芝キャッチ2019

2019年1月5日(土)京都競馬場のメインは京都金杯。芝1600mAコース外回りで行われるハンデ戦です。東西金杯は毎年曜日に関係なくこの1月5日に行われてきましたが、昨年は6日の土曜日開催と、JRA様にしては珍しく柔軟な対応でタイムリーヒットでした。今年もまぁ~混沌としたメンバーが揃って荒れそうな雰囲気満載ですが、ぜひ”金杯で乾杯”といきたいところです。ベタですが……w。過去10年の結果からデータ消去法で予想しました。

京都金杯の注目穴馬人気ブログランキングKへで限定公開中!2017年5番人気3着フィエロ、2014年5番人気3着ガルボも該当した過去10年【0.0.3.2】で3着内率60%・複回収値136の好データ馬です。(4グァンチャーレでした)

<PR>【京都金杯】馬券に人気は関係ない!そう豪語するのは【万馬券ハンター】

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

馬券に人気は関係ない

[中山・京都]東西金杯(GⅢ)

本命x対抗

【万馬券ハンターの馬券指南】

3種勝負馬券を大公開

→【京都金杯】ここをクリック【3連単・3連複・馬単】←

━━━━━━━━━━━━━━━

暴露王:金杯490_160

にほんブログ村トラコミュ

京都金杯みんなの予想

京都金杯 データ分析

消去法データ

★減点A 大敗組

前走10着以下馬は【1.2.1.48】でこのうち、

a 前走10番人気以下馬は【0.0.0.32】

  • ゴールドサーベラス
  • ツーエムマイスター
  • ロードクエスト
  • b 前走非重賞戦出走馬は【0.0.0.10】

  • バリス
  • ★減点B 短距離路線組

    a 前走1200m以下戦出走馬は【0.0.0.2】

  • キャンベルジュニア(回避)
  • コウエイタケル(回避)
  • ★減点C 下級戦組

    a 前走非重賞戦6着以下馬は【0.0.0.22】

  • ストーミーシー
  • スマートオーディン
  • ★減点D 牝馬

    牝馬は【1.0.2.15】でこのうち、

    a 今回ハンデ54キロ以上馬は【0.0.0.9】

  • ミエノサクシード
  • b 前走GⅡ以下戦からの臨戦馬は【0.0.0.4】

  • サラキア
  • ★減点E 後方脚質馬

    a 前走4角7番手以下馬は【3.4.1.75】でこのうち、前走GⅢ以下戦6着以下馬は【0.0.0.25】

  • リライアブルエース
  • ★出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  • 1 -着候補 ストーミーシー 減点Ca
  • 2 -着候補 サラキア 減点Db
  • 3 1着候補 カツジ 減点なし
  • 4 1着候補 グァンチャーレ 減点なし
  • 5 -着候補 バリス 減点Ab
  • 6 1着候補 アドマイヤアルバ 減点なし
  • 7 -着候補 ミエノサクシード 減点Da
  • 8 1着候補 ヒーズインラブ 減点なし
  • 9 -着候補 スマートオーディン 減点Ca
  • 10 -着候補 リライアブルエース 減点Ea
  • 11 1着候補 トゥラヴェスーラ 減点なし
  • 12 1着候補 パクスアメリカーナ 減点なし
  • 13 1着候補 アサクサゲンキ 減点なし
  • 14 -着候補 ゴールドサーベラス 減点Aa
  • 15 1着候補 マイスタイル 減点なし
  • 16 -着候補 ツーエムマイスター 減点Aa
  • 17 -着候補 ロードクエスト 減点Aa
  • 回避馬

  •  -着候補 キャンベルジュニア 減点Ba
  •  -着候補 コウエイタケル 減点Ba
  • 今回の穴馬候補

    京都金杯の注目穴馬人気ブログランキングKへで限定公開中!2017年5番人気3着フィエロ、2014年5番人気3着ガルボも該当した過去10年【0.0.3.2】で3着内率60%・複回収値136の好データ馬です。(4グァンチャーレでした)

    消去法選定作業を終えて

    フルゲート18頭に対し19頭の登録です。ハンデ戦ですがデタラメな波乱は少なくて、それでいてオッズ割れ気味なんで、当たればそれなりの配当が期待できるレースです。いわゆる“金杯で乾杯”なんて言われる所以のひとつかも知れませんネ。ココは気持ち良く的中といきたい所です。

    今回の購入候補馬は1着候補馬8頭+着外候補?頭

    1着候補馬

  • アサクサゲンキ
  • アドマイヤアルバ
  • カツジ
  • グァンチャーレ
  • トゥラヴェスーラ
  • パクスアメリカーナ
  • ヒーズインラブ
  • マイスタイル
  • 着外候補馬

  • ■■■■
  • 予想はコチラ

  • 本命はアドマイヤアルバにしました
  • この世代は強いですからネ。京都は【1.2.0.0】で、2000mの中山じゃなく、一気の短縮でマイルを使ってきてるのは、それなりの見込みがあるからでしょう。期待の1頭です。

  • 対抗は■■■■にしました(4グァンチャーレでした)
  • 勝ち味に遅いのは若干気になりますが、この馬は冬の方が良績で、コース巧者でもあります。この対抗馬なんですが、私が使っている「うまとみらいと」のコラボ指数結果でが、今回私にとってかなり意外なんですが指数2位になってました!!


    コチラは今週行われる京都金杯を含めた3重賞の過去4年の指数及び結果一覧です。京都金杯に関しては結構荒れてますが、それでも指数3位以内の馬は毎年馬券に絡んでおります。今年の指数上位馬のうち、私がもっとも信頼が置けるのはこの馬になります。


    ⇒京都金杯の指数を見る!

    メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

  • ▲はカツジにしました
  • 繰り返しになりますが、この世代はホントに強いと思います。昨年は古馬相手のマイルCSで、16番人気ながら上り最速を駆使して0.2秒差4着と大健闘!このコースは新馬勝ち&デイリー杯2着もあり、復活には申し分ない舞台が整いました。

  • △はヒーズインラブにしました
  • 京都【1.0.2.1】のコース巧者です。前走もマイルCS8着ですが0.4秒差肉薄で、一気にメンバーが軽くなる今回は侮れない1頭です。重賞初挑戦を制するなど指標に当てはまらない所もあって取捨が難しいんですが、人気がないようなので一発候補として抜擢してみました。

  • ✕はマイスタイルにしました
  • 久々のマイルですが、2000m戦での先行力を考えると通用しそうです。仮にこの馬が逃げるような展開になるなら、ある程度締まった流れが予想され、そして、この馬はスローではほぼ馬券になってないことからも、理想の流れに持って行ければ、それこそ一発候補として台頭してくる1頭です。

  • ☆はトゥラヴェスーラにしました
  • 今年は強いといわれる4歳世代です。葵Sでは私も馬券を獲ったんですが、前残りの展開を追い込んで2着同着……。その後の2戦は案外でしたが、私は1200mの方が良いとみてます。

  • 注はアサクサゲンキにしました
  • 前走は久々のマイルでしたが10番人気2着……。差し・追い込み有利の流れを残してのもので評価が高かった1頭です。これで、1200mでは忙しいことが露見された訳なんですが、この馬の好走時は軒並み時計が速いケースが多く、開幕週となる今回は向く可能性もあり侮れない1頭です。

  • 注はパクスアメリカーナにしました
  • デビュー以来ずっとマイルを使われ、重賞2着もある期待の4歳馬です。それでも……、これだけの猛者が集ってホント1番人気なんですかネ……。重賞実績を考えると、チョット嫌って入りたいように感じるんですが……。

    印はこのようになりました

  • ◎ 06 アドマイヤアルバ
  • 〇 → 「うまとみらいと」のコラボ指数2位の馬(4グァンチャーレでした)
  • ▲ 03 カツジ
  • △ 08 ヒーズインラブ
  • ✕ 15 マイスタイル
  • ☆ 11 トゥラヴェスーラ
  • 注 13 アサクサゲンキ
  • 注 12 パクスアメリカーナ
  • 馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    10:09追記

    ココも人気馬に軒並み信頼が置けず、3連複で思い切って狙ってみます。1列目は本命・対抗馬、2列目がプラス▲△馬、3列目がトゥラヴェスーラを除いた1着候補馬です。

    3連複 6・〇⇒3・6・8・〇⇒3・6・8・12・13・15・〇 各100(19点)

     

    以上、京都金杯の予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>【京都金杯】好配当を狙い撃つ『お年玉馬券』を【特別無料公開】

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第57回 京都金杯(GⅢ)

    好配当を狙い撃つ『お年玉馬券』を特別無料公開

    →【京都金杯】ココをクリック【お年玉馬券】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    格付けを見ればGⅢの1つに過ぎないが、新年一発目の重賞ということもあって『一年の計は金杯にあり』と「馬券を的中させて好スタートを切りたい」という思いを持つ競馬ファンたちの注目度も高いレース。競馬関係者にとっても同様で、新年最初の重賞を勝てば1年のスタートダッシュを決めることができるだけに、金杯は一介の重賞競走には収まらない大きな意味を持つことになる。

    また、厩舎サイドにとっては、金杯で勝つことが出来れば『新年早々、縁起がいい』と、馬主サイドに対する大きなアピールとなる。クラブ馬主が幅を利かせるようになった昨今とは言え、大スポンサーである個人馬主たちを接待するのが厩舎経営の基本であることは変わらない。厩舎サイドにとって、金杯を勝つことは、GⅠを勝つことに匹敵する意味を持つケースさえあるのだ。

    無論、出走する全馬が勝負というわけではなく、まして馬主が絡む裏事情というのはほぼ表に出回ることのない。しかし、こうした裏事情が年末年始のレース結果に大きな影響を与えることになるのは必然。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二と言った、競馬界の大物OBを情報ルートとして擁するシンクタンクだからこそ、各方面から世間に出回らない馬券的中に直結する内部情報を会員の皆様にお届けすることが可能なのだ。

    本来であれば、この手の情報の無料公開は難しいのだが、今回は新春特別企画として【京都金杯のお年玉情報】を特別に無料公開させて頂く。当社がお届けする年始のお年玉馬券は、18年も1月6日京都6Rから【14万9470円的中】17年も1月8日京都8Rから【10万7440円的中】と特大配当続出が恒例となっている。是非ともこのチャンスを活用し『お年玉』を掴んで頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第57回 京都金杯(GⅢ)

    好配当を狙い撃つ『お年玉馬券』を特別無料公開

    →【京都金杯】ココをクリック【お年玉馬券】←

    シンクタンク:金杯490_160