宝塚記念2018血統キャッチ

2018年6月24日(日)阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念2018の血統考察です。私は専門外ではありますが、まぁ~これだけ偏りがあるレースとなると1本は記事にしとかなアカンでしょうネ。出走予定馬も出揃って、今年もフルゲート割れとなった春のグランプリですが、血統面からはアノ馬を狙ってみたいと思っております。

<PR>

ホースメン会議:宝塚記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

100名限定 特別無料配信

宝塚記念(GⅠ) 鉄板3点勝負

サトノダイヤモンドを脅かす穴馬で

30倍も可能なプロの3点

→宝塚記念の鉄板3点を無料で見る←

ホースメン会議:宝塚記念490_160

第59回宝塚記念2018関連記事

宝塚記念2018【サイン】|ファン投票1位馬の過去32年成績

宝塚記念2018【データ】|出走予定馬と消去法編【過去10年】

宝塚記念2018【枠順確定】|追い切り絶好のミッキーロケットは2枠4番

宝塚記念2018【オッズ】|”半端ない”人気割れの様相です

最終予想は

宝塚記念2018【予想】|雨が止んで馬場回復で向きそうなアノ馬から

をご覧下さい。

音声だけですが「You Tube」にもUPしてます

出走予定馬の血統表

宝塚記念2018血統表
宝塚記念2018血統表

上の画は、私が使ってる”ターゲット”ってソフトの出走登録馬で父・母・母父・母母が掲載されたページです。専門的に詳しく解説されてる方なんかは、〇〇系は●●色で、っとか色分けされてる方もいらっしゃいますが、現状私にはそこまで必要なくてやってません。私は血統もデータの一種だと思ってますので、大分類でザックリ傾向が把握できれば良い程度の認識であります。

過去10年の種牡馬別成績

宝塚記念2018過去10年馬券圏内輩出種牡馬
宝塚記念2018過去10年馬券圏内輩出種牡馬

宝塚記念過去10年、馬券圏内馬を輩出したのは14頭の父からで、該当馬は当然延べ30頭になります。普通に詳しい方だと、ココから〇〇系はどうだ!っとか、●●系はアカンとか評せるんでしょうが、私は如何せん専門外のため、そこまでは考察しません。

父ステイゴールドについて

宝塚記念2018過去10年ステイゴールド産駒データ
宝塚記念2018過去10年ステイゴールド産駒データ

今年の登録馬からはパフォーマプロミスが該当します。【5.0.0.8】でピンかパーかですが、脅威tの単回収値413・複回収値104となっております。血統だけなら”買い”なんでしょうが……。母父はタニノギムレットで、これが父だと東京向きなのは有名です。母父だとどうでるのか調べようと試みたんですが、私はターゲットの使い方に詳しくないのでやり方が分かりませんでした。

父ディープインパクトについて

宝塚記念2018過去10年ディープインパクト産駒データ
宝塚記念2018過去10年ディープインパクト産駒データ

今年の登録馬からはヴィブロス、サトノダイヤモンド、ステファノス、スマートレイアー、ゼーヴィントが該当します。全馬ベタ買いで【1.2.4.11】の単回収値139・複回収値243は脅威です。

特出すべきはやはり牝馬で、【1.1.4.4】で単回収値251・複回収値401と全ての数字でアベレージUPします。対する牡馬は【0.1.0.7】と未勝利で、2013年ダノンバラード5番人気2着が唯一の例外となっております。

人気所では2016年アンビシャスが3番人気16着、2013年トーセンラーが4番人気5着などとなっております。今年の登録馬で牝馬は2頭いますが、私が注目しているのは

人気ブログランキングT2へに書いてます。(ヴィブロスでした)

生粋の阪神巧者で、名牝の仲間入りの目安、生涯10勝まで後1勝と迫っております。

父キングカメハメハについて

宝塚記念2018過去10年キングカメハメハ産駒データ
宝塚記念2018過去10年キングカメハメハ産駒データ

今年の登録馬からはミッキーロケットが該当します。馬券になったのは上の画の通り3頭で、全馬前走連対からの臨戦……。対するミッキーロケットはもう1年半近く勝ち鞍から遠ざかっており、正直”どこまで”の1頭かと思います。

父ルーラーシップについて

今年の登録馬からはキセキとダンビュライトが該当します。この2頭は初年度産駒の4歳馬で、まだ産駒の宝塚記念出走歴はありません。父父はキングカメハメハで、データを踏襲するなら厳しい臨戦にはなります。しかし、ルーラーシップ産駒の長距離実績は全体成績よりは上回り、阪神芝も悪くありません。血統的な評価としては保留したい2頭です。

父ブラックタイドについて

宝塚記念2018過去10年ブラックタイド産駒データ
宝塚記念2018過去10年ブラックタイド産駒データ

今年の登録馬からはサイモンラムセスが該当します。対象馬が少ないんですが、産駒からはキタサンブラックが2度走り【0.0.1.1】となっております。このブラックタイドはディープインパクトの全兄で、血統面からは全てが踏襲されるのか私には分かりません。仮に反映されるのであれば牡馬は厳しいデータに該当します。全体の成績でも、人気そのものが全く異なるので比較はナンセンスで、血統面からの評価は保留しておきたい1頭です。

父マーベラスサンデーについて

宝塚記念2018過去10年マーベラスサンデー産駒データ
宝塚記念2018過去10年マーベラスサンデー産駒データ

今年の登録馬からはタツゴウゲキが該当します。産駒の宝塚記念の成績は【0.0.0.5】ですが2014年ホッコーレーヴ以外は人気以上に走っており警戒は必要か?

父ジャングルポケットについて

宝塚記念2018過去10年ジャングルポケット産駒データ
宝塚記念2018過去10年ジャングルポケット産駒データ

今年の登録馬からはノーブルマーズ が該当します。産駒の宝塚記念は【0.0.0.4】で、2010年ジャガーメイル以外は人気以上に好走しております。

向く向かないで判断するなら”即切り”なんでしょうが、全体の成績は洋芝で好走が多く、イメージの割りに重い芝は結構合っているのかも知れません。その辺り、私は専門外なんですが、この時点での評価は保留にしておきたい1頭であります。

父アドマイヤドンについて

今年の登録馬からはアルバートが該当します。過去10年GⅠは【0.0.0.16】で、この馬自身も4回該当しております。JRA10場の中で阪神が最も相性が悪く、勝率3.4%・連対率9.4%・3着内率17.9%と買いの要素は全く見出せませんでした。

父Marjuについて

宝塚記念2018過去10年Marju産駒データ
宝塚記念2018過去10年Marju産駒データ

今年の登録馬からはサトノクラウンが該当します。宝塚記念の成績は【1.0.0.1】でこれはこの馬自身の成績でもあります。2017年は3番人気で制し、今年は連覇を狙う立場ですが、全体の成績としては阪神が一番悪くて買い材料は見出せません。

父Rgal Ransomについて

今年の登録馬からはストロングタイタンが該当します。過去10年宝塚記念への出走はなく、阪神での出走歴もありません。この時点での判断は保留したいと思います。

父Tavistockについて

今年の登録馬からはワーザーが該当します。この馬に関してはデータがなく、この時点での判断は保留しておきます。

あのジェンティルドンナも2度負けた鬼門データ

上位人気馬は比較的堅実ですが

宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬成績
宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬成績

上の画は、宝塚記念過去10年の上位3番人気内馬の成績です。軒並み堅実で、全滅した2015年を除くと毎年1頭以上は馬券圏内に入っております。単複回収値も全体の平均よりは上回っており、これはオッズ割れ気味になることが多いレース質を割引いても、十分評価に値する結果だと思います。

上位人気馬の種牡馬別データ

宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬種牡馬別
宝塚記念2018過去10年上位3人気内馬種牡馬別

上の画は、上位3番人気内馬を種牡馬別にしたデータです。最多勝・最多連対はステイゴールド産駒でゴールドシップ2勝・オルフェーヴル・ドリームジャーニーが1勝ずつとなっております。

逆に4着以下歴が最多なのはディープインパクト産駒とハーツクライ産駒の各4回……。ちなみに今年はハーツクライ産駒の登録はありません。

ディープインパクト産駒の上位人気馬データ

宝塚記念2018過去10年上位3人気内ディープ産駒データ
宝塚記念2018過去10年上位3人気内ディープ産駒データ

宝塚記念過去10年、上位3番人気内ディープインパクト産駒の成績は上の画の通り。タイトルの通り、ジェンティルドンナが2回負けている他、2014年ラキシスが2番人気8着、2016年アンビシャスが3番人気16着などとなっております。

そんな訳で、今年チョット危険かなぁ~って思っているのが

人気ブログランキングT3へに書いてます。(サトノダイヤモンドでした)

以上、宝塚記念2018【血統】|ジェンティルドンナも2度負けた鬼門データ編を終わりたいと思います。

最終予想は

宝塚記念2018【予想】|雨が止んで馬場回復で向きそうなアノ馬から

をご覧下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


<PR>宝塚記念は自信の3点馬券で勝負します

七騎の会:宝塚記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第59回 宝塚記念(GⅠ)■

自信のペナルティ付き!もし、この

宝塚記念を3点で獲れなければ

2018年有馬記念までの

全GⅠを無料配信いたします

→【宝塚記念】3点勝負買い目を無料公開←

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年はファン投票上位が次々と回避。スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、レイデオロ、アルアイン、アーモンドアイなど、有力馬は出走せず、ファン投票10位以内で出走するのはサトノダイヤモンド、キセキ、サトノクラウンの3頭のみ。夏場は無理使いせず休ませる陣営も多く、今年はGⅠ馬の出走は4頭となっている。

また、人気になるであろうサトノダイヤモンド、キセキといった有力馬も絶対的な存在ではない。直近3年でも1人気で馬券圏に入ったのは16年ドゥラメンテ(2着)の1頭だけで、15年には1着ラブリーデイ(6人気)、2着デニムアンドルビー(10人気)、3着ショウナンパンンドラ(11人気)での決着となり3連単では52万8510円の大波乱となっている。

昨年は大阪杯・天皇賞(春)を連勝し断然1人気で出走したキタサンブラックが馬群に沈み9着に。GⅠ3連戦で状態もピークを過ぎていたのは競馬セブンでも関係者情報で把握済。特に長丁場の天皇賞(春)を激走した馬たちにとっては疲れが取れにくく、次走で凡走するケースも多い。

今年はサトノダイヤモンド、サトノクラウン、キセキ、ヴィブロスのGⅠ馬4頭が出走し上位人気になるだろうが、実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在も緊急スクープ済!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第59回 宝塚記念(GⅠ)■

自信のペナルティ付き!もし、この

宝塚記念を3点で獲れなければ

2018年有馬記念までの

全GⅠを無料配信いたします

→【宝塚記念】3点勝負買い目を無料公開←

━━━━━━━━━━━━━━━

七騎の会:宝塚記念490_160