「東京競馬場」タグの記事一覧

ジャパンカップ2020競馬予想|3強で決まるのか!?

競馬予想 重賞予想
ジャパンカップ2020キャッチ

2020年11月29日(日)東京競馬場で行われるジャパンカップ2020の予想です。芝2400mCコースで行われます。ココが引退レースになるアーモンドアイは2年前の3冠牝馬、今年はコントレイル・デアリングタクトと2頭が無敗の3冠牝馬で、もう2度と観れないような豪華競演です。一般的な指標なら1頭が飛ぶ確率が高い訳ですが、やっぱり勝つのはアノ馬かなぁ~っと思ってます。

ジャパンカップ2020消去法データ(過去10年)|3冠馬3頭の対決を制するのは!?

消去法データ
芝キャッチ2019

2020年11月29日(日)東京競馬場で行われるジャパンカップ2020の消去データです。芝2400mCコースで行われます。天皇賞秋で芝G1では史上最多の8勝目を挙げたアーモンドアイは引退レース。史上初同一年無敗の3冠馬誕生となったコントレイル・デアリングタクトとの対決が最大の注目になります。過去10年データで検証しました。

東京スポーツ杯2歳ステークス2020競馬予想|ダノンザキッドに【7.6.2.6】の好データ

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年11月23日(月祝)東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳ステークスの予想です。芝1800mCコースで行われます。今年は無敗の3冠馬、2017年のワグネリアンは後のダービー馬など、過去に多くのG1馬を輩出する出世レースです。今年はタイトルの通り、好データに該当した馬がいるので、ココから入ります。

東京スポーツ杯2歳ステークス2020消去法データ(過去10年)|ドゥラヴェルデに【0.0.1.11】危険データ!?

消去法データ
芝キャッチ2019

2020年11月23日(月祝)東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳ステークス2020の消去データです。芝1800mCコースで行われます。昨年の勝ち馬コントレイルは今年無敗の3冠馬、2017年のワグネリアンは後のダービー馬とココから飛躍しましたが、スワーヴリチャードやワンアンドオンリーのように敗退組からもG1馬が出てて出世レースです。過去10年のデータで検証しました。

武蔵野ステークス2020消去法データ(過去10年)|サンライズノヴァに【0.0.1.20】の危険データ!?

消去法データ
ダート戦キャッチ

2020年11月14日(土)東京競馬場で行われる武蔵野ステークス2020の消去データです。ダート1600mで行われます。去年は230万馬券、2017年には170万馬券と、とにかく波乱が続くダート重賞ですが、マイルは交流G1からの“お釣り”で走るか、そこに出れないような馬が万全を期するのか、確かに判断が難しい面もあります。穴っぽい所も結構残ったんで今年も楽しみですネ。

アルゼンチン共和国杯2020競馬予想|悲願のG1へユーキャンスマイル

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年11月8日(日)東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯2020の競馬予想です。近年は休養明けからG1直行の流れが増え、益々G1への直結性が薄れてくるキライがありますが、2016年にはシュヴァルグランがJC3着、2015年にはゴールドアクターが有馬記念1着と実績もあります。本命はG2以下では3連勝中のユーキャンスマイルにしましたが、穴っぽい所ではアノ馬を狙ってみます。

京王杯2歳ステークス2020競馬予想

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年11月7日(土)東京競馬場で行われる京王杯2歳ステークス2020の消去データです。芝1400mBコースで行われます。2歳重賞は一気に増えて頭数が揃わないレースも多いんですが、このレースは今年が56回目と伝統があるG2戦です。去年の勝ち馬タイセイビジョンは次走G1で2着、2018年のファンタジストは後もG2戦2着2回、2017年のタワーオブロンドンは後のG1馬で、勝ち馬はそれなりに出世が約束されます。今年も楽しみなメンバーが揃いました。

アルゼンチン共和国杯2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2020年11月8日(日)東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯2020の消去データです。芝2500mBコースで行われます。2週連続で無敗の3冠馬が誕生した後は、芝G1では史上最多の8勝目が出て、もう記録ラッシュの秋競馬です。今週はG1の谷間ですが、楽しみな4重賞戦と充実してます。

天皇賞秋2020競馬予想|アーモンドアイ史上初の芝G1戦8勝目へ!

競馬予想 重賞予想
天皇賞秋2020キャッチ

2020年11月1日(日)東京競馬場で行われる天皇賞秋2020の競馬予想です。アーモンドアイが勝てば芝のG1では史上最多の8勝目となります。この秋は牡牝ともに無敗の3冠馬が誕生するなど記録ラッシュで、いよいよ大本命登場ですが私も逆らわないことにしました。穴っぽい所ではアノ馬を狙ってますけどネw。

ページの先頭へ