セントウルS2018データキャッチ

第32回セントウルステークス2018の消去法データです。過去10年の傾向から検証してみました。出走予定(登録)馬はアサクサゲンキ、ダイアナヘイロー、ネロ、ファインニードル、ラブカンプーなどで、9月9日(日)阪神競馬場で開催、発走時刻は15:35です。サマースプリントシリーズの最終戦で唯一のGⅡですが、既にシリーズの行方は決しており、スプリンターズSの前哨戦色が濃くなってますネ。

セントウルSの注目穴馬人気ブログランキングSへで限定公開中!2009年5番人気1着アルティマトゥーレも該当した【3.0.0.3】3着内率50%・単回収値376・複回収値126のデータ馬です。(レジーナフォルテでした)

<PR>プロが買う【セントウルSの3連単勝負馬券】には納得の根拠が!

マスターズ:セントウルS300_250

■■【セントウルS】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロが買う【セントウルSの3連単】を知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

  • 元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
  • 情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析
  • →【セントウルS】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ←

    マスターズ:セントウルS490_160

    応援して頂けたら嬉しいです
    にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ

    にほんブログ村トラコミュ

    セントウルステークスみんなの予想

    セントウルS データ分析

    セントウルステークス(GⅡ)

    消去法データで全頭考察

    アクティブミノル 酒井学56.0

    【減点Aa】前走10着以下馬は【2.0.1.40】。2016年ラヴァーズポイント9番人気3着、2015年アクティブミノル10番人気1着など穴馬台頭も多く侮れない路線です。しかしこのうち、前走10番人気以下馬は【0.0.0.22】。人気所は少ないですが、2016年ウイウリは4番人気9着、2011年サンカルロ4番人気5着など、サッパリなデータとなっております。

    3年前の覇者ですが以後未勝利で【0.1.2.20】。馬券になった3回は逃げが残った結果で、展開の助けが必要……。好走時は内枠が多くて開幕週の馬場はプラスですが、雨予報はどうにも歓迎できません。今回はチョット厳しいか……。

    アサクサゲンキ 松山54.0

    【減点Da】前2走ともGⅢ以下以下4着以下馬は【0.0.2.38】。2012年アンシェルブルー12番人気3着、2009年コスモベル11番人気3着と穴馬の台頭があり侮れない路線です。

    3戦連続4着以下ですが常に人気先行で買い難い1頭でした。人気としてはやっと買えるタイミングが来たかなぁ~って印象ですが、どうも最近行き脚が悪いですネ。前に行かないのか行けないのか?逃げてスローに落とせれば一発あって良さそうですが、セントウルSはハイペースになることが多く、あって平均ペースまで……。ココはチョット向かない可能性が高いと思う1頭です。

    アドマイヤゴッド 北村友56.0

    【減点Cb】6歳以上馬は【0.3.5.55】と未勝利でこのうち、前走非重賞戦出走馬は【0.0.0.9】。人気所は少ないですが、2014年マヤノリュウジンは5番人気5着など全滅となっております。

    5歳の昨夏に条件戦を卒業しましたが以後【0.0.0.8】。晩成型が多いハーツクライ産駒ですが、チョット重賞では足りない印象です。

    アンヴァル 未52.0

    【減点Ab】前走10着以下馬は【2.0.1.40】。2016年ラヴァーズポイント9番人気3着、2015年アクティブミノル10番人気1着など穴馬台頭も多く侮れない路線です。しかしこのうち、前走GⅢ以下3番人気以下馬は【0.0.0.26】。24頭が2桁人気で18頭が2桁着順と全く振るわない成績です。

    デビューから4戦は1200mを使われて【3.0.1.0】。3連勝で挑んだフィリーズレビュー4着は好評価でしたが、桜花賞17着で完全にリズムを崩して立て直しに時間がかかりそうです。デビュー3戦目を不良馬場で3馬身圧勝しており、天気が崩れた際にどうか……。

    ウインソワレ 未54.0

    【減点Aa】前走10着以下馬は【2.0.1.40】。2016年ラヴァーズポイント9番人気3着、2015年アクティブミノル10番人気1着など穴馬台頭も多く侮れない路線です。しかしこのうち、前走10番人気以下馬は【0.0.0.22】。人気所は少ないですが、2016年ウイウリは4番人気9着、2011年サンカルロ4番人気5着など、サッパリなデータとなっております。

    若駒時代にファンタジーS3着の実績がありますが、条件戦卒業まで時間がかかり、3歳時のチューリップ賞以来久々の重賞挑戦になります。逃げる展開が理想で、捕まればズルズルなので着差は度外視な1頭ですが、そのまま残れるセーフティーリードを保てれば……。

    グレイトチャーター 幸56.0

    【減点Ca】6歳以上馬は【0.3.5.55】と未勝利でこのうち、前走9番人気以下馬は【0.0.0.25】、2016年ウリウリが4番人気9着などとなっております。

    前走は追い込んで4着と最後に見せ場が訪れましたが53キロで、今回は一気の3キロ増でどこまで?開幕週の馬場とは対極のコースで良績とあって、これで人気になるならかなり危険な感じはします。位置を取れない高齢馬は苦戦傾向なレース質もあり、チョット向かないのかなぁ~っと思っております。

    コウエイタケル 鮫島56.0

    【減点Cb】6歳以上馬は【0.3.5.55】と未勝利でこのうち、前走非重賞戦出走馬は【0.0.0.9】。人気所は少ないですが、2014年マヤノリュウジンは5番人気5着など全滅となっております。

    条件戦卒業までに時間を要し昨年OP入りした7歳馬です。前目につけて粘り込むタイプで、中山芝は初ですが合いそうな1頭です。前走朱鷺Sは”らしくない”上り最速を繰り出し3着でしたが、これも4角3番手からの粘りこみであり、今回も位置取りが全てな1頭とみてます。

    ダイアナヘイロー 武豊54.0

    【減点Da】前2走ともGⅢ以下以下4着以下馬は【0.0.2.38】。2012年アンシェルブルー12番人気3着、2009年コスモベル11番人気3着と穴馬の台頭があり侮れない路線です。

    重賞2勝馬で実績上位の5歳馬です。4連勝で重賞初制覇したのが昨年ですが、もう随分前のことに思うほど不振が続いております。近2走は控える競馬をしているのか、前に行けないのか?GⅠを2戦してサッパリだったので買うならココなんですが……。

    ネロ 未56.0

    【減点Cc】6歳以上馬は【0.3.5.55】と未勝利でこのうち、前走敗退の7歳以上馬は【0.0.0.21】。人気所は少ないですが、昨年のスノードラゴン7番人気8着、2016年スノードラゴン6番人気5着、2015年マヤノリュウジン6番人気5着などとなっております。

    近3走はダートを使われて久々の芝になります。個人的にはこのような使い方が気に入らないんですが、昨年京阪杯を連覇した際の前走もダートだったりで侮れない1頭です。この馬も位置取りが全てでしょう。重馬場は【2.0.0.1】で雨が降れば台頭の余地もありそうです。

    ファインニードル 川田58.0

    【減点なし】昨年の覇者で連覇を狙います。今年は4月の香港からの直行で、一回叩いて次のスプリンターズSが大目標で間違いないローテです。国内全成績が【8.2.2.12】でピンかパーかに近く、買うならアタマからがセオリーですが、如何せん目標が先なのもあり、選ぶ券種も大切なファクターになります。力は文句なし抜けてると思います。

    フミノムーン 国分優56.0

    【減点Aa】前走10着以下馬は【2.0.1.40】。2016年ラヴァーズポイント9番人気3着、2015年アクティブミノル10番人気1着など穴馬台頭も多く侮れない路線です。しかしこのうち、前走10番人気以下馬は【0.0.0.22】。人気所は少ないですが、2016年ウイウリは4番人気9着、2011年サンカルロ4番人気5着など、サッパリなデータとなっております。

    後方脚質ゆえか中山はサッパリで【0.0.0.3】でオール掲示板外……。仮にGⅠ出走が叶っても次はイランと思います。それゆえ狙うならココなんですが、元々大柄なタイプではありませんでしたが、遂にデビュー時の馬体重を前走割ってしまいました。立て直しに時間がかかりそうです。

    ブラヴィッシモ 未56.0

    【減点Ba】中9週以上馬は【2.7.4.39】。2015年アクティブミノル10番人気1着など穴馬の台頭は侮れませんがこのうち、近2走ともGⅢ以下戦出走の前走敗退馬は【0.0.0.7】。6頭が2桁人気で5頭が2桁着順となっております。

    夏は全休してココが始動戦になります。その上昨年のオーシャンS以来1年半ぶりに1200m戦で位置取りに苦労しそうな1頭です。目標がどこか難しいんですが、【2.3.2.3】のコース相性でココか阪神Cか……。

    マッチレスヒーロー 未56.0

    【減点Ba】中9週以上馬は【2.7.4.39】。2015年アクティブミノル10番人気1着など穴馬の台頭は侮れませんがこのうち、近2走ともGⅢ以下戦出走の前走敗退馬は【0.0.0.7】。6頭が2桁人気で5頭が2桁着順となっております。

    もう2年以上未勝利の7歳馬です。残りも少なくなったオレハマッテルゼ産駒ですが、未勝利時代の2014年以来久々の芝では厳しいかと思います。

    ラインスピリット 森56.0

    【減点Ca】6歳以上馬は【0.3.5.55】と未勝利でこのうち、前走9番人気以下馬は【0.0.0.25】、2016年ウリウリが4番人気9着などとなっております。

    この馬も位置を取って粘るタイプで阪神芝は好相性で【2.1.0.1】。それでいて中山は【0.0.0.3】なので買うならココ……。アイビスSDからの延長臨戦も良績が多く、侮れない1頭かと思います。

    ラブカンプー Mデムーロ52.0

    【減点なし】1200m以下は【2.4.1.0】とパーフェクト馬券圏内率を誇る安定株です。森田厩舎はエースのダイメイプリンセスがアイビスSD勝ち⇒北九州記念2着で、ラブカンプーにとっては少々気の毒な使われ方でした。そのダイメイプリンセス不在の今回、反感贔屓が強くなればこの馬が売れる可能性があり妙味的には微妙ですが、チョット外し難い感じはしてます。問題はどこがメイチだったのか?私は当初、アイビスSDとみてたんですが、ココへきてのデムーロ騎手起用など解せない点も多い……。ココを見据えてのローテだったんなら陣営お見事なんですが……。

    レジーナフォルテ 杉原54.0

    【減点なし】アイビスSDからの直行は良績が多く侮れない1頭です。今年は降級もあって7戦消化と使い詰めでしたが、一応中3週以上は保たれてて、次を考えるとどうやらココでお休みとなりそうです。逆に勝って”もう一丁”とかなると気の毒ですが、メイチ感はタップリで楽しみな1頭です。

    出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  -着候補 アクティブミノル 減点Aa
  •  3着候補 アサクサゲンキ 減点Da
  •  -着候補 アドマイヤゴッド 減点Cb
  •  -着候補 アンヴァル 減点Ab
  •  -着候補 ウインソワレ 減点Aa
  •  -着候補 グレイトチャーター 減点Ca
  •  -着候補 コウエイタケル 減点Cb
  •  3着候補 ダイアナヘイロー 減点Da
  •  -着候補 ネロ 減点Cc
  •  1着候補 ファインニードル 減点なし
  •  -着候補 フミノムーン 減点Aa
  •  -着候補 ブラヴィッシモ 減点Ba
  •  -着候補 マッチレスヒーロー 減点Ba
  •  -着候補 ラインスピリット 減点Ca
  •  1着候補 ラブカンプー 減点なし
  •  1着候補 レジーナフォルテ 減点なし
  • スポンサーリンク


    今回の購入候補馬は1着候補3頭+3着候補2頭

    1着候補馬
    ファインニードル
    ラブカンプー
    レジーナフォルテ

    3着候補馬
    アサクサゲンキ
    ダイアナヘイロー

    消去法選定作業を終えて

    フルゲート16頭に対し16頭の登録です。GⅠスプリンターズSに中2週と重要ステップ戦で、例年デタラメな波乱こそ少ないものの、中波乱程度が頻繁に出現するレースです。難しくしている最たる理由は春の実績馬で、夏の上り馬との比較が波乱を助長する結果となっております。隙をみて穴狙いで攻めたい一戦であります。

    セントウルSの注目穴馬人気ブログランキングSへで限定公開中!2009年5番人気1着アルティマトゥーレも該当した【3.0.0.3】3着内率50%・単回収値376・複回収値126のデータ馬です。(レジーナフォルテでした)

    アンケートにご協力お願い致します

    4年8カ月ぶりの平地参戦となった7月7日の福島・開成山特別(500万下)を、4角先頭から3馬身差で圧勝した障害界の“絶対王者”オジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正)。注目の次走が1000万条件の九十九里特別(9月22日・中山、芝2500メートル)に決まった。管理する和田正師が7日、明らかにした。前走に引き続き武豊とコンビを組む。

    オジュウチョウサンの次走は9・22九十九里特別 同舞台の有馬記念を想定|デイリー競馬

    現在500万下所属の身で格上挑戦となります。このレースは菊花賞を目指す下級戦組の登竜門敵位置づけですが、有馬記念出走に向けて万全の体制を構築しつつあります。近年はグランプリレースのフルゲート割れが連発し、イマイチ盛り上がりに欠ける面否めない中、JRA様にとっては嬉しいビッグニュースです。

    凱旋門賞の前日に行われる芝4000mの平地長距離GⅠカドラン賞への出走打診があったとかで、そちらへの出走は非現実的ながら、有馬記念出走へ向け、競馬界の“二刀流伝説”第2戦が楽しみなところです。そんな訳で皆さんはどう思われますか?もし宜しければアンケートにご協力頂きたく思います。

     

    以上、産経賞セントウルステークスのデータ消去法編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>セントウルSの3連単勝負馬券を限定無料公開中です!

    シンクタンク:セントウルS300_250

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第63回 セントウルS(GⅡ)

    万馬券を狙い撃つ

    【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →【セントウルS】ココをクリック【3連単勝負馬券】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    サマースプリントシリーズの最終戦ではあるが、今年はアレスバローズがCBC賞、北九州記念を連勝し、チャンピオンの座をほぼ手中におさめている状況。そうなると、GⅠスプリンターズSを占う上で、最も重要視すべき前哨戦という意味合いは、一層色濃くなってくる。

    実際、高松宮記念を制した春のスプリント王・ファインニードルがココから始動予定。昨年も制した相性のいい舞台であり、今年も人気になることは必至だろう。だが、あの世界のロードカナロアですら2年連続で負けている一筋縄ではいかないレースで、前哨戦だからこそ、決して力通りの結果とはならない1戦なのだ。

    休み明けの実績馬がどれくらい仕上がっているか、どんな思惑で使っているのか、ココに向けての勝負度合いを見極めることが、前哨戦における馬券攻略の大きなカギとなる。しかし、公正競馬を謳う以上、世間に出る情報や新聞に載る関係者のコメントは建前ばかり。本当の情報や、厩舎の裏事情は一部の親しい関係者しか聞くことができず、一般競馬ファンは真実を知らないままに、馬券を買わされることも多々あるわけだ。

    だからこそ、元騎手・元調教師といった競馬界の大物OBや、サークル内の事情通など、多種多彩な大物関係者たちを情報ルートとして擁する弊社シンクタンクの情報力が、的中に直結することになる。この情報力を競馬ファンの方々にも体感して頂くため、今週は【セントウルS3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。セントウルSの馬券を購入する予定がある方は、是非とも一度チェックして頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第63回 セントウルS(GⅡ)

    万馬券を狙い撃つ

    【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →【セントウルS】ココをクリック【3連単勝負馬券】←

    シンクタンク:セントウルS490_160