「阪神競馬場」タグの記事一覧

アンタレスステークス2019競馬予想|穴馬の条件をクリアしたのはアノ馬!

競馬予想 重賞予想
アンタレスS2019キャッチ

2019年4月14日(日)阪神競馬場で行われるアンタレスステークス2019の競馬予想です。ダート1800mで行われます。過去10年の消去法データで検証しました。古馬戦はそうでなくても番組が少ない春競馬ですが、ダートの中距離となると尚更限られてきまして、各陣営ココを目標に仕上げてきてるのか、例年比較的堅い決着が多い印象です。ココから平安Sを使って帝王賞が自然な流れですが、今年は混戦っぽいメンバーが集いましたが、アノ馬を狙ってみたいと思います。

アーリントンカップ2019競馬予想|大穴狙いもアリじゃない?

競馬予想 重賞予想
アーリントンC2019キャッチ

2019年4月13日(土)阪神競馬場で行われるアーリントンカップ2019の競馬予想です。芝1600mBコース外回りで行われます。過去10年の消去法データで検証しました。2月開催から移行されたのが昨年で、実質的に別のレースになっちゃいましたが、昨年はデータ通りのワンツー決着で、レース質としては大きな変化ではない印象です。今後はNHKマイルCの有力ステップになることは間違いないでしょうが、今年も楽しみなメンバーが揃いました。

阪神牝馬ステークス2019競馬予想|人気でもこの馬で仕方ない!?

競馬予想 重賞予想
阪神牝馬S2019キャッチ

2019年4月6日(土)阪神競馬場で行われる阪神牝馬ステークス2019の競馬予想です。芝1600mBコース外回りで行われます。過去10年の消去法データで検証しました。1400m戦から1F延長されて4年目になりますが、結構実力がそのまま反映される結果が増えた印象です。個人的には歓迎なんですが、波乱は少なくなったか……。それでも昨年は馬連万馬券が飛び出してまして、今年も荒れてよさそうな混戦メンバーが揃ったと思います。

桜花賞2019【枠順確定】全頭解説編

確定した枠順と単勝オッズ
桜花賞2019キャッチ

第79回桜花賞2019の枠順が確定しました。1番人気が想定されるダノンファンタジーは7枠15番、そのダイノンに先着歴があるグランアレグリアは4枠8番、デビュー以来オール連対の安定株クロノジェネシスは2枠4番などとなっています。ここでは、枠順確定後の全頭馬解説と、桜花賞過去10年のデータを中心に枠番別成績と払戻金の傾向を調べてみました。

桜花賞2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
桜花賞2019キャッチ

2019年4月7日(日)阪神競馬場で行われる桜花賞2019の消去法データです。過去10年で検証しました。芝1600mBコース外回りで行われます。いよいよクラシックの開幕で一気に春を感じます。1番人気が【3.2.1.4】と微妙な成績で、2013年には60万馬券も飛び出すなど波乱傾向も強い一戦ですが、2年連続3冠馬誕生となるんでしょうか?

大阪杯2019消去法データ

消去法データ
大阪杯2019キャッチ

2019年3月31日(日)阪神競馬場で行われる大阪杯2019の消去法データです。過去10年で検証しました。芝2000mBコースで行われます。G1に昇格して3年目ですが、もう違和感ないですネ。元々春の古馬G1は番組が手薄で、私としてはもっと充実しても良いと思ってるくらいです。昨年のダービー馬ワグネリアンはどんな復帰戦になるんでしょうか?今年も楽しみなメンバーが揃いました。

毎日杯2019競馬予想|人気落ちで狙いたいアノ馬とは

競馬予想 重賞予想
毎日杯2019キャッチ

2019年3月23日(土)阪神競馬場で行われる毎日杯2019の競馬予想です。芝1800mAコース外回りで行われます。過去10年の消去法データで検証しました。クラシックのトライアルではありませんが、賞金加算で出走を目論む陣営としては実質ラストチャンスになります。2017年はアルアインがココと皐月賞を連勝!2013年キズナはココから3連勝で日本ダービー制覇など出世レースの趣も感じます。今年も多種多様な臨戦からメンバーが集まりました。

阪神大賞典2019競馬予想|1頭に絞れた勝ち馬候補のデータと前走

競馬予想 重賞予想
阪神大賞典2019キャッチ

2019年3月17日(日)阪神競馬場で行われる阪神大賞典2019の競馬予想です。3000mAコース内回りで行われます。過去10年の消去法データで検証しました。天皇賞春の前哨戦として長く定着してる伝統の一戦ですが、年々メンバーも小粒になり、しかも頭数も揃い難くなりました。加えて今年は全馬6歳以上の“老け戦”となり、有馬記念からの直行は1頭のみ!何もかもが過去のイメージとは異なり、データがどこまで当てはまるかは疑問ですが、混戦ゆえの面白さにも期待したいところであります。

ページの先頭へ