第77回皐月賞2017の消去法データです。4月16日(日)、中山競馬場芝2000m(3歳 GⅠ 定量 Bコース 内回り)で行なわれます。ここでは、皐月賞過去10年の成績と傾向から出走予定馬(登録馬)をデータ消去法で見ていきます。

<PR>■■■【 皐月賞 】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ファンディーナは要らない!?本当に注目すべきは?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

  • 元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
  • 情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析
  • →→【無料!】皐月賞『3連単勝負馬券』はコチラ←←

    消去法データ

    減点A 前走敗退ボーダー

    前走4着以下馬は【1.2.2.51】で2008年キャプテントゥーレが唯一の勝ち馬となっております。このうち、

    a 前走GⅢ以下4番人気以下馬は【0.0.0.16】

  • キングズラッシュ
  • トラスト
  • b 前走3番人気以下のキャリア5戦以下馬は【0.0.0.18】

  • コマノインパルス
  • c 前走4角9番手以下馬は【0.0.1.18】

  • サトノアレス
  • 減点B 非重賞戦組

    a 近2走とも非重賞戦出走馬は【0.2.0.20】。2010年ヒルノだムール、2009年トライアンフマーチが例外となっております。このうち、キャリア7戦以上馬は【0.0.0.6】

  • アダムバローズ
  • 減点C 近走不振馬

    a 近2走とも3着以下馬は【1.0.0.23】で前述のキャプテントゥーレが唯一の例外……。このうち、ともにGⅡ以下戦使用馬は【0.0.0.19】

  • ダンビュライト
  • プラチナヴォイス
  • 減点D 馬体重

    a 前走馬体重-10キロ以上の馬は【0.0.0.10】

  • アメリカズカップ
  • ウインブライト
  • 減点E 距離臨戦

    a 今回距離短縮馬は【0.0.0.11】

  • クリンチャー
  • b 前走マイル以下からの臨戦馬は【0.0.0.10】

  • スズカメジャー
  • ペルシアンナイト
  • 出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  1着候補 アウトライアーズ 減点なし
  •  -着候補 アダムバローズ 減点Ba
  •  -着候補 アメリカズカップ 減点Da
  •  1着候補 アルアイン 減点なし
  •  -着候補 ウインブライト 減点Da
  •  1着候補 カデナ 減点なし
  •  -着候補 キングズラッシュ 減点Aa
  •  -着候補 クリンチャー 減点Ea
  •  -着候補 コマノインパルス 減点Ab
  •  3着候補 サトノアレス 減点Ac
  •  -着候補 スズカメジャー 減点Eb
  •  1着候補 スワーヴリチャード 減点なし
  •  -着候補 ダンビュライト 減点Ca
  •  -着候補 トラスト 減点Aa
  •  1着候補 ファンディーナ 減点なし
  •  -着候補 プラチナヴォイス 減点Ca
  •  -着候補 ペルシアンナイト 減点Eb
  •  1着候補 マイスタイル 減点なし
  •  1着候補 レイデオロ 減点なし
  • 消去法選定作業を終えて

    フルゲート18頭に対し19頭の登録です。昨年はいわゆる【4強】が2歳王者を含む4冠を分け合って、この皐月賞で4頭が順に入線してリオンディーズは降着……。この時点では8⇒3⇒1番人気の決着で、やや波乱気味の決着となりました。

    2007年には7番人気ヴィクトリーが勝って2着が15番人気サンツェッペリンの決着は馬連9万馬券で3連単160万馬券と強烈なインパクトでした。元々波乱傾向の強い牡馬クラシック第一戦目となります。

    1着候補7頭+3着候補1頭

    ファンディーナは紅一点。新馬戦は9馬身圧勝で前走フラワーCは5馬身圧勝!2戦目のつばき賞は500万下ですが牡馬混合戦を経験済みで0.3秒勝ちの3連勝は侮れない実績です。

    この馬の参戦については賛否両論あるようで、桜花賞に出てたら本命や!いやいや、桜花賞では評価を下げてたが皐月賞なら本命や!等々……。因みに桜花賞、距離短縮馬は過去10年【0.1.1.14】と未勝利で、このうちキャリア5戦以下馬【0.0.1.8】に該当し軽視するつもりにしておりました。

    巷の評価に流されるなら皐月賞でこそ評価せなアカン1頭(!?)なんでしょうが、それでも1番人気まではどうかなぁ~って思ってしまいます……。

    スワーヴリチャードは重賞連続連対で共同通信杯2馬身半差快勝からの臨戦です。この共同通信杯組は近年トレンドになりつつあり過去10年【4.0.2.4】。目下3年連続優勝馬を輩出している強力路線です。東スポ杯⇒共同通信杯の臨戦は2014年イスラボニータが唯一ですが、この馬もデビュー以来オール連対の安定株で評価が高くなりそうな1頭です。

    1番人気は【2.2.2.4】と信頼性に乏しい成績です。4着以下の4頭は全馬トライアルからの臨戦で、サトノクラウン・ロジユニヴァース・アドマイヤオーラの3頭は重賞連勝からの皐月賞……。グランデッツァはラジオNIKKEI3着⇒スプリングS1着から皐月賞5着……。

    チョット掴み所に乏しく取捨の選択が難しいんですが、今年はファンディーナスワーヴリチャードでしょうかネ。私としては嫌って入りたい所なんですが、その辺りも含め時間許す限り考えたいです。

    以上、皐月賞のデータ消去法編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>皐月賞は自信の3点勝負を無料公開します

    七騎の会:皐月賞300_250

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第77回 皐月賞(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この皐月賞を3点で獲れなければ2017年の全GⅠレースを無料配信!

    →皐月賞3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    共同通信杯の勝ち馬スワーヴリチャード、3戦無敗馬レイデオロ、昨年の2歳チャンピオン・サトノアレス、スプリングSの勝ち馬ウインブライトなどが参戦予定の牡馬クラシック第一弾・皐月賞。

    そして今年の注目は何と言っても牝馬ファンディーナが牝馬クラシック路線には向かわず牡馬クラシック、皐月賞→日本ダービーへの参戦を表明。69年ぶりとなる牝馬による皐月賞制覇を目指すこととなった。それも、今年の牡馬勢には抜けた馬が不在でもあり、ファンディーナ陣営が皐月賞からダービー獲りを決断した理由でもある。

    前走のフラワーCでは追わずに後続には5馬身差と衝撃的な強さを見せ、ここまで無傷の3連勝。皐月賞でも1番人気に推されるだろう。ダービーを制したウオッカ以来となる牝馬での牡馬クラシック制覇となるか世間でも話題になるだろう。

    そんな、今年の皐月賞ではあるが、競馬セブンでは既に有力馬の消し情報や人気にならない、とある厩舎の勝負馬情報を入手済み。しかも、ファンディーナの衝撃情報を極秘入手!全ての関係者情報から導き出された最終結論から皐月賞は少点数で獲れると断言!

    競馬セブンでは高松宮記念・馬連2150円、3連複3230円のダブル的中、大阪杯・7人気ステファノスから馬連2320円、3連複4830円のダブル的中と春のGⅠシリーズは2連勝!

    騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■第77回 皐月賞(GⅠ)■

    自信のペナルティ付き!もし、この皐月賞を3点で獲れなければ2017年の全GⅠレースを無料配信!

    →皐月賞3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:皐月賞490_160