天皇賞春2019キャッチ2

2019年4月28日(日)京都競馬場で行われる天皇賞春2019の競馬予想です。芝3200mCコース外回りで行われます。過去10年の消去法データで検証しました。いつからか、どのレースにも“平成最後の”と冠がついて、私も独りのキャッチコピーマンとしてウンザリしてたんですが、このレースこそ正真正銘“平成”最後のG1になります。締めくくりに相応しく“平成”らしいレースを期待します。

お知らせ

管理人出張につき多忙を極めております。データは2週前登録時点で検証しており、前週出走の連闘馬が出た場合のデータは反映されてません。シャケトラについても他馬同様扱っております。随時加筆訂正を加えます。

天皇賞春の穴馬はコレだ!

過去10年、単勝15倍以上馬は9頭が馬券に絡んでますが、

ツイッターに掲載してます項に該当する馬は【3.2.4.43】

複勝率17.3%・単回収値428・複回収値262とハイアベレージです。

今年はコノ馬!! ⇒ 人気ブログランキングTで限定公開中です!(メイショウテッコンでした)

ユーチューブでも考察をお話してます。

<PR>【天皇賞春】“競馬の神様”の実力を体感できる【無料キャンペーン】

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業38年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞春(G1) 3連複10点勝負

過去10年で3連複平均配当5万1680円

注目重賞でプロが買う馬券

━━━━━━━━━━━━━━━━━

→天皇賞春を無料閲覧する方法←

消去法データ

★減点A 高齢馬

6歳以上馬は【3.5.4.72】でこのうち、

a 前走6番人気以下1秒以上敗退馬は【0.0.0.23】

  • ケントオー
  • ロードヴァンドール
  • b 前走3着以下馬は【0.3.1.56】

  • リッジマン
  • ★減点B 休養馬

    a 中9週以上馬は【1.2.0.19】でこのうち、前走3着以下馬は【0.0.0.9】

  • パフォーマプロミス
  • ★減点C 斤量増馬

    a 斤量3キロ以上増馬は【0.0.2.22】

  • エタリオウ
  • メイショウテッコン
  • b 上記【Ca】24頭中、中9週以上馬は【0.0.0.5】

  • グローリーヴェイズ
  • ユーキャンスマイル
  • ★減点D ローテ

    a 2走前非重賞戦出走馬は【0.0.0.23】

  • ヴォージュ
  • カフジプリンス
  • プリンスオブペスカ
  • ★出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  •  -着候補 ヴォージュ 減点Da
  •  3着候補 エタリオウ 減点Ca
  •  -着候補 カフジプリンス 減点Da
  •  1着候補 クリンチャー 減点なし
  •  -着候補 グローリーヴェイズ 減点Cb
  •  -着候補 ケントオー 減点Aa
  •  1着候補 シャケトラ 減点なし
  •  1着候補 チェスナットコート 減点なし
  •  -着候補 パフォーマプロミス 減点Ba
  •  1着候補 フィエールマン 減点なし
  •  -着候補 プリンスオブペスカ 減点Da
  •  3着候補 メイショウテッコン 減点Ca
  •  -着候補 ユーキャンスマイル 減点Cb
  •  2着候補 リッジマン 減点Ab
  •  -着候補 ロードヴァンドール 減点Aa
  • 今回の穴馬候補

    天皇賞春の穴馬はコレだ!

    過去10年、単勝15倍以上馬は9頭が馬券に絡んでますが、

    ツイッターに掲載してます項に該当する馬は【3.2.4.43】

    複勝率17.3%・単回収値428・複回収値262とハイアベレージです。

    今年はコノ馬!! ⇒ 人気ブログランキングTで限定公開中です!(メイショウテッコンでした)

    消去法選定作業を終えて

    フルゲート18頭に対し15頭の登録です。頭数が揃わないレースになっちゃったのは残念で、オジュウチョウサンも不出走、シャケトラは残念な予後不良と暗いニュースが続きましたが、平成最後のG1 として、全馬無事完走の好レースを期待します。

    今回の購入候補馬は1着候補馬4頭+2着候補馬1頭+3着候補馬2頭+着外候補?頭

    1着候補馬

  • クリンチャー
  • シャケトラ
  • チェスナットコート
  • フィエールマン
  • 2着候補馬

  • リッジマン
  • 3着候補馬

  • エタリオウ
  • メイショウテッコン
  • 着外候補馬

  • ■■■■
  •  

    以上、天皇賞春のデータ消去法編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>【天皇賞春】主役不在で浮上する激走穴馬の正体とは?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第159回 天皇賞(春)>

    主役不在で浮上する激走穴馬の正体とは?

    →【天皇賞春】3点勝負買い目【無料公開】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    「平成最後のG1」天皇賞(春)。淀の3200mで行われる当レースは古馬唯一の3000m級GIとあって、名うてのステイヤーが集結することで知られているが、16・17年と連覇を達成したキタサンブラック引退後、古馬長距離路線は確たる主役不在。今年も現役トップクラスの長距離馬が名を連ねているが、どの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成となっている。

    人気になるのは昨年の菊花賞でワンツーだった2頭。菊花賞馬フィエールマンは必勝を期して出走したAJCCで休み明けのシャケトラに敗れ、本番に向けて黄色信号が灯った。菊2着のエタリオウも日経賞で4度目となる重賞での2着を記録。勝ち切れない面は未だ残っている雰囲気だ。その日経賞を逃げ切ったメイショウテッコンも脆さが同居するタイプであり、本番で平成の盾男・武豊騎手が騎乗出来ない点も割引。

    このように今年の天皇賞(春)は戦前からかなりの混戦ムードが漂っている。配当妙味も同時に大きいであろう当レースを的中させるためには「各馬の力量・状態」を把握しておくことが近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界随一。昨年の天皇賞(春)も予告的中しているが、今年も確信の◎から好配当獲り宣言!馬券購入前に必ずご確認ください。

    騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第159回 天皇賞(春)>

    主役不在で浮上する激走穴馬の正体とは?

    →【天皇賞春】3点勝負買い目【無料公開】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━