「中山競馬場」タグの記事一覧

マーチステークス2020競馬予想|日曜日版⇒降雪順延

競馬予想 重賞予想
ダート戦キャッチ

2020年3月29日(日)中山競馬場で行われるマーチステークス2020の競馬予想です。G1への直結性は薄いものの、稀少な中距離戦で陣営の人気が高いレースです。去年は120万馬券が飛び出しましたが、2017年にも46万が出てて、目下3年連続で3連単10万超となってます。波乱前提で予想を進めたんですが、今年はアノ馬に注目してみました。

日経賞2020競馬予想|スタミナ自慢が集う伝統の長距離戦です

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年3月28日(土)中山競馬場で行われる日経賞2020の競馬予想です。芝2500mAコース内回りで行われます。過去10年、G1への直行馬は2勝2着2頭3着2頭で全馬天皇賞春でした。ただ、長距離戦軽視の趣が強くなった近5年は27頭が出走して全滅してます。今年も当然次を見据えた馬が登録してきましたが、人気が上がってこないようならアノ馬を狙ってみたいと思います。

マーチステークス2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
ダート戦キャッチ

2020年3月29日(日)中山競馬場で行われるマーチステークス2020の消去データです。ダート1800mで行われます。昨年は120万馬券も飛び出した波乱のハンデ戦ですが、2017年にも46万が出て、目下3年連続で10万超となってます。今年もいかにも荒れそうなメンバーが揃いましたが、過去10年の消去データを調べてみました。

スプリングステークス2020競馬予想|ヴェルトライゼンデには逆らえないか!?

競馬予想 重賞予想
スプリングS2020キャッチ

2020年3月22日(日)中山競馬場で行われるスプリングステークス2020の競馬予想です。本番皐月賞へは1Fの短縮になりますが、同距離同コースの弥生賞よりはペースが近いとの理由で、直結性ではコチラからのステップ主力となっているトライアル戦です。G1ホープフルS2着のヴェルトライゼンデ登場で逆らい難い雰囲気が漂いますが、穴っぽい所ではアノ馬を狙ってみたいと思います。

フラワーカップ2020競馬予想|いかにも荒れそうな混戦メンバーです

競馬予想 重賞予想
フラワーC2020キャッチ

2020年3月20日(金祝)中山競馬場で行われるフラワーカップ2020の競馬予想です。クラシックの王道路線からは少し外れますが、本番までの輸送を嫌う関東陣営にとっては人気の高い番組ですが、本番に繋がってる2010年オウケンサクラや2011年トレンドハンターは関西馬で、関東馬からは2015年1着アルビアーノがNHKマイルCに回って2着と健闘しております。今年は混戦模様ですが、穴っぽいところでアノ馬を狙ってみました。

スプリングステークス2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
芝キャッチ2019

2020年3月22日(日)中山競馬場で行われるスプリングステークス2020の消去データです。芝1800mAコース内回りで行われます。皐月賞に向けた有力トライアル戦で、2013年ログタイプ、2018年エポカドーロと2頭の皐月賞馬を輩出してます。弥生賞と陣営の人気が2分しますが、皐月賞とのペースが近くなることが多いコチラの方が直結性が高いとも言われます。今年は重賞馬不在の混戦模様ですが、想定オッズは1強ムードで、配当妙味が高そうなメンバーが揃いました。

中山牝馬ステークス2020競馬予想|大波乱があるか⁉名物ハンデ重賞です

競馬予想 重賞予想
芝キャッチ2019

2020年3月14日(土)中山競馬場で行われる中山牝馬ステークス2020の競馬予想です。芝1800mAコース内回りで行われます。ヴィクトリアマイルへの前哨戦として過去10年で2頭の優勝馬を輩出する有力ステップ戦です。もう一戦挟んで本番の馬が特に要注意で、昨年のクロコスミアは11番人気3着、2015年のミナレットは18番人気3着で2000万馬券に大貢献してます。今年は1強ムードの想定オッズでが、穴っぽい所ではアノ馬に期待してみました。

弥生賞2020競馬予想|穴があるなら別戦組

競馬予想 重賞予想
弥生賞2020キャッチ

2020年3月8日(日)中山競馬場で行われる弥生賞2020の競馬予想です。ホープフルSや皐月賞と同距離同コースで本番への直結性は年々薄くなってきて、逆に日本ダービー馬への相性が上がってきてる印象です。残念な少頭数戦となりましたが、穴があるなら異端臨戦組と思いアノ馬を狙ってみます。

弥生賞2020消去法データ(過去10年)

消去法データ
弥生賞2020キャッチ

2020年3月8日(日)中山競馬場で行われる弥生賞2020の消去データです。芝2000mAコースで行われます。皐月賞と同距離同コースで行われる王道のトライアルとして長く定着してますが、今年は"ディープインパクト記念”の冠がつきます。皐月賞への直行は過去10年でヴィクトワールピサの1勝のみですが、3頭のダービーホースを輩出し、今年も楽しみなメンバーが揃いました。

ページの先頭へ