「競馬予想」タグの記事一覧

【競馬場で現地観戦】全レース購入して勝ちたい人に捧げる馬券術

競馬で勝つための方法
全R買ってプラス収支キャッチ

競馬場に行くとつい全レースに手を出して買ってします。それでも勝って帰りたい。そんな"わがまま競馬”を試みるあなたにに読んで欲しい記事です。自分のことを棚に上げて、少々辛口で解説しております。その辺りを考慮して頂いた上で、あなたの馬券力向上にお役立てでき、この記事が参考になれば私もとても嬉しいです。

エリザベス女王杯2018【競馬予想】GⅠ4連勝中ルメール騎手を止めるのは誰だ?

競馬予想 重賞予想
エリザベス女王杯2018キャッチ

第43回エリザベス女王杯2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。牝馬限定で3歳馬も出走出来る唯一のGⅠ戦で、その力関係は重要になる一戦です。今年は牝馬3冠馬がジャパンカップ参戦で不在とあって混戦ムードですが、古馬が存在を示すことが出来るでしょうか……。エリザベス女王杯は11月11日(日)京都競馬場 芝2200mBコースで開催のG戦、発走時刻は15:40です。

福島記念2018【競馬予想】今年も荒れるぞ!波乱のハンデ重賞戦

競馬予想 重賞予想
福島記念2018キャッチ

第54回福島記念2018の競馬予想データです。過去10年の傾向から検証してみました。昨年は10番人気ヒストリカルが3着して3連複万馬券で、一昨年は7番人気マルターズアポジーが逃げ切り3連単3万馬券!過去10年で4回も20万超の万馬券が飛び出る大波乱重賞です。今年も混戦模様で荒れそうな気配を物凄い醸し出してますが、どんな結果になるんでしょうか……。

デイリー杯2歳ステークス2018【競馬予想】2頭に絞れた過去10年データ

競馬予想 重賞予想
デイリー杯2歳S2018キャッチ

第53回デイリー杯2歳ステークス2018の競馬予想データです。過去10年の傾向から検証してみました。昨年3着のケイアイノーテックは後にNHKマイルCを制覇!一昨年3着サングレーザーは後に重賞3勝を挙げ先日の天皇賞秋でも2着健闘!2015年3着ノーブルマーズは後に長距離重賞で勝ち負けを繰り返しており、3着馬の今後に要注意(!?)な一戦です。今年も少頭数戦になりましたが、近2年は10頭以下戦で3連単万馬券が出ており波乱傾向の強い重賞戦です。

メルボルンカップ2018(海外競馬)予想|日本からはチェスナットコートが挑戦します

競馬予想 地方競馬
メルボルンC2018キャッチ

オーストラリアのフレミントン競馬場で行われるメルボルンカップ(GⅠ)2018の予想です。11月6日(火)、芝3200m、13:00発走(日本時間)発走となっております。日本馬からはチェスナットコートが出走します。前哨戦的位置づけのコーフィールドCは同じ日本からソールインパクトとともに出走するも久々の実績もあってか大敗……。ココは巻き返しに注目したいところですが、今回はギャンブル視点でアノ馬を狙ってみたいと思います。

JBC 2018【競馬予想】|スプリント・クラシック・レディスの順です

競馬予想 重賞予想
JBC2018キャッチ

2018年11月4日(日)京都競馬場で行われるJBCスプリント、JBCクラシック、JBCレディスクラシックの競馬予想データです。「京都、そしてその先へ。」のタイトル通り、来年の浦和開催以降を見据えた人気度UPの為、今年は例外的に中央開催となりました。10RがJBCスプリントで15:00、11RがJBCクラシックで15:40、最終12RがJBCレディスクラシックで16:25の発走となっております。

アルゼンチン共和国杯2018【競馬予想】ハンデ長距離戦特有の配当ゾーン

競馬予想 重賞予想
アルゼンチン共和国杯2018キャッチ

第56回アルゼンチン共和国杯2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。昨年は3歳スワーヴリチャードがダービー2着からの始動戦を断然人気で制し、翌年の大阪杯でGⅠ初制覇!それでいて3連単は万馬券決着となりました。一方で2009年には90万馬券が飛び出す大波乱決着もあり、ハンデ戦に相応しい買い方が望まれる一戦です。狙うべきゾーンを絞ってアノ馬を狙ってみたいと思います。

ファンタジーステークス2018【競馬予想】今年も来るぞ!高配使者の共通脚質

競馬予想 重賞予想
ファンタジーS2018キャッチ

第23回ファンタジーステークス2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。阪神ジュべナイルフィリーズの前哨戦的位置づけですが、本番は1勝3連対と苦戦傾向です。2013年勝ち馬ベルカントは後にアイビスSDを連覇するなど、今後短距離で活躍する馬を多く輩出する一方、2016年3着のディアドラは後に秋華賞など、適正以前に能力や完成度が求められる一戦であります。そして毎年のように穴馬台頭があるんですが、今年はどんな結果になるんでしょうか?

京王杯2歳ステークス2018【競馬予想】少頭数戦は堅くない理由

競馬予想 重賞予想
京王杯2歳S2018キャッチ

第54回京王杯2歳ステークス2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。以前は大波乱の象徴のようなレースでしたが、近年は人気サイドの決着が増えてきました。昨年のタワーオブロンドンはココを勝って朝日杯FS3着。一昨年モンドキャンノもココを勝って本番を2着と直結性も高く、要注目の一戦ですネ。

ページの先頭へ