「消去法」タグの記事一覧

中日新聞杯2018【競馬予想】ハンデ戦を獲るための買い方とは

競馬予想 重賞予想
中日新聞杯2018キャッチ

第54回中日新聞杯2018の消去法データです。過去10年の傾向から検証してみました。出走予定(登録)馬は、GⅠ2着があるギベオン、重賞馬のグレイルとメートルダールなど15頭です。昨年から暮れの中京に戻りましたが相応しい荒れ方で、オッズ割れも激しい重賞となっております。今年も、何が来ても不思議ないメンバーが集いましたネ。中日新聞杯は12月8日(土)中京芝2000mAコースで15:35の発走のGⅢです。

阪神ジュベナイルフィリーズ2018【消去法】過去10年データで当てる!

消去法データ
阪神JF2018データキャッチ

第70回阪神ジュベナイルフィリーズ2018のデータ消去法予想です。過去10年の傾向から検証してみました。出走予定(登録)馬は、ファンタジーS勝ちのダノンファンタジー、アルテミスS勝ちのシェーングランツ、牡馬混合のアイビーSを制したクロノジェネシスなど23頭です。牡馬の2歳GⅠはホープフルSの昇格で2分されましたが、牝馬戦はこのレース1本で、当然ながら今後の活躍を約束された出世レースになります。一昨年まで関東馬が3連勝してたんですが、昨年は関西馬のラッキーライラックに栄冠!今年はどうなるんでしょうか?

チャンピオンズカップ2018【消去法】過去10年データで獲る!

消去法データ
チャンピオンズC2018データキャッチ

第19回チャンピオンズカップ2018の消去法データです。過去10年の傾向から検証してみました。出走予定(登録)馬は、GⅠ級連勝中のルヴァンスレーヴ、今年は4戦してオール連対のゴールドドリーム、交流重賞を2連勝中で勢い上位のケイティブレイブなど20頭です。毎年ダート最強王決定戦に相応しい好メンバーが集いますが、ほぼ例外なく波乱の決着で、穴馬ピックアップとともに有力馬の取捨も重要になる一戦です。

ジャパンカップ2018【消去法】過去10年データで獲る!

消去法データ
ジャパンカップ2018キャッチ

第38回ジャパンカップ2018の消去法データです。過去10年の傾向から検証してみました。出走予定(登録)馬は平成最後の3冠馬アーモンドアイ、大阪杯の覇者スワーヴリチャード、復活を期すサトノダイヤモンド、連覇を狙うシュヴァルグランなどなど16頭で、国内組は重賞馬11頭で内GⅠ馬8頭が集う豪華な一戦となりました。穴馬台頭の余地はあるんでしょうか?

JBC 2018 消去法データで全頭解説編

消去法データ
JBC2018キャッチ

11月4日(日)京都競馬場で行われるJBCレディスクラシック、JBCスプリント、JBCクラシックの消去法データです。過去3年の傾向から検証してみました。例年堅い決着が多いですが、昨年のレディスクラシックでは3連単130万馬券が飛び出す大波乱決着!今年は中央競馬開催とあってどこまで当てはまるか未知数です。地方の持ち回りJpaⅠですが、今年はコース相性も重要になってきそうですネ。

菊花賞2018【消去法】ブラストワンピースを消せる【0.0.3.9】のデータ

消去法データ
菊花賞2018データキャッチ

第79回菊花賞2018の消去法データです。過去10年の傾向から検証してみました。出走予定(登録)馬は皐月賞馬エポカドーロ、セントライト記念勝ち馬ジェネラーレウーノ、日本ダービー2番人気支持ブラストワンピースなど20頭です。昨年は3連単50万馬券が飛び出した牡馬クラシック最終戦ですが今年はどうでしょうか?

キーンランドカップ2018【消去法データ】|2頭に絞れた勝ち馬候補

競馬予想 消去法データ
キーンランドC2018データキャッチ

第13回キーンランドカップ2018の消去法データです。過去10年の傾向から検証してみました。サマースプリントシリーズ第5戦目になりますが、既に2勝馬が出ちゃったので大勢が決した感否めないですネ。GⅠスプリンターズSへ中4週と絶好ローテの前哨戦に、レッツゴードンキ、ナックビーナス、ダノンスマッシュなど好メンバーが揃いました。

中京記念2018【データ】|出走予定馬と消去法編【過去6年】

競馬予想 消去法データ

第66回中京記念2018の消去法データです。夏競馬に移行されて7回目になりますが、以後はサマーマイルシリーズ開幕戦として定着しております。昨年は比較的平穏でしたが、もう20万・30万では驚けない万馬券が飛び出す波乱ハンデ重賞となっております。連覇を狙うウインガニオンが人気を集めそうですがどうでしょうか?そんなGⅢハンデ中京記念を、過去6年の傾向から検証してみました。(データは夏競馬移行後の2012年以降)

宝塚記念2018【データ】|出走予定馬と消去法編【過去10年】

競馬予想 消去法データ
宝塚記念2018データキャッチ

第59回宝塚記念2018の消去法データです。今年はファン投票上位馬が軒並み回避する中、香港のワーザーが登録してきました。それにしても牝馬が好相性なレースでして、目下5年連続馬券圏内馬を輩出中です。今年の登録は2頭ですネ。そんなグランプリGⅠ宝塚記念を、過去10年の傾向から検証してみました。

ページの先頭へ