宝塚記念2018血統キャッチ

2018年6月24日(日)阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念2018の血統考察です。私は専門外ではありますが、まぁ~これだけ偏りがあるレースとなると1本は記事にしとかなアカンでしょうネ。出走予定馬も出揃って、今年もフルゲート割れとなった春のグランプリですが、血統面からはアノ馬を狙ってみたいと思っております。

<PR>AD)完全無料ウマセンユニコーンSは充分

無料予想、考察、各会場、レース情報 全てを網羅してるのがウマセン

広告収入だけで10年近く運営。。ここなら予想にお金はかかりません。

新聞見るより簡単にGmailなどでメルマガ確認、サイトログインでいつでも予想ができます。

 老舗の完全無料ウマセン

※完全無料サイトの欠点は、予想の点数がちょっと多いなぁ。と思う所ですね。

3連単予想はほぼ60点で、無料で10万馬券手に入るなら問題ない!という考えの人には合ってるサイトだと思います。

【今月の的中実績(一部抜粋)】

  • 6月3日(日) 阪神11R グリーンステークス 馬連1770円
  • 6月3日(日) 阪神10R 洲本特別 馬連1630円
  • 6月3日(日) 阪神9R 城崎特別 馬連500円三連単2760円
  • 6月2日(土) 阪神11R 鳴尾記念(G3) 三連単5690円
  • 6月2日(土) 阪神10R 三木特別 馬連410円三連単6930円
  • 6月2日(土) 阪神9R 戎橋特別 馬連1460円
  • 6月2日(土) 東京11R 麦秋ステークス 馬連1140円三連単5800円
  • 6月2日(土) 東京9R 国分寺特別 馬連880円三連単4070円
  • 今週は、函館スプリントS、ユニコーンステークスの買い目を含む12鞍一挙大解放。

     ユニコーンSの予想はコチラ(無料)

    【ウマセン】220x70

    お申し込みはこちら

    今週掲載した宝塚記念関連記事

    宝塚記念2018【サイン】|ファン投票1位馬の過去32年成績

    出走予定馬の血統表

    宝塚記念2018血統表
    宝塚記念2018血統表

    上の画は、私が使ってる”ターゲット”ってソフトの出走登録馬で父・母・母父・母母が掲載されたページです。専門的に詳しく解説されてる方なんかは、〇〇系は●●色で、っとか色分けされてる方もいらっしゃいますが、現状私にはそこまで必要なくてやってません。私は血統もデータの一種だと思ってますので、大分類でザックリ傾向が把握できれば良い程度の認識であります。

    過去10年の種牡馬別成績

    宝塚記念2018過去10年馬券圏内輩出種牡馬
    宝塚記念2018過去10年馬券圏内輩出種牡馬

    宝塚記念過去10年、馬券圏内馬を輩出したのは14頭の父からで、該当馬は当然延べ30頭になります。普通に詳しい方だと、ココから〇〇系はどうだ!っとか、●●系はアカンとか評せるんでしょうが、私は如何せん専門外のため、そこまでは考察しません。

    父ステイゴールドについて

    宝塚記念2018過去10年ステイゴールド産駒データ
    宝塚記念2018過去10年ステイゴールド産駒データ

    今年の登録馬からはパフォーマプロミスが該当します。【5.0.0.8】でピンかパーかですが、脅威tの単回収値413・複回収値104となっております。血統だけなら”買い”なんでしょうが……。母父はタニノギムレットで、これが父だと東京向きなのは有名です。母父だとどうでるのか調べようと試みたんですが、私はターゲットの使い方に詳しくないのでやり方が分かりませんでした。

    父ディープインパクトについて

    宝塚記念2018過去10年ディープインパクト産駒データ
    宝塚記念2018過去10年ディープインパクト産駒データ

    今年の登録馬からはヴィブロス、サトノダイヤモンド、ステファノス、スマートレイアー、ゼーヴィントが該当します。全馬ベタ買いで【1.2.4.11】の単回収値139・複回収値243は脅威です。

    特出すべきはやはり牝馬で、【1.1.4.4】で単回収値251・複回収値401と全ての数字でアベレージUPします。対する牡馬は【0.1.0.7】と未勝利で、2013年ダノンバラード5番人気2着が唯一の例外となっております。

    人気所では2016年アンビシャスが3番人気16着、2013年トーセンラーが4番人気5着などとなっております。今年の登録馬で牝馬は2頭いますが、私が注目しているのは

    人気ブログランキングT2へに書いてます。(40位くらいです。応援して頂けると嬉しいです)

    生粋の阪神巧者で、名牝の仲間入りの目安、生涯10勝まで後1勝と迫っております。

    父キングカメハメハについて

    宝塚記念2018過去10年キングカメハメハ産駒データ
    宝塚記念2018過去10年キングカメハメハ産駒データ

    今年の登録馬からはミッキーロケットが該当します。馬券になったのは上の画の通り3頭で、全馬前走連対からの臨戦……。対するミッキーロケットはもう1年半近く勝ち鞍から遠ざかっており、正直”どこまで”の1頭かと思います。

    父ルーラーシップについて

    今年の登録馬からはキセキとダンビュライトが該当します。この2頭は初年度産駒の4歳馬で、まだ産駒の宝塚記念出走歴はありません。父父はキングカメハメハで、データを踏襲するなら厳しい臨戦にはなります。しかし、ルーラーシップ産駒の長距離実績は全体成績よりは上回り、阪神芝も悪くありません。血統的な評価としては保留したい2頭です。

    父ブラックタイドについて

    宝塚記念2018過去10年ブラックタイド産駒データ
    宝塚記念2018過去10年ブラックタイド産駒データ

    今年の登録馬からはサイモンラムセスが該当します。対象馬が少ないんですが、産駒からはキタサンブラックが2度走り【0.0.1.1】となっております。このブラックタイドはディープインパクトの全兄で、血統面からは全てが踏襲されるのか私には分かりません。仮に反映されるのであれば牡馬は厳しいデータに該当します。全体の成績でも、人気そのものが全く異なるので比較はナンセンスで、血統面からの評価は保留しておきたい1頭です。

    父マーベラスサンデーについて

    宝塚記念2018過去10年マーベラスサンデー産駒データ
    宝塚記念2018過去10年マーベラスサンデー産駒データ

    今年の登録馬からはタツゴウゲキが該当します。産駒の宝塚記念の成績は【0.0.0.5】ですが2014年ホッコーレーヴ以外は人気以上に走っており警戒は必要か?

    父ジャングルポケットについて

    宝塚記念2018過去10年ジャングルポケット産駒データ
    宝塚記念2018過去10年ジャングルポケット産駒データ

    今年の登録馬からはノーブルマーズ が該当します。産駒の宝塚記念は【0.0.0.4】で、2010年ジャガーメイル以外は人気以上に好走しております。

    向く向かないで判断するなら”即切り”なんでしょうが、全体の成績は洋芝で好走が多く、イメージの割りに重い芝は結構合っているのかも知れません。その辺り、私は専門外なんですが、この時点での評価は保留にしておきたい1頭であります。

    父アドマイヤドンについて

    今年の登録馬からはアルバートが該当します。過去10年GⅠは【0.0.0.16】で、この馬自身も4回該当しております。JRA10場の中で阪神が最も相性が悪く、勝率3.4%・連対率9.4%・3着内率17.9%と買いの要素は全く見出せませんでした。

    父Marjuについて

    宝塚記念2018過去10年Marju産駒データ
    宝塚記念2018過去10年Marju産駒データ

    今年の登録馬からはサトノクラウンが該当します。宝塚記念の成績は【1.0.0.1】でこれはこの馬自身の成績でもあります。2017年は3番人気で制し、今年は連覇を狙う立場ですが、全体の成績としては阪神が一番悪くて買い材料は見出せません。

    父Rgal Ransomについて

    今年の登録馬からはストロングタイタンが該当します。過去10年宝塚記念への出走はなく、阪神での出走歴もありません。この時点での判断は保留したいと思います。

    父Tavistockについて

    今年の登録馬からはワーザーが該当します。この馬に関してはデータがなく、この時点での判断は保留しておきます。

    あのジェンティルドンナも2度負けた鬼門データ

    上位人気馬は比較的堅実ですが

    宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬成績
    宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬成績

    上の画は、宝塚記念過去10年の上位3番人気内馬の成績です。軒並み堅実で、全滅した2015年を除くと毎年1頭以上は馬券圏内に入っております。単複回収値も全体の平均よりは上回っており、これはオッズ割れ気味になることが多いレース質を割引いても、十分評価に値する結果だと思います。

    上位人気馬の種牡馬別データ

    宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬種牡馬別
    宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬種牡馬別

    上の画は、上位3番人気内馬を種牡馬別にしたデータです。最多勝・最多連対はステイゴールド産駒でゴールドシップ2勝・オルフェーヴル・ドリームジャーニーが1勝ずつとなっております。

    逆に4着以下歴が最多なのはディープインパクト産駒とハーツクライ産駒の各4回……。ちなみに今年はハーツクライ産駒の登録はありません。

    ディープインパクト産駒の上位人気馬データ

    宝塚記念2018過去10年上位3人気内ディープ産駒データ
    宝塚記念2018過去10年上位3人気内ディープ産駒データ

    宝塚記念過去10年、上位3番人気内ディープインパクト産駒の成績は上の画の通り。タイトルの通り、ジェンティルドンナが2回負けている他、2014年ラキシスが2番人気8着、2016年アンビシャスが3番人気16着などとなっております。

    そんな訳で、今年チョット危険かなぁ~って思っているのが

    人気ブログランキングT3へに書いてます。(40位くらいです。応援して頂けると嬉しいです)

    以上、宝塚記念2018【血統】|ジェンティルドンナも2度負けた鬼門データ編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    スポンサーリンク


    <PR>今週はユニコーンSと函館スプリントSでGⅢW勝負

    アプリTOP

    今週末はユニコーンSと函館スプリントSです。

    そして、来週は宝塚記念。

    そこからは夏競馬に突入し、GⅠは9月のスプリンターズSまでお休みです。

    とりあえず、2018年の前半戦をしっかり終わらせるという意味でも勝っておきたいところではあります。

    そこで紹介したいのがAPLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

    まず、先週の東京8R。

  • 6/10 東京8R
  • 3歳以上500万下
  • 三連単12点✕1000円
  • 的中 615,100円
  • 7番人気のウインシトリンが1着になったレースでしたが、これを12点で的中。

    2着、3着は1番人気⇒4番人気だったので、5頭BOXで的中というなら難易度は低いレースですが、

    12点での的中は凄いです。

    同じく、先週の阪神4R。

  • 6/10 阪神4R
  • 障害3歳以上 オープン
  • 三連単12点✕1000円
  • 的中 5,032,700円
  • 4番人気⇒10番人気⇒9番人気で決着したレース。

    正直、予想はかなり難しいレースでしたが、こちらも12点で的中。

    1番人気7着・2番人気9着・3番人気12着と上位人気馬が壊滅したレースだったので、

    無難に人気馬から攻めていたら爆死していたことでしょう。

    そこをしっかりと穴を見抜きたったの12点買いで的中させたAPLIの実力は評価しなければならないでしょう。

    堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、

    本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

    もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。

    平均して土日で10~15本は的中しているイメージです。

    固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

    無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

    「走る馬を見抜く」

    基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。

    オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

    無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。

    是非、チェックしてみてください。

    >APLI(アプリ)公式サイト

    ※フリメだけで登録可能です

    お申し込みはこちら