第53回七夕賞2017の競馬予想です。過去の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心にして、七夕賞2017の予想を組み立てていきます。2017年7月9日(日)福島芝2000m、GⅢ 3歳上 ハンデ Aコースで行われます。発走は15:45で出走頭数は12頭となっております、今年の七夕賞です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

  口コミランキングNo.1の実績!

 三連単好きの方には絶対見逃せない!
 
 41.7%の的中率であなたを勝たせる
  
     最新競馬指数

    7/9(日) 七夕賞(GⅢ)

    詳しくはこちらから

⇒ 『うまコラボ』の【七夕賞予想】を見たい方はコチラ

もっと詳しく知る

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

着候補 消去項目入り枠順表

第53回七夕賞 GⅢ
馬番 着候補 競走馬名 減点項目
1 -着候補 パドルウィール  減点Ca
2 1着候補 スズカデヴィアス  減点なし
3 -着候補 フェルメッツァ  減点Ea
4 -着候補 フェイマスエンド  減点Ea
5 -着候補 バーディーイーグル  減点Ba
6 1着候補 ヴォージュ  減点なし
7 -着候補 タツゴウゲキ  減点Da
8 1着候補 ゼーヴィント  減点なし
9 -着候補 マルターズアポジー  減点Ea
10 -着候補 ウインインスパイア  減点Aa
11 1着候補 マイネルフロスト  減点なし
12 1着候補 ソールインパクト  減点なし

今週掲載した七夕賞関連記事

七夕賞2017出走予定馬データ消去法編では1着候補5頭に絞れました。

毎週木曜日に配信しているツイキャスをユーチューブにUPしてみました。

展開と予想はコチラ

登録14頭に対し2頭回避が出てフルゲート割れ12頭戦となりました。オッズが割れる傾向が強くて、そこまでデタラメに荒れるケースは少ない重賞ですが、一昨年は3連複29万・3連単100万馬券が飛び出す大波乱が出たりで……、隙をみて穴を狙いたい一戦であります。

メイショウカドマツの回避でマルターズアポジーの単騎逃げが濃厚なメンバー構成となりました。番手追走型が集結して番手以下の位置取りは激化の可能性が否めませんが、スタートが安定しているヴォージュは筆頭候補です。

1着候補5頭

本命はスズカデヴィアスにしました。ココは週初めから決めてたので後付けみたいな理由になりますが、内枠有利なコース形態もあってロスなく回ってこれるチャンスでもあります。前走も外を回して届かずの強い内容……。6歳になって本格化してまさに充実期でもあり、重賞を獲るならココしかないんじゃないか位の勢いも感じる1頭です。

〇はソールインパクト。ディープインパクト産駒は【1.3.0.7】で種牡馬別では最多連対です。昨年はワンツー決着でもあり、ココで連対した産駒は小回り又はローカル巧者が多い印象です。2歳時は重賞で好走も一歩届かずトライアル未出走ですが豊富な重賞経験で、今回は実質格上挑戦的な53キロは恵量とみましてこの評価に至りました。

▲はヴォージュ。近3走は準OPを2⇒1⇒1着ときた4歳馬ですが、勝って同条件の出走は予定通りと思われます。3走前負けたのが予定外と言えば予定外です。今後GⅠ出走となると賞金加算は必須で、どこまでやれるか楽しみな1頭ではあります。

△はゼーヴィント。ココへ使ってきた意味を色々考えてみたんですが、福島競馬場好相性以外に見出す事が出来なくて、勝手にローテを組んでみても、ココを勝てば休んでいきなりGⅠから始動でもOKだし、負ければ札幌記念からかなぁ~って程度しか思い当たらず……。大事に使われてきてる4歳馬でこの安定感なら切り難いのは確かなんですが、如何せん久々なのとこの人気を考えれば、バランス的にはココまでの評価が限界になります。

✕はマイネルフロスト。夏に良績が多いんですが好走が続かないタイプで……。現在2戦連続で3着内してますが、これはデビュー2連勝を飾った4年前以来となるとココまでの評価が限界です。

以下、着外候補馬から一応の印……

☆はマルターズアポジー。まぁ~普通に逃げるんでしょうし、昨夏以降6戦してGⅢ以下は4戦4勝とくれば有力な1頭です。データとしては休養馬の項で【0.0.0.8】に該当しましたが、単騎逃げ濃厚で展開次第では……。

注はフェルメッツァ。福島は【1.1.0.1】で前走福島民報杯2着からの臨戦です。減点は前述休養馬の項で【0.0.0.8】ですが、内枠有利なコース形態で良枠GETもあって抜擢してみました。

印はこのようになりました

◎ 2 スズカデヴィアス

〇 12 ソールインパクト

▲ 6 ヴォージュ

△ 8 ゼーヴィント

✕ 11 マイネルフロスト

☆ 9 マルターズアポジー

注 3 フェルメッツァ

馬券の買い目と点数は以下の通り

当日のお昼前後を目途に後程追記します。

6:05追記

単勝 2 200

複勝 2 800

 

以上、七夕賞の予想を終わりたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<PR>【七夕賞】3連単勝負馬券【特別無料公開】

シンクタンク:七夕賞300_250

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 七夕賞(GⅢ)

先着100名様限定

万馬券必至の【3連単勝負馬券】を特別無料公開

→七夕賞【3連単勝負馬券】はココをクリック←

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の恒例イベントとしてお馴染みとなったサマーシリーズ。ただ、設立当初とは違い、既に目新しさはなくなり、マスコミの扱いも普段の重賞と変わらなくなってきている。夏競馬期間中は記者が各地に分散し、いつも以上に人手不足。コメントや調教時計の使い回しなどは当たり前で、ホボ同じような紙面が出来上がるわけだ。そのため、馬券の肝となる情報はそこに載っていないことがほとんどである。

しかし、トレセン内の関係者にとってはシリーズチャンピオンに与えられる褒賞金(ボーナス)は魅力十分。七夕賞から開幕を告げるサマー2000シリーズであれば、馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が交付される。この褒賞金をめぐって、チャンピオンを狙う各陣営は様々な思惑を張り巡らすのだ。

チャンピオンになるためには、対象レースに2度出走し1つは勝利することが最低条件となる。七夕賞~新潟記念までは約2ヶ月間しかなく、決して楽な条件ではない。全てのレースに最高の状態で送り出すことは極めて難しく、各陣営もどこで勝負をかけるのか、“ヤリ”“ヤラズ”を考えて出走させるわけだ。実績馬が”人気になっても馬券に絡まず”というケースが多発するのにも、こうした裏事情が存在する

さらに七夕賞はハンデ戦。例年、万馬券決着は当たり前で、10万馬券以上の特大配当も決して珍しくはないのだ。一般ファンにとっては超難解なレースだが、競馬界の大物OBなど関係者から確かな情報を入手できる情報ルートが在籍している当社シンクタンクにとっては、オイシイ馬券が狙える絶好のレース。事実、昨年の七夕賞でも情報通りの万馬券的中をお届けしているのだ。

論より証拠。当社シンクタンクに確かな情報力があることを知って頂くため。今年は特別に、万馬券を楽に狙える七夕賞の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。新聞には載らない馬券の肝となる情報を是非入手して欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第53回 七夕賞(GⅢ)

先着100名様限定

万馬券必至の【3連単勝負馬券】を特別無料公開

→七夕賞【3連単勝負馬券】はココをクリック←

シンクタンク:七夕賞490_160