詳しく(!?)書いてるつもりです。

全成績【3.0.0.3】のピンかパーかはいかにも単勝向きな1頭で、枠差のないフラットが定説なコース形態ですが、コーナー4回で本質としては内枠有利で、色々な面が向いた感ある今回の出走になります。例外で本命視も考えましたが、ラジオNIKKEI賞2018【データ】|出走予定馬と消去法編【過去10年】で紹介した【0.0.1.16】がいかにも重く、ココまでの評価に至りました。

✕はイェットにしました

この馬も京成杯3着、プリンシパルS3着と戦ってきた相手は強いのですが、ラジオNIKKEI賞2018【データ】|出走予定馬と消去法編【過去10年】で紹介した【0.0.1.5】と【0.0.1.10】の両方に該当してココまでの評価です。

☆はキューグレーダーにしました

新馬戦では逃げ切っており、その辺りは警戒したんですが、【0.0.1.10】に該当してしまいました。一気の距離延長で位置取りが楽になれば尚更怖くて、3連系の馬券を買うなら外し難い感じはしてます。

注はケイティクレバーにしました

2歳時からGⅠを使われ、強い相手と戦ってきた1頭です。ハンデが見込まれ【0.0.1.16】の減点が入ってしまいました。今回は小林騎手に戻った訳ですが、このコンビになると必ず前目の位置を取ってきてるので要警戒の1頭です。

印はこのようになりました

  • ◎ 13 グレンガリー
  • 〇 7 キボウノダイチ
  • ▲ 1 ロードアクシス
  • △ →人気ブログランキングRへに書いてます。(2メイショウテッコンでした)
  • ✕ 10 イェッツト
  • ☆ 3 キューグレーダー
  • 注 5 ケイティクレバー
  • 馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    5:41追記

    1着候補馬が人気薄で、3着候補が人気馬となる歪な構図……。3連複なら1頭たりとも切れず、当初CBC賞の予算を一部コチラに回す予定にしてました。ところが、そうもいかなくなって難儀しました……。そんな訳で高めのみにシフトしたBOXとしました。3着候補で買いたいのは△馬のみ……。

    ワイドBOX 13・1・7・△ 各100(6点) (的中14倍)

    3連複BOX 13・1・7・△ 各100(4点)

    (払戻金 1000⇒1400)

     

    以上、ラジオNIKKEI賞の予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    スポンサーリンク


    <PR>例年波乱連発の夏競馬が始まります

    七騎の会:ラジオNIKKEI賞300_250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    第67回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

    自信のペナルティ付き!もし、この

    ラジオNIKKEI賞を3点で獲れなければ

    2018年有馬記念までの

    全GⅠを無料配信いたします

    →【ラジオNIKKEI賞】3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[2.2.1.4]、2人気[3.1.1.5]、3人気[1.1.0.8]。目立つのは伏兵馬の好走で、15年マルターズアポジー(12人気3着)、13年カシノピカチュウ(14人気2着)、12年オペラダンシング(16人気3着)、09年サニーサンデー(13人気2着)と二桁人気馬が馬券圏に入り波乱の立役者となっている。平均配当は馬連8260円、3連複3万2660円、3連単19万5820円。馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が5度も出ているように荒れるハンデ重賞である。

    ステップレースでは、500万下組(3勝)、1000万下組(3勝)、青葉賞組(2勝)、プリンシパルS組(2勝)と条件戦勝ち組の活躍が目立つ。また、白百合S組(OP)は優勝馬が出ていないが2着4回と馬券に絡んでいる。オープン戦組ではプリンシパルS・白百合S組が要注意。

    今年はデビュー戦から2戦無敗のフィエールマンなどが出走予定だが、確固たる本命馬不在で波乱含み。実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

    騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    第67回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

    自信のペナルティ付き!もし、この

    ラジオNIKKEI賞を3点で獲れなければ

    2018年有馬記念までの

    全GⅠを無料配信いたします

    →【ラジオNIKKEI賞】3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:ラジオNIKKEI賞490_160