ベルモントS2019キャッチ

2019年6月9日(日)アメリカ合衆国のベルモントパーク競馬場で行われる、ベルモントステークス2019の競馬予想です。日本からはマスターフェンサーが挑戦します。発走は7時37分(日本時間)となっております。

ベルモントSの注目馬人気ブログランキングBへで限定公開中!(4タックスでした)

<PR>【緊急ニュース/海外情報】

アメリカクラシック三冠の第3戦目

【ベルモントステークス】

日本馬マスターフェンサー含む10頭

ーーーーーーーーーーーーーーー

    大 混 戦

    海外予想情報

ーーーーーーーーーーーーーーー

そしてそして、あの競馬学会参戦開始!

東京ダービーからのベルモントステークス

無料配信開始!!

もちろんエプソムCも同時に確認可能!

マスターフェンサーを買い目にいれてくるのか?!

タシトゥスが軸なのか?!

何はともあれ無料配信で見れるのでメルマガ登録は必須です。

中央地方重賞~海外そして香港までここは買い目見まくれます!

→(週末配信)ベルモントステークス買い目(無料) 

→(週末配信)エプソムカップ買い目(無料) 

多分10点以内の三連系かなと。。ログインして確認してみてください!

~OLパドック予想師『ちか』~

週末2重賞の予想を見る(毎週無料)

にほんブログ村トラコミュ

海外競馬

競馬(中央競馬、地方競馬、海外競馬)情報

海外競馬事情

データ分析

以下JRAのHPより抜粋します。

ベルモントSのデータ

  • 前走ケンタッキーダービー組が良績
  • 過去10年のベルモントSで3着内に入った馬は、米3冠初戦のケンタッキーダービー組が5勝、2着5回、3着5回と良績。3冠2戦目のプリークネスS組も2勝、2着1回、3着4回と好走しております。特に近4年は、昨年2着グロンコウスキー(前走はイギリスのリステッド・バラードンS)を除き、3着内馬を独占しており侮れない路線です。

  • ケンタッキーダービー未出走のプリークネスS組は軽視
  • 米3冠の1冠目ケンタッキーダービーと2冠目のプリークネスS両方に出走してきた馬は2勝、2着1回、3着3回で、ケンタッキーダービーからの直行馬は前記の通り5勝、2着5回、3着5回と良績です。ところが1冠目を未出走のプリークネスS組は【0.0.1.8】と極端に低調です。これであれは、どちらにも出走しなかった組が3勝、2着4回、3着1回なので、コチラを上に取りたいデータです

  • 先行脚質馬有利
  • ベルモントS過去10年、残り400mでの位置取りは、「先頭」の3着内率が90.0%!「2~5番手」が3着内率45.0%と先行脚質馬有利なデータです。「6~9番手」馬は1勝のみで、2016年のクリエイター。差し・追い込み勢が上位争いに加わるには、3角から直線までにマクリ気味にポジションを上げていく必要があり、且つ更にもうひと伸び要する為、持続力ある末脚が求められます。

  • 狙いはケンタッキー州産馬
  • 過去10年、ベルモントS出走馬82頭中81頭がアメリカ産馬でこれは参考外ですが、3着内に入った馬の内訳は、ケンタッキー州産馬が10勝、2着9回、3着8回と圧倒的良績です。

    馬券購入時の注意点は?

    日本では当たり前に定着している点の一つとして、馬番と発走するゲート番号の違いが挙げられます。日本の競馬ではゼッケン1番の馬は1番枠ゲートからスタートするシステムですが、海外のレースの多くは、基本的に馬番とゲート番号が異なります。

    出走馬が決まった段階で各馬に番号が振り分けられて、ゲートに関しては再抽選をしている事が主な要因なんですが、現地で馬券を購入する場合、ゲート番号ではなく馬のゼッケン番号で購入するシステムとなっております。JRAからの発売に関してましても従来のJRA戦とは異なり、馬番号での投票となります。間違えないように要注意です。

    出走馬の想定オッズ・ブックメーカー・レーティング

  • レーティングって何?
  • 競走馬の能力を指数評価する国際統一基準で、単位はポンド。日本では、重賞競走とオープン競走に出走した全ての競走馬に付与される。通称「SMILE」(スマイル)と呼ばれる競走距離を示す記号とセットになっており、その距離区分の競走で獲得した数値であることを示す。

    レーティング|JRA

    日本のGⅠでも公表されたりしてますが、個人的意見として参考にしてる人は少ないんじゃないでしょうか。馬の能力とか強さを無理やり数字に置き換えただけに過ぎず、発揮できる舞台やら時期や条件、相手関係も反映されておりません。

    以前はこのレーティングを元ベースに”ふくたん指数”で海外競馬を予想してましたが、不評な上面白くないので最近は辞めてます。その後の海外競馬では力関係を調べる上での一つの指標として使うようにしてます。

  • ブックメーカーって何?
  • ブックメーカー(bookmaker)とは、欧米における賭け屋で、単純明快を旨とする欧米ではすなわち日本語のノミ屋を意味する場合が多い。……

    ブックメーカー|Wikipedia

    このオッズも一つの指標として使うようにしてます。同じ位買いたい馬がいたら、当然ながら人気下位馬をピックアップすべきなのはギャンブルのセオリーです。特に我々が購入する海外競馬はJRAのPAT購入者でお金を取り合うシステムなので、人気とオッズの歪だけで予想するのも私はアリだと思っております。

    予想と買い目はコチラ

    ベルモンドステークスのオリジナル出走表を掲載してます。っと言ってもエクセルでまとめただけですが……。前記紹介のデータから、買いの強調材料を黄色、RT順が悪いのにブックメーカーオッズが低い馬や減点材料に該当した馬をグレー色、逆にレーティング順位が良いのにブックメーカーオッズが高い馬の数字をにしてます。

    買い目についてはレース当日お昼頃を目処に追記します。

    ベルモントS2019出走表

    臨戦で加点は5頭ですが、オッズの歪での加点は1頭のみで、ココを本命にしました。前走は負け過ぎですが、それがゆえのオッズも予想されてイーブンとみました。

  • ◎ 04 タックス
  • 〇 09 ウォーオブウィル
  • ▲ 10 タシトゥス
  • △ 03 マスターフェンサー
  • ☆ 06 スピンオフ
  • 買い目は以下の通り

    複勝 04 300

    ワイド 4⇒9・10 各100(2点)

    3連複 4⇒9・10⇒9・10・3・6 各100(5点)

     

    以上、ベルモントステークス2019予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    <PR>【緊急ニュース/海外情報】

    日本時間6月9日()ベルモントステークス
    ケンタッキーダービーで6着と健闘した日本馬『マスターフェンサー
    最後の直線でグイグイ伸びていたレースぶりから距離が延びる今回のベルモントSは勝つチャンスも十分ありそうです。ただ、さすがは米3冠レースの最終戦。相手もかなり強力なメンバーが集まりました。そのケンタッキーダービーでマスターフェンサーに先着し3着だった『タシトゥス』2冠目のプリークネスSの勝ち馬『ウォーオブウィル
    見るだけでも面白そうなレースですが、せっかく馬券発売も行われるのできっちり獲りたいですよね?そんな競馬ファンの方にお勧めなサイトが「競馬学会」さん!ベルモントSの予想を買い目付きで無料配信してくれるんです!

    この『競馬学会』の無料買い目をお勧めしたい理由があってなんと今回と同じ無料公開買い目で日本ダービーを3連複的中させています!12人気単勝オッズは90倍超えのロジャーバローズを買い目に入れる予想はなかなか素人では真似できないと思います。
    国は違えど同じクラシックレースのベルモントSの予想も楽しみです!
    レース前日の8日の22時ごろ情報公開予定とのこと。
    無料なのでぜひチェックしてみてください。
    無料で競馬学会のベルモントSの買い目を見る!
    メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

    ~OLパドック予想師『ちか』~

    週末2重賞の予想を見る(毎週無料)