「阪神競馬場」タグの記事一覧

シリウスステークス2019競馬予想|大物感いっぱいのアノ馬はどうだ!?

競馬予想 重賞予想
シリウスS2019キャッチ

2019年9月28日(土)阪神競馬場で行われるシリウスステークス2019の予想です。関西古馬にとっては、ココから一戦挟んでG1チャンピオンズCが王道路線になります。ダートは地方交流路線馬も居たりで、芝より路線が多岐に渡りますが、ココはアノ馬を狙ってみたいと思います。

シリウスステークス2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
シリウスS2019キャッチ

2019年9月28日(土)阪神競馬場で行われるシリウスステークス2019の消去データです。ダート2000mで行われます。ココから一戦挟んでG1っというのがダート中距離関西古馬の王道路線ですが、 これが過去10年【0.2.2.13】と未勝利です。それでも穴っぽいところが多くて、ベタ買いでも複回収値115となってます。ハンデ戦にしては堅い決着が多い印象ですが、一昨年には46万馬券も飛び出しており、積極的に狙ってみたいですネ。

神戸新聞杯2019競馬予想|穴馬の共通点みつけました♪

競馬予想 重賞予想
神戸新聞杯2019キャッチ

2019年9月22日(日)阪神競馬場で行われる神戸新聞杯2019の予想です。G1菊花賞への超重要トライアル戦で、特に賞金的に出走が確定してる馬は本番を見据えた競馬になります。それゆえスロー濃厚で、今年は特に天気も心配ですネ。そんな訳で、積極的に今年はアノ馬を狙ってみたいと思います。

神戸新聞杯2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
神戸新聞杯2019キャッチ

2019年9月22日(日)阪神競馬場で行われる神戸新聞杯2019の消去データです。芝2400mBコース外回りで行われます。菊花賞への王道トライアルで、もう多く語る必要もないでしょうが、ここからの直行馬は過去10年毎年馬券に絡み【7.6.4.49】となっております。夏の上り馬との力差の比較が最大の焦点ですが、春の実績馬が順調に成長してるかも大きく関係してて、今年も楽しみなメンバーが揃いました。

ローズステークス2019競馬予想|高配の使者はアノ上り馬!

競馬予想 重賞予想
ローズS2019キャッチ

2019年9月15日(日)阪神競馬場で行われるローズステークス2019の予想です。G1秋華賞への王道トライアル戦で、本来ならいよいよ秋本番!っといったところですが、まだまだ暑い日が続きます。私は来週、阪神競馬場で現地観戦なんですが、暑さ対策はまだまだ必要でしょうネ。そんな暑さを吹っ飛ばすような好レースを期待したいとことですが、今年のローズS、アノ上り馬はどうでしょうか?

野路菊ステークス2019競馬予想|出世レースを制する条件とは

競馬予想 重賞以外の競馬予想
野路菊S2019キャッチ

2019年9月14日(土)阪神競馬場で行われる野路菊ステークス2019の競馬予想です。芝1800mAコース外回りで行われます。過去10年の消去法データで検証しました。過去には多くの重賞馬を輩出した出世レースです。今年は少頭数になりましたが、ココは馬券券種で立ち回りたいと思います。

ローズステークス2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
ローズS2019キャッチ

2019年9月15日(日)阪神競馬場で行われるローズステークス2019の消去データです。芝1800mAコース内回りで行われます。秋華賞への王道トライアル戦で、過去10年ではココから5勝、2着7頭を輩出中であります。牝馬は序列が変わり難いと言われ、堅い決着が多いイメージですが、目下3年連続で10万馬券が飛び出すなど、波乱傾向が強くなっております。ちょっと振り回してみるのも面白そうです。

セントウルステークス2019競馬予想|復活の舞台は整ったアノ穴馬!

競馬予想 重賞予想
セントウルS2019キャッチ

2019年9月8日(日)阪神競馬場で行われるセントウルステークス2019の予想です。サマースプリントシリーズ最終戦の位置づけですが、月末に控えたG1スプリンターズステークスへ中2週と強力ステップ戦になります。ココからの直行馬は好相性なんですが、本番で馬券に絡む馬の大半はココでも連対しており、"G1級”の馬を探す作業もまた楽しいものです。今回は復活に期待してアノ馬を狙ってみました。

セントウルステークス2019消去法データ(過去10年)

消去法データ
セントウルS2019キャッチ

2019年9月8日(日)阪神競馬場で行われるセントウルステークス2019の消去データです。芝1200mAコース内回りで行われます。サマースプリントシリーズ最終戦の位置づけですが、G1スプリンターズSへ直結性も高く、有力なステップ戦となります。過去10年はココからの直行が5勝9連対で、このうち半数以上の5頭がココを連対してからの臨戦であります。比較的堅い決着も多いんですが、2015年には3連単40万馬券も飛び出しており、隙をみて穴を狙いたいところであります。

ページの先頭へ