フェブラリーステークス(馬連3万馬券・枠連的中^^)・京都牝馬ステークス(複勝・馬連的中^^)・小倉大賞典・ダイヤモンドステークス2020他の回顧

重賞回顧と馬券収支
回顧キャッチ

2019年2月23日(日)に東京競馬場で開催されたフェブラリーステークス、小倉競馬場で開催された小倉大賞典、2月22日(土)に東京競馬場で開催されたダイヤモンドステークス、京都競馬場で開催された京都牝馬ステークス他の結果と管理人の馬券回顧です。

フェブラリーステークス2020競馬予想|あの地方馬はどうだ!?

競馬予想 重賞予想
フェブラリーS2020予想キャッチ

2020年2月23日(日)東京競馬場で行われるフェブラリーステークス2020の競馬予想です。JRAのG1開幕戦で盛り上がってますが、今年は地方馬の参戦もあって楽しみが増えました。本命はモズアスコットにしましたが、地方馬からアノ馬を狙ってみました。

小倉大賞典2020競馬予想|波乱前提のハンデ重賞です

競馬予想 重賞予想
小倉大賞典2020キャッチ

2020年2月23日(日)小倉競馬場で行われる小倉大賞典2020の競馬予想です。1回小倉のフィナーレとして定着する波乱のハンデ重賞ですが、特別G1に直結するような傾向もありません。独立した重賞の立ち位置ですが、小倉巧者がココを狙ってローテを組んでくるケースも多く、その辺りは注意したい1点です。今年はアノ馬を狙ってみました。

京都牝馬ステークス2020競馬予想|今年も出るか!?100万馬券!

競馬予想 重賞予想
京都牝馬S2020キャッチ

2020年2月22日(土)京都競馬場で行われる京都牝馬ステークス2020の競馬予想です。芝1400mBコース外回りで行われます。2016年に1F短縮されて1ヶ月繰り下げられましたが、2017年1着のレッツゴードンキは次走高松宮記念で2着に食い込んでます。逆に一戦挟んでヴィクトリアマイルに挑んだ馬は2016年以降9頭居て全滅してます。 立ち位置が微妙になったのは間違いありませんが、稀少なスプリント重賞に今年も楽しみなメンバーが揃いました。昨年は150万馬券、2015年には280万馬券も飛び出した波乱重賞ですが、穴っぽい所でアノ馬を狙ってみたいと思います。

ダイヤモンドステークス2020競馬予想|世代交代で新長距離王誕生!?

競馬予想 重賞予想
ダイヤモンドS2020キャッチ

2020年2月22日(土)東京競馬場で行われるダイヤモンドステークス2020の競馬予想です。芝3400mDコースで行われます。ここから天皇賞春に直行した馬は過去10年【0.1.0.14】と厳しいデータで、2015年のフェイムゲーム2着が唯一です。2010年フォゲッタブルは1人気6着、昨年のユーキャンスマイルが3人気5着等が人気で飛んでるんですが、G1前哨戦的な意味よりも、切り離した別の重賞としての扱いが妥当かと思います。昨年のクラシックを賑わした4歳勢の参戦もあり、楽しみなメンバーが揃いました。

小倉大賞典2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
小倉大賞典2020キャッチ

2020年2月23日(日)小倉競馬場で行われる小倉大賞典2020の消去データです。芝1800mBコースで行われます。早くも1回小倉のフィナーレですが、この名物重賞の開催場は変更にならなくて良かったです。今年はクラシック皆勤のヴェロックスが重賞初制覇を狙いに参戦と盛り上がりそうです。

フェブラリーステークス2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
フェブラリーS2020データキャッチ

2020年2月23日(日)東京競馬場で行われるフェブラリーステークス2020の消去データです。ダート1600mで行われます。いよいよJRAのG1も開幕しますが、ダートでは既に中距離の川崎記念が行われてて、今後は今年から新設のサウジCとの関係も出てきそうです。時代の流れと共に役割は当然変化しますが、今年は多彩な顔ぶれが揃い楽しみな一戦になりそうです。

京都記念2020競馬予想|唯一の勝ち馬候補からの馬券

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年2月9日(日)京都競馬場で行われる京都記念2020の競馬予想です。春のG1に向けて続々と古馬が始動してきますが、そのG1では足りずに、前哨戦を目標にしてくる馬が居るのは今年に限ったことではありません。特に京都開催は改修工事を控えて番組が変則的ですし、今年はアノ馬を狙ってみたいと思います。

共同通信杯2020競馬予想|クラシック直結の出世レースです

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年2月9日(日)東京競馬場で行われる共同通信2020の競馬予想です。過去にはディーマジェスティやイスラボニータ、ゴールドシップが直行で皐月賞馬になりましたが、多くのクラシックホースを輩出してきた伝統の一戦です。無敗の連勝馬が出てきましたがどうなるでしょうか?穴っぽいところではアノ馬を狙ってみます。

ページの先頭へ