京成杯2019キャッチ

2019年1月14日(月祝)中山競馬場で行われる京成杯2019の予想です。芝2000mCコース内回りで行われます。過去にはエイシンフラッシュがココを勝って皐月賞3着⇒日本ダービー制覇と飛躍を遂げましたが、近年は“早熟王”決定戦の趣も感じ少々寂しいですネ……。昨年のジェネラーレウーノも以後案外でしたが、結構地味な血統の馬が好走してるイメージでもある京成杯。今年はどんな結果になるんでしょうか?過去10年の結果からデータ消去法で予想しました。

京成杯の注目穴馬人気ブログランキングKへで限定公開中!2015年3番人気1着ベルーフ、6番人気3着クルーガーや前記エイシンフラッシュが2010年に該当した【3.3.2.11】で3着内率42.1%・複回収値111の好データ馬です。(11リーガルメインでした)

<PR>【京成杯】プロが買う『3連単勝負馬券』の極意を無料公開!

■■【京成杯】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロが買う【京成杯の3連単勝負】を知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

  • 元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
  • 情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析
  • →【京成杯】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ←

    マスターズ:京成杯490_160

    にほんブログ村トラコミュ

    京成杯みんなの予想

    京成杯 データ分析

    消去法データ

    ★減点A 前走敗退ボーダー

    前走4着以下馬は【2.3.1.51】でこのうち、

    a 前走条件戦出走馬は【2.3.1.51】

  • カイザースクルーン
  • カフジジュピター
  • b キャリア2戦以下馬は【0.0.0.9】

  • カテドラル
  • クリスタルバローズ
  • ダノンラスター
  • c 前走0.7秒以上敗退馬は【0.0.0.32】

  • ナイママ
  • マードレヴォイス
  • ★減点B 牝馬

    a 牝馬は【0.0.0.9】

  • グレイスアン(回避馬)
  • ★減点C 新馬戦組

    a 前走新馬戦出走馬は【0.0.2.15】

  • ヒンドゥタイムズ
  • ラストドラフト
  • ★減点D 未勝利戦組

    a 前走未勝利戦出走馬は【1.3.1.26】でこのうち、キャリア2戦以下馬は【0.1.0.13】

  • リーガルメイン
  • ★出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  • 1 -着候補 カイザースクルーン 減点Aa
  • 2 3着候補 ヒンドゥタイムズ 減点Ca
  • 3 -着候補 クリスタルバローズ 減点Ab
  • 4 -着候補 マードレヴォイス 減点Ac
  • 5 1着候補 ランフォザローゼス 減点なし
  • 6 -着候補 カテドラル 減点Ac
  • 7 3着候補 ラストドラフト 減点Ca
  • 8 -着候補 カフジジュピター 減点Aa
  • 9 1着候補 シークレットラン 減点なし
  • 10 -着候補 ナイママ 減点Ac
  • 11 2着候補 リーガルメイン 減点Da
  • 12 -着候補 ダノンラスター 減点Ab
  • 回避馬

  •  -着候補 グレイスアン 減点Ba
  • 今回の穴馬候補

    京成杯の注目穴馬人気ブログランキングKへで限定公開中!2015年3番人気1着ベルーフ、6番人気3着クルーガーや前記エイシンフラッシュが2010年に該当した【3.1.1.3】で3着内率45.5%・単回収値118の好データ馬です。(11リーガルメインでした)

    消去法選定作業を終えて

    フルゲート17頭に対し13頭の登録です。弥生賞や皐月賞と同距離同コースで行われる3歳重賞ですが、ホープフルSのG1昇格に伴い、そのメリットが薄れ格落ち感否めないレースとなりました。しかし、早い時期に重賞勝ちがあればローテが楽になる図式はより拍車がかかった印象で、前延エイシンフラッシュやジェネラーレウーノは皐月賞に直行して3着しております。次まで考えて予想するなら臨戦過程は重要になりそうです。

    今回の購入候補馬は1着候補馬2頭+2着候補馬1頭+3着候補馬2頭+着外候補?頭

    1着候補馬

  • シークレットラン
  • ランフォザローゼス
  • 2着候補馬

  • リーガルメイン
  • 3着候補馬

  • ヒンドゥタイムズ
  • ラストドラフト
  • 着外候補馬

  • ■■■■
  • 予想はコチラ

  • 本命はランフォザローゼスにしました
  • 前走は直線で横の馬に寄られて不利がありました。致命的って程ではありませんでしたが、ここから加速だ!ってところだったのでロスは大きかったですネ。同じ中山2000mですが今度は重賞なので、前走ほどゴチャつくことはないとみています。

  • 対抗はシークレットランにしました
  • その本命馬が2着に敗れたレースの勝ち馬がこの馬になります。7番人気からの一発で波乱を演出したんですが、外を回しての差しきりはお見事!今回は一気の人気UPも仕方ない好内容でした。しかし、前記の通り内がゴチャついた要素も大きく、前走馬券を獲ってる人ならまだしも、買うべきタイミングかと聞かれれば疑問が残ります。今年は好スタートを切った内田騎手ですが、芝での不振は深刻で、総合的にはここまでの評価が限界であります。

  • ▲は■■■■にしました(7ラストドラフトでした)
  • この馬はシンジケートの無料コンテンツ:田端正照SPECIAL FEATUREで3頭目に推された馬です。

    京成杯2019シンジケート

    見解は上の画のような内容で、2強の思惑なんですネ。

    シンジケート田端正照

    このコンテンツは、ヒシアマゾンやホクトベガを手がけた名調教助手田端正照氏監修の競馬サイトです。今尚競馬界に精通するその情報力は馬券への直結性が大きく、毎週結構な穴馬を提供してくれます。メールアドレス登録のみで閲覧可能!メールアドレスを入力後、送られてきた確認メールをクリックで完了です。お手数ですがサイトの方でご確認ください。

  • △はリーガルメインにしました
  • この馬も全然人気ないようなので一発候補で抜擢してみました。京成杯過去10年、前走連対の関西馬でキャリア4戦以下となると【3.1.1.3】。2015年3番人気1着ベルーフ、6番人気3着クルーガーや前記エイシンフラッシュが2010年に該当した、3着内率45.5%・単回収値118の好データ馬です。

  • ✕はヒンドゥタイムズにしました
  • この馬も新馬戦組で【0.0.2.15】の減点が入ってます。スローの前残り競馬でタイムも平凡でしたが3馬身半差圧勝!中谷騎手は重賞2着1回、3着5回と惜しいところまで来てるんですが、3番人気内では【0.0.0.5】で全滅……。私は個人的にはキングハートの北九州記念2017の4着が一番チャンスだったとは思ってるんですが、今回は人気ないようなので一発期待です。

    印はこのようになりました

  • ◎ 05 ランフォザローゼス
  • 〇 09 シークレットラン
  • ▲ → シンジケートの無料コンテンツ:田端正照SPECIAL FEATURE3頭目の馬(7ラストドラフトでした)
  • △ 11 リーガルメイン
  • ✕ 02 ヒンドゥタイムズ
  • 馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    11:31追記

    葉牡丹賞連対の2頭が2強の様相です。確かに時計も凄くて抜けてる可能性はありますが、2強対決ってやり合って1頭は飛んじゃうケースも多いんですょネ。そんなことを考えながら馬券を組んでみました。

    単勝 5 500

    複勝 11 300

    馬連 ▲⇒5・9 各100(2点) (的中9.7倍)

    3連複 5・9⇒5・9・▲⇒2・5・9・11・▲ 各100(7点) (的中54.9倍)

    (払戻金 1000⇒6460)

     

    以上、京成杯の予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>【京成杯】『人気通りには決まらない!今年の超穴馬はこれだ』

    ―――――――――――――――――――――――――

    ≪2018年2歳GⅠは3戦3勝≫

  • 朝日杯FSも ⇒9710円【的中】
  • 阪神JFも  ⇒5020円【的中】
  • ホープフルSも⇒3650円【的中】
  • ―――――――――――――――――――――――――

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    さらに!先週のシンザン記念(GⅢ)も

    ◎ヴァルディゼール(単勝6.8倍の4人気)が1着

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    京成杯はアノ馬が絶好の走り頃

    1番人気相手でも馬連想定50倍以上

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ―――――――――――――――――――――――――

    『人気通りには決まらない!今年の超穴馬はこれだ!』

    第59回【京成杯】の超穴馬を今すぐ教えます!

    ―――――――――――――――――――――――――

    ワールド:京成杯490-160