安田記念2018枠順キャッチ

第68回安田記念2018の枠順が確定しました。スワーヴリチャードが1枠1番、ペルシアンナイトが3枠5番、サングレーザーが8枠15番などとなっています。ここでは、安田記念過去10年のデータを中心に枠番別成績と払戻金の傾向を調べてみました。

<PR>

ワールド:安田記念300-250

◆◆この勢いは止まらない!ただいまGⅠ4連勝中◆◆

―――――――――――――――――――――――――

  • 【NHKマイルC】2万1840円・3140円的中
  • 【ヴィクトリアM】8820円・4090円的中
  • 【オークス】3360円・1190円・750円的中
  • 【日本ダービー】    7950円的中
  • ―――――――――――――――――――――――――

    5週連続東京GⅠ完全制覇は目前

    もちろん今週の安田記念もお任せください

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ―――――――――――――――――――――――――

    情報通りに決まれば3連単なら300倍超も

    ―――――――――――――――――――――――――

    スワーヴリチャードに迫る超穴馬は必見

    →【安田記念】無料で教えます【絞りに絞った3頭】←

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ワールド:安田記念490-160

    今週掲載した安田記念関連記事

    安田記念2018データ|出走予定馬と消去法編【過去10年】では、1着候補5頭+3着候補1頭に絞れました。(タワーオブロンドンが回避したので1着候補5頭になりました)

    音声だけですが「You Tube」にもUPしております

    (買い方については20:20辺りからです)

    着候補 消去項目入り枠順表

    第68回安田記念 GⅠ
    馬番 着候補 競走馬名 減点項目
    1 1着候補 スワーヴリチャード  減点なし
    2 -着候補 サトノアレス  減点Ca
    3 -着候補 ダッシングブレイズ  減点Cd
    4 -着候補 アエロリット  減点Aa
    5 -着候補 ペルシアンナイト  減点Da
    6 -着候補 レーヌミノル  減点Aa
    7 1着候補 ウエスタンエクスプレス  減点なし
    8 -着候補 キャンベルジュニア  減点Ba
    9 -着候補 レッドファルクス  減点Bb
    10 -着候補 モズアスコット  減点Bc
    11 -着候補 リアルスティール  減点Db
    12 1着候補 ヒーズインラブ  減点なし
    13 -着候補 ブラックムーン  減点Cd
    14 1着候補 リスグラシュー  減点なし
    15 1着候補 サングレーザー  減点なし
    16 -着候補 ウインガニオン  減点Ba

    過去10年の枠番別成績|フラットでしょうが去年は外枠ワンツー

    安田記念2018過去10年枠別データ
    安田記念2018過去10年枠別データ
  • 勝率で5・2・3枠の順
  • 連対率で5・2・3枠の順
  • 3着内率で2・3・5(6)枠の順
  • 率としては外枠低調ですが、これは出走頭数の違いが影響したもの。数の比較としては遜色ありません。

  • 1~3枠
  • 過去10年で8回は最低1頭の3着内馬を輩出し、来なかったのは2016年と2014年。2009年ウオッカの年は3着内独占、2008年ウオッカの年はワンスリー、2011年リアルインパクトの年はツースリー、2012年ストロングリターンの年はワンツー決着となっております。

  • 4・5枠
  • 過去10年で5回3着内馬を輩出しておりますが、複数来た年はありません。2016年ロゴタイプ、2014年ジャスタウェイ、2013年ロードカナロアと勝ち切るケースが多いのは注目です。

  • 6~8枠
  • 過去10年で8回は最低1頭の3着内馬を輩出し、来なかったのは2012年と2009年。総合すると、3枠内又は6枠より外は必ず3着内馬を輩出していることになります。

    2017年サトノアラジンの年はワンツー、2016年ロゴタイプの年はツースリー、2015年モーリスの年はツースリー、2014年ジャスタウェイの年はツースリー決着。

    今回の想定オッズと過去の払戻金はどうなってる?

    単勝オッズ

    データはnetkeiba.comさんを参考にしてます。

    第68回安田記念 GⅠ
    人気 馬名 想定オッズ
    1 スワーヴリチャード 3.2
    2 サングレーザー 4.6
    3 ペルシアンナイト 4.7
    4 リスグラシュー 6.9
    5 サトノアレス 10.0
    6 リアルスティール 10.9
    7 アエロリット 10.9
    8 レッドファルクス 13.8
    9 キャンベルジュニア 27.2
    10 モズアスコット 35.4
    11 ヒーズインラブ 70.3
    12 ウエスタンエクスプレス 74.8
    13 ウインガニオン 91.1

    14 ブラックムーン 203.5
    15 レーヌミノル 203.5
    16 ダッシングブレイズ 324.1

    着候補別では……

  • 1着候補:1・2・4・11・12番人気
  • 過去10年の払戻金データ

    安田記念2018過去10年払戻金データ
    安田記念2018過去10年払戻金データ

    単勝10倍超が4本はGⅠでは異例といえるでしょう。地味に複勝も高配当が連発しております。馬連はウオッカの2回目の年を除き9回が4桁で4回の万馬券。3連複は9回が万馬券で7回が3万超となっていて、3連単はオール万馬券で8回が10万超と大波乱前提のレースとなっております。

    今回の購入候補馬は1着候補5頭

    スワーヴリチャードサングレーザーの考察につきましては安田記念2018データ|出走予定馬と消去法編【過去10年】で書いております。よってココでは残った1着候補馬3頭について少し触れておきたいと思います。

    リスグラシューについて

    安田記念2018過去22年牝馬データ
    安田記念2018過去22年牝馬データ

    牝馬は相性が悪く、安田記念が6月開催になって以降【2.1.2.45】で上の画となっております。前走連対馬が18頭もいてこの成績は厳しいデータです。1着はウオッカだけで飛んだ馬の方が多いですが、人気所では2011年アパパネが1番人気6着他、ダンスインザムード・ファインモーション・スティンガーなどとなっております。

    東京新聞杯は牡馬混合戦を強い内容で1着して、8分の出来だった阪神牝馬Sも3着は自力の証明。恐らくメイチだったヴィクトリアマイルを2着して、ココはお釣りでの競馬を余儀なくされます。

    加えて、この3戦がスローの上り勝負だったことが安田記念には向かない可能性が高く、人気になると危険なタイプと言えなくもありません。実際スローの年もあるんですが、それはあくまで例外であって、このタイプが人気するなら嫌って入るのがセオリーかと思います。

    ヒーズインラブついて

    安田記念2018過去22年ダービー卿CT組データ
    安田記念2018過去22年ダービー卿CT組データ

    この馬もスローの上り勝負で良績が多い1頭です。前走ダービー卿CTの重賞初挑戦初制覇はお見事!上り最速でタイムも優秀でした。このダービー卿CT組は直行が少なく、安田記念が6月開催になって以降【2.0.0.8】で上の画。ピンかパーかで非常にはっきりしております。

    勝ったのは2頭で、2016年ロゴタイプが8番人気、2015年モーリスが1番人気となっております。このヒーズインラブは全然人気がないみたいなので、昨年のロジチャリスになるか、一昨年のロゴタイプになるか?ってところかと思います。

    私のスタンスなら「単穴▲」が一番似合いそうなタイプですが、他に候補が居なければ本命でもいいかとは思っております。ただこの際、「この馬絶対」って評価ではなく、「この馬台頭時の払戻が一番高いフォーカスを組んだから」の意であることはココでも強く申し上げておきたいと思います。藤岡厩舎は4週連続GⅠで急がしそうですが、良い馬が揃うと相乗効果もあってそろそろ怖い感じはしております……。

    ウエスタンエクスプレスについて

    安田記念2018過去22年外国参戦馬データ
    安田記念2018過去22年外国参戦馬データ

    これで3年連続の外国馬参戦となりました。正直なところ、力量が全然分かりません。分からないんですが、分からないなりの扱いにしたいと思います。買い方も同様……。まず人気ですが、これが全然ないのは”買い”のファクターです。

    海外で通用する馬を作っていくのは日本国内生産界の悲願ではありますが、それはあくまで凱旋門賞を目指している訳でして、近念をみるとマイル以下の特にスプリント戦となると逆に差が大きくなってるようにも感じます。

    この馬もビューティーオンリーに0.1秒差2着があり、能力の比較だけなら上位の扱いで問題ないとは思います。あとは日本の馬場に合うかどうか?こればかりはやってみないと分からない……。これ位の人気なら押さえておきたい1頭かと思います。

    他馬に関しては可能な限りココで追記したいと思います。

    今日までのまとめ

    登録19頭で回避が3頭出てフルゲート割れ16頭戦となりました。私としてはタワーオブロンドンの回避は残念でしたが、それ以外は順当かと思います。オッズも割れ気味で、個人的には1着候補馬5頭全馬に『▲』を打ちたいくらいの気持ち(笑)なんですが、事情もあって一応序列はつけることにしてます。

    そんな訳で”絶対軸馬不在”の混戦で難解とみてるんですが、馬券としては来たときに後悔しないようなものを組むことを心がけたいところです。オッズとの相談によるところも大きいんですが、その辺りも含め時間の許す限り考えたいです。

    以上、安田記念2018枠順確定|過去10年の傾向と内有利なデータ編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    スポンサーリンク


    <PR>【宣言】安田記念を3点で獲ります【稼ぎます】

    七騎の会:安田記念300_250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第68回 安田記念(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この安田記念を3点で獲れなければ

    2018年有馬記念までの全GⅠを無料配信いたします

    →【安田記念】3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    過去10年、上位人気馬の成績は、1人気【4.1.0.5】、2人気【2.1.0.7】、3人気【0.2.2.6】。1人気で勝利したのは15年モーリス(海外GⅠ3勝含むGⅠ6勝)、14年ジャスタウェイ(海外GⅠ1勝含むGⅠ3勝)、13年ロードカナロア(海外GⅠ2勝含むGⅠ6勝)、09年ウオッカ(GⅠ7勝)の名馬4頭。GⅠで主役を張る実力馬ばかり。

    昨年の1人気イスラボニータは8着に敗れ7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。一昨年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が8度と人気馬同士の決着にが少ない荒れるGⅠである。

    過去10年の年齢別の成績では6歳馬4勝を挙げている。6歳馬の優勝馬は昨年のサトノアラジン、16年ロゴタイプと2年連続で優勝。5歳馬ではジャスタウェイ、ロードカナロア、ウオッカなどの優勝馬がいる。出走頭数の多い5・6歳馬の活躍が目立つ。

    昨年は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!今年は、大阪杯の連対馬ペルシアンナイト、スワーヴリチャードが参戦。昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイトは春秋マイル王に輝くことができるのか?スワーヴリチャードは大阪杯に続きGⅠ連勝なるか?強力馬2頭の対決は注目だ。その他ではマイラーズC組みからモズアスコット、サングレーザー、京王杯SC組みからムーンクエイク、キャンベルジュニア、ヴィクトリアM組からは2着馬リスグラシュー、アエロリットや、レッドファルクスなどGⅠ馬4頭が参戦。昨秋のマイル王はペルシアンナイトに輝いたが、今年の春のマイル王は果たして?

    競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。昨年は馬連で万馬券的中の安田記念、今年も帯封獲得可能な勝負情報を入手しているのでお見逃しの無いようご注意ください。

    騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第68回 安田記念(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この安田記念を3点で獲れなければ

    2018年有馬記念までの全GⅠを無料配信いたします

    →【安田記念】3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:安田記念490_160