JBC・京王杯2歳S(馬連的中^^)・ファンタジーS・アルゼンチン共和国杯2018他の回顧

重賞回顧と馬券収支
回顧キャッチ

2018年11月4日(日)に京都競馬場で開催されたJBC、東京競馬場で開催されたアルゼンチン共和国杯、11月3日(土)に東京競馬場で開催された京王杯2歳ステークス、京都競馬場で開催されたファンタジーステークスの結果と管理人の馬券回顧です。

JBC 2018【競馬予想】|スプリント・クラシック・レディスの順です

競馬予想 重賞予想
JBC2018キャッチ

2018年11月4日(日)京都競馬場で行われるJBCスプリント、JBCクラシック、JBCレディスクラシックの競馬予想データです。「京都、そしてその先へ。」のタイトル通り、来年の浦和開催以降を見据えた人気度UPの為、今年は例外的に中央開催となりました。10RがJBCスプリントで15:00、11RがJBCクラシックで15:40、最終12RがJBCレディスクラシックで16:25の発走となっております。

アルゼンチン共和国杯2018【競馬予想】ハンデ長距離戦特有の配当ゾーン

競馬予想 重賞予想
アルゼンチン共和国杯2018キャッチ

第56回アルゼンチン共和国杯2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。昨年は3歳スワーヴリチャードがダービー2着からの始動戦を断然人気で制し、翌年の大阪杯でGⅠ初制覇!それでいて3連単は万馬券決着となりました。一方で2009年には90万馬券が飛び出す大波乱決着もあり、ハンデ戦に相応しい買い方が望まれる一戦です。狙うべきゾーンを絞ってアノ馬を狙ってみたいと思います。

ファンタジーステークス2018【競馬予想】今年も来るぞ!高配使者の共通脚質

競馬予想 重賞予想
ファンタジーS2018キャッチ

第23回ファンタジーステークス2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。阪神ジュべナイルフィリーズの前哨戦的位置づけですが、本番は1勝3連対と苦戦傾向です。2013年勝ち馬ベルカントは後にアイビスSDを連覇するなど、今後短距離で活躍する馬を多く輩出する一方、2016年3着のディアドラは後に秋華賞など、適正以前に能力や完成度が求められる一戦であります。そして毎年のように穴馬台頭があるんですが、今年はどんな結果になるんでしょうか?

京王杯2歳ステークス2018【競馬予想】少頭数戦は堅くない理由

競馬予想 重賞予想
京王杯2歳S2018キャッチ

第54回京王杯2歳ステークス2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。以前は大波乱の象徴のようなレースでしたが、近年は人気サイドの決着が増えてきました。昨年のタワーオブロンドンはココを勝って朝日杯FS3着。一昨年モンドキャンノもココを勝って本番を2着と直結性も高く、要注目の一戦ですネ。

南武特別2018【競馬予想】10連勝中オジュウチョウサンの【0.0.0.6】なデータ

競馬予想 重賞以外の競馬予想
オジュウチョウサン

2018年11月3日(土)東京競馬場の9Rは南武特別。障害界の絶対王者オジュウチョウサンが、目標の有馬記念出走に向け、平地復帰2戦目に挑みます。復帰緒戦となった7月の開成山特別は3馬身圧勝で自力の違いを見せ付けましたが、格上の1000万下戦となった今回はどうなるんでしょうか?過去10年(9回)の結果から予想しました。発走時刻は14:25で、芝2400mBコースで行われます。

北海道2歳優駿2018予想(門別競馬)地元勢が好相性なデータです

競馬予想 地方競馬
北海道2歳優駿2018キャッチ

2018年11月1日(木)門別競馬場で行われる、第45回北海道2歳優駿2018の競馬予想です。過去3年の消去法データで絞り込みました。距離1800mで発走は20:00、出走頭数13頭立てのJpnⅢとなっております。毎年北海道所属の地元勢が馬券に絡み、2015年はワンツー決着で馬連万馬券と波乱を演出した地方交流重賞です。今年はどんな穴馬が台頭するんでしょうか?

JBC 2018 消去法データで全頭解説編

消去法データ
JBC2018キャッチ

11月4日(日)京都競馬場で行われるJBCレディスクラシック、JBCスプリント、JBCクラシックの消去法データです。過去3年の傾向から検証してみました。例年堅い決着が多いですが、昨年のレディスクラシックでは3連単130万馬券が飛び出す大波乱決着!今年は中央競馬開催とあってどこまで当てはまるか未知数です。地方の持ち回りJpaⅠですが、今年はコース相性も重要になってきそうですネ。

天皇賞秋(ワイド的中^^)・スワンステークス・アルテミスステークス2018他の回顧

重賞回顧と馬券収支
回顧キャッチ

2018年10月28日(日)に東京競馬場で開催された天皇賞秋、10月27日(土)に東京競馬場で開催されたアルテミスステークス、京都競馬場で開催されたスワンステークスの結果と管理人の馬券回顧です。アルテミスステークスはシェーングランツが重賞初挑戦初制覇!姉ソウルスターリングと同じ藤沢厩舎から、次走GⅠ姉妹制覇を狙います。スワンステークスはロードクエストが2年ぶりの復活V!近走イマイチ不調気味だったデムーロ騎手はユニコーンS以来の重賞制覇となりました。天皇賞秋はレイデオロが重賞連勝!中間一頓あった不安を払拭し、ルメール騎手は今月重賞6勝目となりましたぁ~♪

ページの先頭へ