「消去法データ」の記事一覧(2 / 33ページ)

有馬記念2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
有馬記念2019キャッチ

2019年12月22日(日)中山競馬場で行われる有馬記念2019の消去データです。芝2500mAコース外回りで行われます。天皇賞秋を1着してから次走が中々決まらなかったアーモンドアイが参戦表明!G1馬11頭の登録(ウインブライトは回避表明)は近年では稀な豪華顔ぶれとなりました。グランプリに相応しい好レースを期待します。

ターコイズステークス2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2019年12月14日(土)中山競馬場で行われるターコイズステークス2019の消去データです。芝1600mAコース外回りで行われます。2015年に牝馬路線の整備で重賞昇格しましたが、OP時代から長く続く名物重賞です。昨年は69万馬券が飛び出すなどハンデ戦らしい荒れ方も魅力ですが、一昨年のミスパンテールはココから重賞3連勝!翌年は連覇達成と飛躍や復活のきっかけになるケースも多く楽しみな一戦です。

朝日杯フューチュリティステークス2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2019年12月15日(日)阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス2019の消去データです。芝1600mAコース外回りで行われます。2014年から阪神開催に移って今回が6回目で、2017年からはホープフルSがG1に昇格して、若干趣は替わりましたが、臨戦等に大きな変化がないことから、過去10年のデータで検証しました。どちらかと言えば、コチラがマイル王決定戦で、ホープフルSが2歳チャンピオンみたいに言われるのが気に入らない1点ではありますがw、近2年も後にG1勝ちを加算した馬も多く、それなりに“格”は維持してますネ。今年も楽しみなメンバーが登録してきました。

阪神ジュベナイルフィリーズ2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2019年12月8日(日)阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ2019の消去データです。芝1600mAコース外回りで行われます。過去10年のデータで検証しました。牡馬戦と比べると牝馬はこの時期の序列が中々変わり難いこともあり、来年のクラシックを占う意味でも重要な一戦になります。楽しみなメンバーが揃いました。

チャンピオンズカップ2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
ダート戦キャッチ

2019年12月1日(日)中京競馬場で行われるチャンピオンズカップ2019の消去データです。ダート1800mで行われます。過去10年のデータで検証しました。主要の前哨戦からは順調に駒を進めてきた印象ですが、昨年の覇者ルヴァンスレーヴは不在で、春秋連覇がかかるインティが不調で混沌としてきたイメージです。オッズも割れそうで、逆に楽しみが増えましたが、今年も荒れそうな予感がしますネ。

ジャパンカップ2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
ジャパンカップ2019キャッチ

2019年11月24日(日)東京競馬場で行われるジャパンカップ2019の消去データです。芝2400mCコースで行われます。過去10年のデータで検証しました。昨年の覇者アーモンドアイが早々に参戦を表明して有力馬が回避⇒アーモンドアイも回避して香港参戦表明⇒出走メンバーとしては若干物足りない印象です。それだけ影響力が馬ですから、陣営も発言には気を配って欲しかったですネ。国内最高賞金のG1として、熱戦を期待します。

東京スポーツ杯2歳ステークス2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2019年11月16日(土)東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳ステークス2019の消去データです。芝1800mCコースで行われます。過去10年のデータで検証しました。2017年はワグネリアンがデビュー3連勝で制し後の日本ダービー馬!2013年のイスラボニータは皐月賞馬ですし、多くのクラシックホースを輩出してきた伝統の2歳重賞です。近年は頭数が揃わない年も増えてきましたが、今年も楽しみなメンバーが揃いました。

マイルチャンピオンシップ2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
マイルチャンピオンシップ2019キャッチ

2019年11月17日(日)京都競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ2019の消去データです。芝1600mCコースで行われます。過去10年のデータで検証しました。古馬マイルG1は春の安田記念と秋はこのマイルCS。この関連性がホント薄いんですょネ。求められる資質が異なるのが最たる要因ですが、今年も再戦上等で6頭が登録してきました。当然3歳馬の挑戦もあり、充実期を迎えた4歳馬の成長も併せて、今年は楽しみなメンバーが揃いました。

エリザベス女王杯2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2019年11月10日(日)京都競馬場で行われるエリザベス女王杯2019の消去データです。芝2200mBコースで行われます。過去10年のデータで検証しました。牝馬限定G1は春が東京マイルで秋がこの京都なんですが、この距離が曲者ですネ。近5年の勝ち馬は全馬ココがG1初制覇でした。2015年のマリアライトと昨年のリスグラシューは後に宝塚記念を勝ちましたが2200m戦で、それ以外で後に勝ち鞍があるのは2014年のラキシス、次年2000m大阪杯(当時G2)を制したのみで、他の2頭は以後未勝利です。とにかく非根幹距離への対応が鍵になります。

アルゼンチン共和国杯2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2019年11月3日(日)東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯2019の消去データです。芝2500mBコースで行われます。過去10年のデータで検証しました。G1に直行した馬も2頭が馬券になってますが、やはりステイヤーズSの前哨戦的意味合いが大きいですネ。直行馬は【6.1.6.39】で複勝率25%と優秀です。オジュウチョウサンの登録もあって、注目度の高い一戦になりました。

ページの先頭へ