2018年1月28日(日)東京競馬場で行われる根岸ステークス2018の競馬予想です。過去の傾向データをまとめた《消去法データ》を中心にして、根岸ステークス2018の予想を組み立てていきます。根岸ステークスは、4歳上 別定 東京ダート1400Mで行われるGⅢ戦です。ココでは、過去10年の根岸ステークスを検証してみました。

<PR>

ホースメン会議:根岸S300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想

フェブラリーS当日の2/18まで無料

しかも今週限定で根岸Sの重賞情報も無料で特別公開

→1日1鞍の渾身予想を見る方法←

ホースメン会議:根岸S490_160

出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  -着候補 アキトクレッセント 減点Db
  •  -着候補 イーデンホール 減点Da
  •  1着候補 カフジテイク 減点なし
  •  3着候補 キングズガード 減点Cb
  •  1着候補 サイタスリーレッド 減点なし
  •  1着候補 サンライズノヴァ 減点なし
  •  -着候補 ニシケンモノノフ 減点Ca
  •  -着候補 ノボバカラ 減点Aa
  •  3着候補 ノンコノユメ 減点Ea
  •  -着候補 ヒカリブランデー 減点Aa
  •  -着候補 ブラゾンドゥリス 減点Da
  •  -着候補 ブルドッグボス 減点Ba
  •  3着候補 ベストウォーリア 減点Cc
  •  -着候補 マッチレスヒーロー 減点Ab
  •  -着候補 モンドクラッセ 減点Aa
  •  -着候補 ラブバレット 減点Ba
  • 消去法データ

    減点A 距離延長組

    前走1200m以下戦出走組は【1.4.1.51】と芳しくありませんがこのうち、

    a 前走4着以下馬は【0.0.0.33】

  • ノボバカラ
  • ヒカリブランデー
  • モンドクラッセ
  • b 前走非重賞戦敗退馬は【0.0.0.20】

  • マッチレスヒーロー
  • 減点B 地方馬

    a 地方馬は【0.0.0.9】

  • ブルドッグボス
  • ラブバレット
  • 減点C 高齢馬

    7歳以上馬は【1.2.5.61】と厳しいデータですがこのうち、

    a 斤量2キロ以上増馬は【0.0.0.5】

  • ニシケンモノノフ
  • b 前走10番人気以下馬は【0.0.1.15】

  • キングズガード
  • c 前走GⅢ以下6着以下馬は【0.0.2.22】

  • ベストウォーリア
  • 減点D 非重賞戦組

    前走非重賞戦組は【3.6.5.62】と健闘しておりますがこのうち、

    a 前走10番人気以下馬は【0.0.0.7】

  • イーデンホール
  • ブラゾンドゥリス
  • b 今回斤量増の6歳以上馬は【0.0.0.6】

  • アキトクレッセント
  • 減点E 高斤量馬

    a 斤量58キロ以上馬は【0.1.3.15】と未勝利でこのうち、前走6番人気以下馬は【0.0.1.7】

  • ノンコノユメ
  • 予想はコチラ

    フルゲート16頭に対し16頭の登録です。GⅠフェブラリーSの前哨戦的位置づけで過去10年、ココからフェブラリーSに進んだ馬の根岸S成績は【8.7.8.35】で本番は【2.2.2.61】。私は持論として特に芝戦の東京は距離不問と思ってる程、コース特性の特異性を感じているんですが、ダートに関しても同じことが言えるのかも知れません……。1400mのスペシャリストがココをメイチで本番度外視のケースが唯一の穴候補かと思います。

    1着候補3頭+3着候補3頭

    1番人気は過去10年【4.2.0.4】とイマイチ……。GⅠからの距離短縮組はその適正や臨戦が若干気の毒な面もあって、2011年ケイアイガーベラは押し出された格好の牝馬……。2009年バンブーエールは2キロ増の59キロと、それなりに敗因はあったりで取捨が難しくなります……。

    今年はカフジテイクサンライズノヴァが拮抗しておりますが、ともに全幅の信頼はおけないまでも1400m実績があって軽視し難い人気馬かと思います。

    1着候補馬

  • カフジテイク
  • サイタスリーレッド
  • サンライズノヴァ
  • 3着候補馬

  • キングズガード
  • ノンコノユメ
  • ベストウォーリア
  • 以下、随時追記していきます。

    印はこのようになりました

    ◎ 10 サイタスリーレッド

    〇 6 カフジテイク

    ▲ 8 サンライズノヴァ

    △ 7 キングズガード

    ✕ ※ 

    ☆ ※ 

    注 ※ 

    馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    7:03追記

    3着候補のノンコノユメベストウォーリアが不出走となりBOXでスンナリ……。っであれば下位人気馬が上位となる印になります。本命サイタスリーレッドは中央ではチョット足りなくて冬期もサッパリの成績ですが、初ブリンカーで一変を期待!

    ワイドBOX 6.7.8.10 各100(6点)(的中3.3倍)

    3連複 6.7.8.10 各100(4点)

    (払戻金 1000⇒330)

     

    以上、根岸ステークスの予想を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>【根岸S】万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    シンクタンク:根岸S300_250

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第32回 根岸S(G3)

    万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    GI・フェブラリーSの前哨戦として、ココから本番に向かう馬は多いものの、この組で本番も勝利したのは、過去10年でモーニン(16年)とテスタマッタ(12年)の2頭しかいない。関係者からは「1400mと1600mは別物」との声もあるように、フェブラリーSを本気で狙う馬の多くは、暮れのチャンピオンズCや東京大賞典からの直行、東海Sや川崎記念など、マイルより長い距離のレースから本番へ臨むことがほとんどだ。

    では、ココに参戦する陣営の意図とはどこにあるのか。1つは「ココは本番前に使うだけ」と完全に叩き台とするパターン。もう1つは「フェブラリーSに出すためには賞金加算しておかないといけない」「本番では用なしだからココがメイチや」と勝負であるパターンだ。

    しかし、レースに臨む各陣営にとっては、わざわざ”叩き台”と公言して馬主を不快にする理由もなければ、強気な発言を連発して他陣営からのマークをキツくする必要はない。そのため、叩き台だとしても勝負だとしても、世間には当たり障りのないコメントが出ることになる。

    当社は、昨年の重賞競走でも、12番人気馬◎エポワスから【3連単11万4130円】の特大万馬券的中をお伝えしたが、今年も愛知杯にて【3連単12万1160円的中】とイキナリ特大万馬券的中お届け。名馬・サクラスターオーで2冠を制した平井雄二元調教師が率いる【重賞・メイン特捜部】の下に、関係者の確かな“本音”が集まってくるからこそ、重賞でもこれだけの特大万馬券的中を必然的にお伝えできるのだ。

    今週は、その【重賞・メイン特捜部】の情報力を体感して頂くため、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、根岸Sの【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。皆様には、このチャンスを是非とも活用してもらいたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第32回 根岸S(G3)

    万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック←

    シンクタンク:根岸S490_160