「データ」タグの記事一覧

ダービー卿チャレンジトロフィー2020競馬予想|アノ馬の復活があるのか?

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年4月4日(土)中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィー2020の競馬予想です。芝1600mBコース外回りで行われます。G1への主要ステップ戦ではありませんが、2016年ロゴタイプ、2015年モーリスは安田記念直行でG1を制してます。昨年はプリモシーンがヴィクトリアマイル直行で2着しており、ここでの連対馬は要注意です。過去10年のデータで検証しました。

マリーンカップ2020予想(船橋競馬)|地方馬の台頭はあるのか!?

競馬予想 地方競馬
マリーンC2020キャッチ

2020年4月2日(木)船橋競馬場で行われる、マリーンカップ2020の予想です。1600m戦で20:05の発走です。過去3年のデータで検証しました。3週間ぶりの交流重賞になりますが、新型コロナウイルスの猛威は治まらず無観客戦が続きます。色々不便な事も多くて、特に首都圏在住の方は大変だと思いますが、頑張って乗り切るしかないですネ。

大阪杯2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
大阪杯2020キャッチ1

2020年4月5日(日)阪神競馬場で行われる大阪杯2020の消去データです。芝2000mBコースで行われます。2017年にG1昇格して今年が4回目になりますが、毎年好メンバーが揃って一応の成果は出てるかと思います。今年はちょっと事情が複雑ですが、重賞馬が12頭!その内G1馬が5頭で、全馬重賞連対歴があるという、豪華メンバーが揃いました。過去10年の消去データで検証してみました。

日経賞2020競馬予想|スタミナ自慢が集う伝統の長距離戦です

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年3月28日(土)中山競馬場で行われる日経賞2020の競馬予想です。芝2500mAコース内回りで行われます。過去10年、G1への直行馬は2勝2着2頭3着2頭で全馬天皇賞春でした。ただ、長距離戦軽視の趣が強くなった近5年は27頭が出走して全滅してます。今年も当然次を見据えた馬が登録してきましたが、人気が上がってこないようならアノ馬を狙ってみたいと思います。

毎日杯2020競馬予想|出世レースを制するのは!?

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年3月28日(土)阪神競馬場で行われる毎日杯2020の競馬予想です。芝1800mAコース外回りで行われます。一昨年の覇者ブラストワンピースは3歳で有馬記念制覇!2013年のキズナは一戦挟んで日本ダービー馬、敗退組からもキセキやスピルバーグも後にG1馬となった出世レースです。想定オッズでは1強ムード又は3強の構図ですが、穴っぽい所ではアノ馬に期待してみました。

マーチステークス2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
ダート戦キャッチ

2020年3月29日(日)中山競馬場で行われるマーチステークス2020の消去データです。ダート1800mで行われます。昨年は120万馬券も飛び出した波乱のハンデ戦ですが、2017年にも46万が出て、目下3年連続で10万超となってます。今年もいかにも荒れそうなメンバーが揃いましたが、過去10年の消去データを調べてみました。

高松宮記念2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2020年3月29日(日)中京競馬場で行われる高松宮記念2020の消去データです。芝1200mBコースで行われます。1番人気は過去10年3勝と、中々平穏な決着は少ないんですが、それでも昨年の440万馬券にはビックリでした。一昨年はファインニードルが春秋スプリントG1を統一し、昨年の両G1の覇者はともに5歳で今年も登録してきました。今年も楽しみなメンバーが揃いましたが、過去10年のデータで調べてみました。

阪神大賞典2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
阪神大賞典2020キャッチ

2020年3月22日(日)阪神競馬場で行われる阪神大賞典2020の消去データです。芝3000mAコース内回りで行われます。天皇賞春に向けた有力ステップ戦で、直行馬は過去10年で6回10頭が馬券に絡んでます。今年も先を見据えた馬が大挙始動してきますが、上がり馬ボスジラの存在が難しくしてますネw。

スプリングステークス2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2020年3月22日(日)中山競馬場で行われるスプリングステークス2020の消去データです。芝1800mAコース内回りで行われます。皐月賞に向けた有力トライアル戦で、2013年ログタイプ、2018年エポカドーロと2頭の皐月賞馬を輩出してます。弥生賞と陣営の人気が2分しますが、皐月賞とのペースが近くなることが多いコチラの方が直結性が高いとも言われます。今年は重賞馬不在の混戦模様ですが、想定オッズは1強ムードで、配当妙味が高そうなメンバーが揃いました。

ページの先頭へ