第47回高松宮記念2017の消去法データです。3月26日(日)、中京競馬場芝1200m(4歳上 GⅠ 定量 Bコース)で行なわれます。ここでは、高松宮記念過去10年の成績と傾向から出走予定馬(登録馬)をデータ消去法で見ていきます。

〓〓PR〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

   毎週、毎週、毎週、毎週

     狂ったように、

  的中、的中、的中、的中

 三連単が3回に1回的中する

  そんな決定的な競馬データ

    【コラボ@指数】

→最大18レースが無料で見放題←

【三連単が3回に1回的中する】サイトはこちら

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓PR〓〓

消去法データ

減点A 前走敗退ボーダー

a 前走GⅢ以下5番人気以下5着以下馬は【0.0.0.49】

  • スノードラゴン
  • ティーハーフ
  • トウショウピスト
  • バクシンテイオー
  • ブラヴィッシモ
  • ラインスピリット
  • レッドアリオン
  • 減点B 牝馬

    牝馬は【1.1.2.33】とやや苦戦傾向ですがこのうち、

    a 前走3番人気以下馬は【0.0.0.33】

  • クリスマス
  • ナックビーナス
  • ワンスインナムーン
  • b 前走6着以下馬は【0.0.0.20】

  • ソルヴェイグ
  • 減点C 下級戦組

    a 近2走『非重賞戦⇒GⅢ以下』のローテ馬は【1.0.1.39】とコチラも苦戦傾向ですがこのうち、前走敗退、勝ってもタイム差なし馬は【0.0.0.27】

  • オメガヴェンデッタ
  • セイウンコウセイ
  • トーキングドラム
  • ナガラオリオン
  • 減点D 高齢馬

    a 6歳以上馬は【3.5.4.82】でこのうち、前走1400m以上戦使用馬は【0.2.2.34】と未勝利……。更にココから前走4番人気以下馬となると【0.0.0.27】

  • ヒルノデイバロー
  • フィエロ
  • 出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  -着候補 オメガヴェンデッタ 減点Ca
  •  -着候補 クリスマス 減点Ba
  •  1着候補 シュウジ 減点なし
  •  -着候補 スノードラゴン 減点Aa
  •  -着候補 セイウンコウセイ 減点Ca
  •  -着候補 ソルヴェイグ 減点Bb
  •  -着候補 ティーハーフ 減点Aa
  •  -着候補 トウショウピスト 減点Aa
  •  -着候補 トーキングドラム 減点Ca
  •  -着候補 ナガラオリオン 減点Ca
  •  -着候補 ナックビーナス 減点Ba
  •  -着候補 バクシンテイオー 減点Aa
  •  -着候補 ヒルノデイバロー 減点Da
  •  -着候補 フィエロ 減点Da
  •  -着候補 ブラヴィッシモ  減点Aa
  •  1着候補 メラグラーナ 減点なし
  •  -着候補 ラインスピリット 減点Aa
  •  1着候補 レッツゴードンキ 減点なし
  •  -着候補 レッドアリオン 減点Aa
  •  1着候補 レッドファルクス 減点なし
  •  -着候補 ワンスインナムーン 減点Ba
  • 消去法選定作業を終えて

    フルゲート18頭に対し21頭の登録です。春のスプリント王決定戦ですが、昨年は上位人気うまが独占し堅い決着だったんですが、今年はその上位3頭全馬不在の異例な一戦となりました。世代交代ってのは往々にしてこの類で起こるのが常ですが今年は如何に?

    1着候補4頭

    レッドファルクスは昨秋のスプリント王で秋春連覇を狙います。3連勝の後でもあり少々気の毒だった香港スプリントを12着の後休養……。秋同様ブッツケでの高松宮記念となりました。

    この馬が来るときは逃げ先行を連れてくるケースが考えられ、そのスプリンターズSはミッキーアイルとソルヴェイグ、CBC賞ではラヴァーズポイントとベルカントがともに馬券圏内を占め、今年は展開利も望めるかも知れません……。

    メラグラーナは前走重賞初制覇!オーシャンS組は過去10年【3.2.3.59】で3着内率11.9%と若干物足りませんが、目下8年連続で馬券圏内馬を輩出する一大勢力です。

    前走、今走ともに最も先着を果たしたのは2010年キンシャサノキセキだけなのは気になるデータですが、前走は人気に支持されての内容だけに評価に値する一戦でした。この馬が来る展開となると逆に逃げ馬には厳しい流れか?オーシャンSは前を行くトウショウピストとウインムートはともに2桁着順に完封し、ラピスラズリSでも逃げたラズールリッキーは0.7秒負けとなっております……。

    1番人気は【4.1.3.2】と平均並み……。2015年ストレイトガール、2011年ジョーカプチーノはともに斤量減で挑んだ一戦なのは偶然かそれとも前走の疲れがあったか?今年は拮抗しておりますが、どうやら該当馬は出そうにありません。ただ、中9週以上となると全体でも【0.1.0.14】で2009年スリープレスナイトが唯一の2着……。その辺りも含め時間許す限り考えたいです。

    以上、高松宮記念のデータ消去法編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>高松宮記念は自信の3点で勝負買い目を無料公開します

    七騎の会:高松宮記念300_250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第47回 高松宮記念(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この高松宮記念を3点で獲れなければ2017年の全GⅠレースを無料配信!

    →高松宮記念3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    春のスプリント王決定戦となる高松宮記念。ここ10年、1番人気で勝ったのはビックアーサー、ロードカナロア、キンシャサノキセキ、スズカフェニックスの4頭いるが、平均配当は馬連で7180円、3連複1万8450円、3連単11万3980円と波乱が多い。特に3連単では10万馬券を超える特大馬券が3度出ているように、二桁人気の伏兵が4頭馬券に絡んでいる。

    昨年の覇者ビッグアーサーは筋挫傷のため同レースを回避、シルクロードSを連覇したダンスディレクターも骨折で戦線離脱、一昨年の覇者エアロヴェロシティも回避となり、確固たる軸馬が不在でどの馬にもチャンスはありそうだ。

    GⅠレースなど注目度が高いほど、陣営は本音を口にしないし、馬主の建前で当たり障りのないコメントをマスコミに伝えるだけ。「状態がいいので良い競馬になりそう」「展開向けば上位争い」などと言ったコメントが紙面上に載るが、本音を語る陣営はほぼ皆無と言っていいだろう。何故なら、ビッグレースは賞金が高く、その賞金はノドから手が出るほど欲しい賞金でもあり、わざわざ自らの作戦を公の場で話すメリットがないからである。しかし、各関係者と長年のお付き合いがあり、親密な関係にある競馬セブンの情報班は、公にはならない陣営の本音を聞き出しているのだ。

    マスコミは混戦必至と一般ファンを煽るだろうが、競馬セブンでは「断然1強」と断言できるだけの裏情報を入手済!騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『高松宮記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第47回 高松宮記念(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この高松宮記念を3点で獲れなければ2017年の全GⅠレースを無料配信!

    →高松宮記念3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:高松宮記念490_160