2018年2月4日(日)東京競馬場で行われる東京新聞杯2018の競馬予想です。過去の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心にして、東京新聞杯2018の予想を組み立てていきます。東京新聞杯は、4歳上 別定 東京芝1600M Dコースで行われるGⅢ戦です。ココでは、過去10年の東京新聞杯を検証してみました。

<PR>

暴露王:東京新聞杯300_250

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第68回 東京新聞杯(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ

【買うべき穴馬はコレ!】

万券ハンターの買い目を大公開

→ここをクリック←

━━━━━━━━━━━━━━━

暴露王:東京新聞杯490_160

出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  -着候補 アドマイヤリード 減点Ba
  •  3着候補 カデナ 減点Fa
  •  -着候補 ガリバルディ 減点Ab
  •  1着候補 クルーガー 減点なし
  •  -着候補 グレーターロンドン 減点Ec
  •  -着候補 サトノアレス 減点Ca
  •  -着候補 ストーミーシー 減点Ca
  •  1着候補 ダイワキャグニー 減点なし
  •  -着候補 タガノブルグ 減点Ab
  •  1着候補 ダノンプラチナ 減点なし
  •  -着候補 ディバインコード 減点Ea
  •  -着候補 デンコウアンジュ 減点Ba
  •  -着候補 トウショウピスト 減点Da
  •  -着候補 ハクサンルドルフ 減点Eb
  •  -着候補 ベルキャニオン 減点Aa
  •  -着候補 マイネルアウラート 減点Ab
  •  -着候補 リスグラシュー 減点Bb
  • 消去法データ

    減点A 高齢馬

    7歳以上馬は【0.2.1.39】と未勝利でこのうち、

    a 前走非重賞戦出走馬は【0.0.0.17】

  • ベルキャニオン
  • b 近2走とも4着以下馬は【0.0.0.28】

  • ガリバルディ
  • タガノブルグ
  • マイネルアウラート
  • 減点B 牝馬

    牝馬は【2.0.0.11】でこのうち、

    a 前走GⅡ以下出走馬は【0.0.0.5】

  • アドマイヤリード
  • デンコウアンジュ
  • b 前走6番人気以下6着以下馬は【0.0.0.4】

  • リスグラシュー
  • 減点C 斤量増馬

    a 斤量2キロ以上増馬は【0.0.0.11】

  • サトノアレス
  • ストーミーシー
  • 減点D 距離延長組

    a 前走1400m以下戦出走馬は【2.0.3.22】でこのうち、前走10着以下馬は【0.0.0.11】

  • トウショウピスト
  • 減点E 非重賞戦組

    前走非重賞戦出走馬は【4.5.2.42】でこのうち、

    a 前走4番人気以下馬は【0.0.0.25】

  • ディバインコード
  • b 中9週以上馬は【0.0.0.12】

  • ハクサンルドルフ
  • c 今回距離短縮馬は【0.0.0.5】

  • グレーターロンドン
  • 減点F 大敗馬

    a 前2走とも10着以下馬は【0.0.1.16】

  • カデナ
  • 予想はコチラ

    フルゲート18頭に対し17頭の登録です。”真冬のマイル戦”って以外特徴も薄く、GⅠへは直結性も関連性もないに等しい一戦です。基本的には穴から入りたい重賞かと思います。

    1着候補3頭+3着候補1頭

    1番人気は過去10年【0.1.2.7】と散々……。昨年は比較的堅い決着でしたが、一昨年は3連複7万馬券!っかと思えば2014 年は8⇒3⇒5番人気の決着で3連複12170円とオッズ割れの傾向も強く券種のチョイスは重要になります。

    今年の1番人気はグレーターロンドンになりそうですが、私はデータに従って軽視の方向で考えております。

    1着候補馬

  • クルーガー
  • ダイワキャグニー
  • ダノンプラチナ
  • 3着候補馬

  • カデナ
  • 以下、随時追記していきます。

    印はこのようになりました

    ◎ 15 ダイワキャグニー

    〇 7 クルーガー

    ▲ 10 ダノンプラチナ

    △ 13 カデナ

    ✕ ※ 

    ☆ ※ 

    注 ※ 

    馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    9:03追記

    本命は強いと言われる4歳世代からダイワキャグニーでスンナリ……。内容も評価されるキャピタルSでは完結Vライン気味に入りましたがイメージは”押し切り勝ち”。全4勝が東京で【4.0.0.4】の成績も単勝向きな1頭です。対抗クルーガーは1.5キロの斤量減が魅力で、▲ダノンプラチナは初の乗替りで新味が出せれば……。△カデナは【0.0.1.16】に該当し、もう終わってしまった感も否めず今回はオミットします。

    単勝 15 300

    単勝 7 200

    単勝 10 100

    ワイドBOX 7・10・15 各100(3点)

    3連複 7-10-15 100

     

    以上、東京新聞杯の予想を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>東京新聞杯(G3)万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    シンクタンク:東京新聞杯300_250

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第68回 東京新聞杯(G3)

    万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    マイル路線を歩む馬たちにとって、春の大目標となるのは6月の安田記念。直近にもいくつか前哨戦は組まれているものの、実は、安田記念前に東京マイルで行われる重賞はココしかない。そのため、本番から約4ヶ月と間隔は開くものの、本番さながらの好メンバーが揃うケースも少なくない。今年も出走予定馬には、アドマイヤリード、ダノンプラチナ、グレーターロンドンなど有力馬が名を連ねている。

    そして、このレースで馬券の肝となるのが4歳馬の存在だ。安田記念週に行われるクラス再編成によって、4歳馬は賞金が半分になってしまうため、必然的に出走に必要な賞金ボーダーが高くなっていく。陣営とすれば「早い段階で賞金を加算して、本番までのローテーションを楽にさせておきたい」との思惑を持つのは当然の流れとなるが、とはいえ、4歳馬が全て勝負というわけではなく、その辺りは正確なジャッジが必要となる。

    そのために必要となるのが、競馬関係者から入手した確かな情報。建前しか伝えることができない一般マスコミとは違い、増沢末夫、平井雄二、中野渡清一など競馬界の大物OBが情報ルートして在籍する当社シンクタンクには、トレセン内はもちろん、マスコミの取材が及ばない外厩施設や、馬主関係者など、あらゆる競馬関係者から隈なく情報収集を行っている。

    本来、こうした情報を一般公開することはできないのだが、今週はより多くの方に本物の関係者情報を知って頂くべく、シンクタンクを初めてご利用の先着100名様限定で、東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開する。この機会に、是非シンクタンクの情報を体感してもらいたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第68回 東京新聞杯(G3)

    万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック←

    シンクタンク:東京新聞杯490_160