「船橋競馬場」タグの記事一覧

かしわ記念2020予想(船橋競馬)|久々ルヴァンスレーヴの取捨は!?

競馬予想 地方競馬
かしわ記念2020キャッチ

2020年5月5日(火)船橋競馬場で行われる、かしわ記念2020の予想です。1600m戦で16:05の発走です。過去3年のデータで検証しました。今年は“ステイホーム週間”ですが、例年ならゴールデンウイークで、もう交流重賞の連戦も恒例になってきました。このレースが唯一のJpn1ですが、中央のG1が2つしかなくて、その上時期が冬期に被ってることから、地方に矛先を向ける有力馬が例年多く参戦します。今年も楽しみなメンバーが揃いましたが、穴っぽい所でアノ馬を狙ってみました。

マリーンカップ2020予想(船橋競馬)|地方馬の台頭はあるのか!?

競馬予想 地方競馬
マリーンC2020キャッチ

2020年4月2日(木)船橋競馬場で行われる、マリーンカップ2020の予想です。1600m戦で20:05の発走です。過去3年のデータで検証しました。3週間ぶりの交流重賞になりますが、新型コロナウイルスの猛威は治まらず無観客戦が続きます。色々不便な事も多くて、特に首都圏在住の方は大変だと思いますが、頑張って乗り切るしかないですネ。

ダイオライト記念2020予想(船橋競馬)|アノ地方馬はどうだ!?

競馬予想 地方競馬
ダイオライト記念2020キャッチ

2020年3月11日(水)船橋競馬場で行われる、ダイオライト記念2020の予想です。2400m戦で20:05の発走です。過去3年のデータで検証しました。稀少な長距離戦ゆえ陣営の人気も高いんですが、より力差が出易い側面もあり、目下1番人気馬が4連勝中です。2018年は3連単350円なんて決着もある中、2017年には地方馬ウマノジョーが3着して万馬券を演出しており、隙をみて穴も狙いたいレースです。今年はアノ地方馬を狙ってみます。

船橋記念2020予想(船橋競馬)|毎年荒れる重賞ですが今年は!?

競馬予想 地方競馬
船橋記念2020キャッチ

2020年1月8日(水)船橋競馬場で行われる、船橋記念2020の予想です。1000m戦で19:15の発走です。過去3年のデータで検証しました。1番人気は3連勝中ですが、毎年4番人気以下から2頭馬券に絡む波乱重賞です。3連単は3年連続万馬券で、一昨年は4万馬券も飛び出しましたが、今年はアノ馬を狙ってみたいと思います。

クイーン賞2019予想(船橋競馬)|唯一残った勝ち馬候補からの馬券

競馬予想 地方競馬
ダート戦キャッチ

2019年12月11日(水)船橋競馬場で行われる、クイーン賞2019の予想です。1800m戦で20:05の発走です。過去3年のデータで検証しました。JBCレディスクラシック組が主力ですが、G1で足りるような馬は別に目標を立てるケースが多いのか、狙いは敗退馬の巻き返しになります。今年はデータで1頭しか残りませんでしたが、あの馬を狙ってみたいと思います。

習志野きらっとスプリント2019予想|展開に注目ならアノ穴馬!

競馬予想 地方競馬
習志野きらっとスプリント2019キャッチ

2019年7月17日(水)船橋競馬場で行われる、習志野きらっとスプリント2019の予想です。1200m戦で20:10の発走です。過去3年のデータで検証しました。3連単は3年連続万馬券と一筋縄ではいかない波乱重賞ですが、今年も混戦に相応しいメンバーが揃った印象です。

京成盃グランドマイラーズ(船橋競馬)2019予想|外枠優勢なデータを活かせるか?

競馬予想 地方競馬
京成盃グランドマイラーズ2019キャッチ

2019年6月19日(水)船橋競馬場で行われる、京成盃グランドマイラーズ2019の予想です。1600m戦で20:10の発走です。過去3年のデータで検証しました。3年連続で1番人気が飛んで3連単はオール万馬券決着と波乱傾向ですが、特に外枠から穴をあけるケースが目立ち今年も要注意です。そんな訳で、アノ馬を狙ってみました。

東京湾カップ(船橋競馬)2019予想|今年は絞れた!この3頭!

競馬予想 地方競馬
東京湾C2019キャッチ

2019年5月8日(水)船橋競馬場で行われる、東京湾カップ2019の予想です。1700m戦で20:10の発走です。過去3年のデータで検証しました。1番人気が不振で、近2年は2桁人気馬が台頭している波乱レースですが、今年は絞れたメリットを活かしたいレースとなりました。

かしわ記念(船橋競馬)2019予想|高配の使者みつけました!

競馬予想 地方競馬
かしわ記念2019キャッチ

2019年5月6日(月祝)船橋競馬場で行われる、かしわ記念2019の予想です。1600m戦で16:05の発走です。過去3年のデータで検証しました。1番人気が中々勝てないレースで、昨年は3万馬券が飛び出す波乱重賞ですが、今年も混沌としたメンバーで波乱も視野に入れておきたいところであります。

ページの先頭へ