「重賞予想」の記事一覧(2 / 67ページ)

朝日杯フューチュリティステークス2020競馬予想|過去10年【6.4.4.3】のアノ馬から

競馬予想 重賞予想
朝日杯2020キャッチ

2020年12月20日(日)阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス2020の予想です。芝1600mBコース外回りで行われます。2歳マイル王決定戦ですが、今年も無敗馬が3頭と楽しみなメンバーが揃いました。本命はラインで紹介した【6.4.4.3】で複勝率82.4%のアノ馬です!

ターコイズステークス2020競馬予想|過去10年【5.5.3.9】のアノ馬から

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年12月19日(土)中山競馬場で行われるターコイズステークス2020の予想です。芝1600mAコースで行われます。牝馬限定のしかもハンデ戦と言うことで波乱傾向ですが、2018年には69万馬券、2015年には何と290万馬券も飛び出してます!一発逆転を狙うならココですネ。

阪神ジュベナイルフィリーズ2020競馬予想|白毛のG1馬誕生か!?

競馬予想 重賞予想
阪神JF2020キャッチ

2020年12月13日(日)阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ2020の予想です。芝1600mBコース外回りで行われます。この秋のG1は1番人気が連勝中でしたが先週途切れて、今日は白毛のソダシが人気濃厚です。勝てば白毛初のG1制覇だそうですが、いかにも人気しそうなキレイな馬です。

カペラステークス2020競馬予想|過去10年の消去法データで検証しました

競馬予想 重賞予想
ダート戦キャッチ

2020年12月13日(日)中山競馬場で行われるカペラステークス2020の消去データです。ダート1200mで行われます。創設当初は“JRAで一番低レベルな重賞”なんて言われてた頃もありましたが、コパノキッキングの連覇で、しかも去年は藤田菜七子騎手のJRA重賞初制覇っと言うことで知名度も上がりました。今年は混戦模様ですが、楽しみなメンバーが揃いました。

中日新聞杯2020競馬予想|過去10年の消去法データで検証しました

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年12月12日(土)中京競馬場で行われる中日新聞杯2020の消去データです。芝2000mAコースで行われます。距離とハンデ戦は継続されるものの、12月⇒3月が2012年、3月⇒12月が2017年と時期が定着しません。その分紛れも多く波乱になり易いんですが、今年も難解な混戦模様です。

チャンピオンズカップ2020競馬予想|クリソベリルの連勝はどこまで続くのか!?

競馬予想 重賞予想
チャンピオンズC2020キャッチ

2020年12月6日(日)中京競馬場で行われるチャンピオンズカップ2020の予想です。ダート1800mで行われます。先週は3冠馬3頭の対決で盛り上がりましたが、コチラもG1馬8頭が集い、最強ダート王決定戦に相応しいメンバーとなりました。本命はクリソライトですが、穴はアノ馬に期待します。

ステイヤーズステークス2020競馬予想|過去10年の消去法データで検証しました

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年12月5日(土)中山競馬場で行われるステイヤーズステークス2020の消去データです。芝3600mAコース内回りで行われます。中山開催となると急に師走を感じますが、今年も多くのスタミナ自慢が登録してきました。過去10年の消去法データで検証してます。

チャレンジカップ2020競馬予想|過去10年の消去法データで検証しました

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年12月5日(土)阪神競馬場で行われるチャレンジカップ2020の消去データです。芝2000mAコース内回りで行われます。この時期の阪神開催に定着して9年目ですが、1800mハンデ⇒2000m別定が2017年からで4年目と、中々条件が定着しません。3歳馬の“チャレンジ”がし易いようにっとの事ですが、今年は無敗馬の挑戦で盛り上がります。

ジャパンカップ2020競馬予想|3強で決まるのか!?

競馬予想 重賞予想
ジャパンカップ2020キャッチ

2020年11月29日(日)東京競馬場で行われるジャパンカップ2020の予想です。芝2400mCコースで行われます。ココが引退レースになるアーモンドアイは2年前の3冠牝馬、今年はコントレイル・デアリングタクトと2頭が無敗の3冠牝馬で、もう2度と観れないような豪華競演です。一般的な指標なら1頭が飛ぶ確率が高い訳ですが、やっぱり勝つのはアノ馬かなぁ~っと思ってます。

京阪杯2020競馬予想|一発逆転ファイナルですネw

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年11月29日(日)阪神競馬場で行われる京阪杯2020の消去データです。芝1200mAコース内回りで行われます。今年は阪神開催で、どこまでデータが当てはまるか分かりませんが、例年は大荒れの重賞でして、2018年は50万、2017年には160万、2014年からは200万⇒40万⇒70万っと、とにかくデタラメの波乱が続いてます。ジャパンカップの後座として定着してますが、まさに高知競馬さながらの『一発逆転ファイナル』になりますw。

ページの先頭へ