第65回京都新聞杯2017の競馬予想です。この記事では、通常【消去法データ編】【枠順と単勝オッズ編】【最終予想】の3つに分けて考察しております京都新聞杯の予想を1つの記事で行っております。

2017年5月6日(土)京都芝2200m、GⅡ 3歳 馬齢 Cコース 外回りで行われます。登録18頭に対しフルゲート割れ12頭戦となった今年の京都新聞杯は15:35発走となっております。

<PR>

3月に18万馬券の三連単を当て、4月桜花賞で9万馬券を90点で当てた

「 完全無料の老舗サイト ウマセン 」から、

  • 5/6(土) 京都11R京都新聞杯(GⅡ)
  • 5/7(日) 新潟11R新潟大賞典(GⅢ)
  • 5/7(日) 東京11RNHKマイルカップ(GⅠ)
  • この3つの重賞予想はレース前日にサイト内で一挙公開!その他、特別戦を含む20レースも特別無料予想!!

    「 完全無料の老舗サイト ウマセン 」

    公式サイトはこちら

    消去法データ

    データは過去10年です

    減点A 未勝利戦組

    a 前走未勝利戦使用馬は【0.0.2.35】で、近2走ともとなると【0.0.1.29】

  • ハギノアレス
  • ヘリファルテ(回避)
  • b 2走前の未勝利戦を4着以下馬は【0.0.0.19】

  • ウインベラシアス
  • ユキノタイガ
  • 減点B キャリア過多組

    キャリア8戦以上馬は【2.1.0.21】でこのうち、

    a 前走6番人気以下馬は【0.0.0.10】

  • マイネルユニブラン(回避)
  • b キャリア9戦以上馬は【0.0.0.15】

  • マイネルラプティス(回避)
  • メルヴィンカズマ
  • 減点C ダート路線組

    a 前走ダート戦使用馬は【0.0.0.17】

  • カケルテソーロ
  • ロッキーバローズ(回避)
  • 減点D 休養馬

    a 中9週以上馬は【0.1.1.12】と未勝利でこのうち、前走非重賞戦使用馬は【0.0.0.10】

  • サトノクロニクル
  • サトノリュウガ
  • ダノンディスタンス
  • 減点E 条件戦組

    a 近2走とも条件戦使用馬は【4.3.1.19】でこのうち、ともに3着以下馬は【0.0.0.7】

  • ロードアルバータ(回避)
  • b 近2走、『未勝利⇒条件戦』のローテ馬は【1.0.2.14】でこのうち、前走3着以下馬は【0.0.0.7】

  • ゴールドハット
  • 消去法選定作業を終えて

    フルゲート18頭に対し18頭の登録です。トライアルではないものの日本ダービーの実質最終で、一昨年はサトノラーゼンがココっから本番を2着、2013年は有名過ぎますがキズナがココと本番も連勝したのは記憶に新しいかと思います。

    1番人気は【3.1.2.4】で平均よりはやや下回るイメージです。飛んだ4頭中レッドデイヴィスを除く3頭は重賞初超戦でそれなりに不安もあって、そのレッドデイヴィスは条件戦を1位入線降着なんかもあってキャリア過多気味……。セン馬でもあってクラシックに影響ないところを使われたローテも懸念されてました。今年はインヴィクタが濃厚ですが、キャリア4戦以下馬は過去10年【0.1.5.50】と未勝利でどこまで?の1頭です。

    着候補 消去項目入り枠順表

    第65回京都新聞杯 GⅡ
    馬番 着候補 競走馬名 減点項目
    -着候補 カケルテソーロ  減点Ca
    2 -着候補 ダノンディスタンス  減点Da
    3 -着候補 サトノクロニクル  減点Da
    4 1着候補 インヴィクタ  減点なし
    5 -着候補 サトノリュウガ  減点Da
    6 -着候補 ゴールドハット  減点Eb
    7 3着候補 ハギノアレス  減点Aa
    8 1着候補 ミッキースワロー  減点なし
    9 -着候補 メルヴィンカズマ  減点Bb
    10 -着候補 ユキノタイガ  減点Ab
    11 1着候補 プラチナムバレット  減点なし
    12 -着候補 ウインベラシアス  減点Ab

    回避馬

  • ガンサリュート
  • ヘリファルテ
  • マイネルユニブラン
  • マイネルラプティス
  • ロードアルバータ
  • ロッキーバローズ
  • 展開と予想はコチラ

    大外になってしまいましたが逃げるのはウインベラシアス。自分の競馬に徹するだけかと思います。他は好位主張が理想ですが、逆に行ききれなかった場合が難しくなります。最内カケルテソーロは鞍上変更で逃げるイメージもなく、その鞍上に判断を委ねられる前提ならプラチナムバレット辺りが行くのかもしれません……。

    そんな訳で本命はインヴィクタにしました。前述の通りキャリア4戦以下馬は【0.1.5.50】と未勝利なんですが、内枠有利なコース形態に着候補馬中最内を引いた幸運から抜擢したいと思います。

    若葉S3着で権利が取れずキッパリと皐月賞を諦めたローテは好感で、一つ上の姉クィーンズベストも勝ち味には遅いものの堅実な走りが踏襲されてれば面白い存在かと思います。

    プラチナムバレット。内を引いてたらコチラからの予定でした。姉スマートレイアーは秋華賞や京都記念2着もあり京都は好相性です。毎日杯は4着ですがチョット離されてて、それでも皐月賞馬を輩出したりで高レベルだった可能性もあります。前目で競馬出来るメリットも大きく逆転候補の1頭でもあります。

    ▲はミッキースワロー。乗り鞍は少ないですが今年6勝を挙げ勝率10%近い期待の2年目菊沢騎手が騎乗します。その辺りも加味し、1着候補馬中最下位の評価に至りましたが、全戦で上り最速、で早くなっても時計がかかっても結果を出している器用さも魅力の一つです。

    △はハギノアレス。近2走とも未勝利戦使用馬は【0.0.1.29】。指標に従い軽視方向でしたが、この馬しか残らず4番手評価としました。使い詰めの感もありますし、ココでは少々厳しそうです。

    ✕はゴールドハット。減点順ならこの馬になります。名手武豊騎手は過去10年【2.2.0.4】で、確かに人気馬も多いんですが実績は素直に評価したいところです。この名手、京都芝2200mは勝率21.9%で平均以上のパフォーマンスなんですが、このうち3歳重賞となると【8.4.1.19】で勝率25.0%・複勝率40.6%と脅威のアベレージとなっております。

    ☆はダノンディスタンス。京都2歳Sが2枠発走で案外だったのは気になりますが、2000mは中枠有利に対し、2200mは圧倒的内枠有利なのを踏まえてどこまで?の1頭です。

    注はサトノクロニクル。兄サトノラーゼンはココを制しダービーでも2着して良血です。この類は人気先行型が多く個人的には嫌って入る事が多いんですが、デビュー以来3戦して異なる条件を相手なりに好走している実績は好評価です。

    印はこのようになりました

    ◎ 4 インヴィクタ

    〇 11 プラチナムバレット

    ▲ 8 ミッキースワロー

    △ 7 ハギノアレス

    ✕ 6 ゴールドハット

    ☆ 2 ダノンディスタンス

    注 3 サトノクロニクル

    馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    11:33追記

    ワイドBOX 4・7・8・11 各100(6点)

    3連複BOX 4・7・8・11 各100(4点)

     

    以上、京都新聞杯の予想を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    <PR>【予想代0円の完全無料!3連単90点で桜花賞的中!青葉賞・天皇賞春も完全無料!】

    【ウマセン】300x250

    桜花賞GⅠで穴馬的中、90点で3連単を取った「完全無料サイト ウマセン」が、

  • 5/6(土) 京都11R京都新聞杯(GⅡ)
  • 5/7(日) 新潟11R新潟大賞典(GⅢ)
  • 5/7(日) 東京11RNHKマイルカップ(GⅠ)
  • のデータ、買い目、穴馬を一挙公開する!

    「完全無料サイト ウマセン」

    お申し込みはこちら

    4月22日(土)の福島牝馬S(GⅢ)も4月23日(日)のマイラーズC(GⅡ)も3連単90点で的中しプラス収支達成!完全無料予想

    無料予想で9万馬券的中の桜花賞!ここの無料予想は的確な指摘をだしてくれる

    ========================

    ■3連単フォーメーション90点 1点100円 合計9,000円

    穴予想買い目

  • 10.12
  • 6.12.15.18.10.14.16
  • 6.12.15.18.10.14.16
  • ========================

    結果:10-6-4 3連単的中

    予想の公開情報はこれです。

    =========================

    桜花賞予想

  • 本命14番ソウルスターリング
  • 対抗15番アドマイヤミヤビ
  • 単穴6番リスグラシュー
  • 紐16番ミスパンテール
  • 紐18番カワキタエンカ
  • 紐12番アエロリット
  • 紐10番レーヌミノル
  • 解説

    本命ソウルスターリング

    2走前の阪神JF、前哨戦のチューリップ賞を含む、デビューから無傷の4連勝中と、父フランケル譲りの怪物ぶりを発揮している当馬。前走後は馬体もすぐに回復し、ケイコでは軽快な動きを披露しており、休み明けを叩いた上積みも十分です。血統的に力のいる馬場も克服可能で、史上7頭目の無敗での桜花賞制覇が濃厚です。

    単穴リスグラシュー

    前走のチューリップ賞は休み明けが影響し、ラストの伸びが今一つながら、0秒4差の3着に入っています。久々を一叩きした上積みが見込め、中間の食欲も旺盛でしっかりケイコを積み、最終追い切りでは併せた馬に0秒9先着しています。仕上がりは前走以上ですので、桜花賞でも上位争いが期待出来ます。

    穴レーヌミノル

    前走のフィリーズレビューでは、勝ち馬の決め手に屈しましたが、0秒1差の2着に好走しています。1Fの距離延長は守備範囲内で、3走前にはマイル戦の阪神JFで3着も実績もあります。追い切りでは2週連続でジョッキーが跨り、好時計を記録しています。仕上がりは上々で、上位争いも十分狙えます。

    =========================

    これが、完全無料サイトを2008年から運営!今年で10年目を迎える、「完全無料サイト ウマセン」です!

    お申し込みはこちら

  • 5/6(土) 京都11R京都新聞杯(GⅡ)
  • 5/7(日) 新潟11R新潟大賞典(GⅢ)
  • 5/7(日) 東京11RNHKマイルカップ(GⅠ)
  • この3つの重賞予想はレース前日にサイト内で一挙公開!その他、特別戦を含む20レースも特別無料予想

    このタダでもらえる情報は、今後の競馬予想で必ずあなたの助けになってくれるはずです

    「完全無料サイト ウマセン」

    お申し込みはこちら