マイルCS2018キャッチ

2018年11月18日(日)京都競馬場で行われるマイルチャンピオンシップでは、人気グループ純烈の5名がライヴやトークショーを行います。何かサインになるものがないかなぁ~って考えてみました。後、血統と追い切り情報を少々……。

<PR>【マイルCS】プロが買う『3連単勝負馬券』の極意を無料公開!

■■【マイルCS】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロが買う【マイルCSの3連単勝負】を知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

  • 元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
  • 情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析
  • →【マイルCS】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ←

    マスターズ:マイルCS490_160

    マイルチャンピオンシップ2018血統表

    マイルCS2018登録馬血統表
    マイルCS2018登録馬血統表

    今年の出走登録馬の血統は上の画の通りです。

    マイルCS2018過去10年種牡馬別データ
    マイルCS2018過去10年種牡馬別データ

    マイルCS過去10年の種牡馬別成績は上の画の通りです。良績が寄ってるディープインパクト産駒からは、アルアイン、カツジ、ケイアイノーテック、ジュールポレール、ミッキーグローリー、レッドアヴァンセが登録してます。

    マイルCS2018過去10年母父別データ
    マイルCS2018過去10年母父別データ

    良績が多いサンデーサイレンスからは、エアスピネル、ペルシアンナイトが登録してます。

    この他、京都芝マイルの成績とか、月別成績で11月実績とか色々調べてはみたんですが、私には詳しく解説する技術が伴っておりません。その辺り、この度ブログをリニューアルされたmenkさんの記事、マイルチャンピオンシップ2018 出走予定馬と注目馬で詳しく解説されております。私もいつも参考にさせて頂いてるんですが、今年のマイルCS的中へのヒントが隠されてそうです!併せてご覧下さい。

    マイルチャンピオンシップ2018サイン

    マイルCS2018ゲスト純烈

    今回のゲストは人気グループの純烈!メンバー5名がライヴやトークショーを行います。「マイルチャンピオンシップ予想会」終了後、ハイタッチイベントが行われるそうです。予想大会の最後に詳細が発表されるようなのでファン必見です!

    最終レース終了後は純烈ライヴ&レース回顧トークショーも行われます。購入馬券を提示の上抽選となりますので、詳しくはHPをごらん下さい。

    純烈のメンバーは以下の5名

  • 酒井一圭 1975年6月20日生
  • 白川裕二郎 1976年12月11日生
  • 小田井涼平 1971年223日生
  • 友井雄亮 1980年4月2日生
  • 後上翔太 1986年10月23日生
  • サインは2ですネ♪

    マイルチャンピオンシップ追い切り

  • 一週前追い切り
  • 最終追い切り
  • 私がいつも参考にさせて頂いてる動画です。

    最終追い切りで、私が最も良くみえたのは■■■■(ターフビジョンの無料コンテンツ「トレセン“リアル”レポート」推奨馬1頭目)です。(モズアスコットでしたでした)

    ■■■■の秋初戦は前哨戦モードで仕上がり具合が注目されるが、最終追い切りの動きは抜群だった。□□□□騎手が騎乗し栗東坂路で4F51秒5―12秒0の好時計。馬なりのまま、併馬を1馬身半突き放した。◆◆調教師は「『一切無理はしていない』と□□□□は言っていた。もともと使って良くなるタイプで、先週金曜日の追い切りで状態が良くなっているのを確信した。間違いなく上がっている」とキッパリ話した。春の時点ではまだ随所に子供っぽさが見られたというが秋になって少し大人になった。「まだ物足りないところがあるが、常歩とかがスムーズになったり、成長している」とトレーナーはいう。さらにパワーアップした可能性もある。

    この記事は、ターフビジョンの無料コンテンツトレセン“リアル”レポートの抜粋です。

    ココのサイトは追い切り調教について、一般には公開されない生の情報を毎週掲載してくれます。有力馬のみならず、穴馬も紹介してくれるので、メインレースの予想に大いに役立ちます。メールアドレス登録のみで閲覧可能(無料)!メールアドレスを入力後、送られてきた確認メールをクリックで完了ですので、お手数ですがそちらでご確認ください。

    トレセンリアルレポート

    まとめ

    秋のマイル王決定戦に相応しいメンバーが揃いました。どのレースにも”平成最後の”の冠がついて、少々耳障りに感じる最近ですが、第35回というと大半は平成で行われたGⅠ戦です。現地で観戦したこともあり思い入れのあるレースですが、見応えあるレースを期待します。

    以上、マイルチャンピオンシップのサイン編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    スポンサーリンク


    <PR>【マイルCS】日本騎手の逆襲で浮上する穴馬とは!?【3点で獲れる】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第35回 マイルCS>

    不動のマイル王不在で大混戦!

    波乱の立役者とは!?

    →【マイルCS】3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    春のマイル王決定戦・安田記念では異例のローテーション、連闘で挑んだモズアスコットが優勝、2着アエロリット、3着スワーヴリチャードで決着。秋のマイル王決定戦となるマイルCSには秋春マイル王の座を狙うモズアスコット、毎日王冠で牡馬勢を倒したアエロリット、昨年の覇者ペルシアンナイトやエアスピネル、アルアイン、ケイアイノーティック、ステルヴィオなどが参戦。近年でも絶対的王者不在のマイルGⅠとあって、今年も好メンバーが揃い大激戦模様。

    過去10年、関東馬で勝利したのは15年モーリスのみ。東西別の成績では関東馬【1.3.2.50】関西馬【9.7.6.95】と圧倒的に関西馬の活躍が目立つ。平均配当では、馬連4890円、3連複1万8200円、3連単12万8600円。伏兵馬では11年フィフスペトル(11人気2着)、10年エイシンフォワード(13人気1着)、09年マイネルファルケ(14人気2着)、08年ファイングレイン(10人気3着)と4頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

    ステップレース別の成績では富士S組が3勝、天皇賞秋組が2勝。その他ではスワンS、スプリンターズS、府中牝馬S、安田記念、京都大賞典組がそれぞれ1勝を挙げている。勝利馬3頭を含む7連対の富士S組の好走が目立つ。

    GⅠ馬7頭が参戦する今年のマイルCS。競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!騎手・調教師・厩務員が揃って「勝てる!」と豪語するとある陣営の勝負馬とは!?公にはならない関係者した知りえない裏情報!絶対にお見逃しの無いようご注意下さい!

    今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『マイルCS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第35回 マイルCS>

    不動のマイル王不在で大混戦!

    波乱の立役者とは!?

    →【マイルCS】3点勝負買い目を無料公開←

    七騎の会:マイルCSブログ用300_300