大阪杯2020キャッチ2

第64回大阪杯2020の枠順が確定しました。ダノンキングリーが6枠8番、クロノジェネシスが8枠12番、ラッキーライラックが5枠5番、ブラストワンピースが3枠3番、ワグネリアンが4枠4番などとなっています。ここでは、大阪杯2020の全頭解説をしたいと思います。

大阪杯の穴馬はコレだ!

過去10年、単オッズ15倍以上馬は7回8頭が馬券に絡んでます。共通点をLINE@に掲載してますが、この項に該当する馬は【2.5.1.19】で複勝率が29.6%、単回収値161、複回収値128とハイアベレージです。(今から登録した方もご覧頂けるように、タイムラインにも掲載してます)

今年はコノ馬!! ⇒ 人気ブログランキングHで限定公開中です!(ステイフーリッシュでした)

このLINE@では、週末行われる全重賞の特注馬を公開しております。先週の毎日杯では4人気ダノンアレーが3着好走!今年は絶好調で、フェブラリーSは馬連3万馬券的中!今年2度目の回収率1000%超を達成しました!地方競馬でも川崎記念で3連複28倍的中と、今年も絶好調ですので、まだ登録されてない方は、ぜひこの機会にお友達登録をよろしくお願い致します。

友だち追加

無料メルマガ始めました。

今後は、平場の予想はコチラに掲載するつもりです。

その他、地方競馬や重賞の有力データ、おススメのサイトだったりも紹介予定です。

無料ですので、是非登録してみて下さい。

メルアド登録フォーム

メルマガQRコード

メルマガ空メール用QRコード

<PR>【大阪杯】プロが買う『3連単勝負馬券』の極意を無料公開!

■■【大阪杯】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロが買う【大阪杯の3連単勝負】を知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

  • 元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
  • 情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析
  • →【大阪杯】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ←

    週刊芸能人競馬速報(毎週無料)

    週刊芸能人競馬300x250

    OLパドック予想師『ちか』の予想を見る(毎週無料)

    地中海厳選レースを見に行く(地方・海外・中央競馬を毎週20R無料)

    地中海厳選レース

    第64回大阪杯2019関連記事

    大阪杯2020消去法データ(過去10年)

    阪神競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイント

    外国人ジョッキーからの乗替りは買えるのか?

    「競馬セブン」の最強コンテンツ!|外厩を制する者が近代競馬を制す!

    ユーチューブでは過去3年のレースを振り返って検証してます。

    逃げ馬は1頭も残ってなくて不相性です。過去10年でも【0.1.1.8】と未勝利となってます。コーナーは内外イーブンですが、直線は内から中までです。外からの馬は上り最速級が条件で、それでも2着までです。

    位置取りは中団より前が前提で、後方からは上り最速級が条件で、それでも3着までとなっております。上り最速の馬が不相性で、過去10年では【3.2.1.5】とそこまで悲観する成績じゃないんですが、G1昇格後が3年が4頭で【0.1.0.3】と芳しくありません。この辺りがレースの格なんでしょうが、末脚よりは位置取りを優先したいレースです。

    お友達のあいの競馬ちゃんねるさんがユーチューブで予想を公開されてます。今年は13戦予想して9的中と絶好調のの美人予想家さんです。

    着候補 消去項目入り枠順表

  • 1 -着候補 ロードマイウェイ 減点Aa
  • 2 -着候補 サトノソルタス 減点Cb
  • 3 1着候補 ブラストワンピース 減点なし
  • 4 1着候補 ワグネリアン 減点なし
  • 5 1着候補 ラッキーライラック 減点なし
  • 6 -着候補 レッドジェニアル 減点Ba
  • 7 1着候補 ステイフーリッシュ 減点なし
  • 8 1着候補 ダノンキングリー 減点なし
  • 9 -着候補 マカヒキ 減点Bb
  • 10 -着候補 ジナンボー 減点Ca
  • 11 -着候補 カデナ 減点Ca
  • 12 1着候補 クロノジェネシス 減点なし
  • 回避馬

  •  -着候補 ヴェロックス 減点Ab
  •  -着候補 クレッシェンドラヴ 減点Ba
  • 大阪杯2020全頭解説

    今回の評価ですが、個人的意見として、A~Dの4段階で評価してます。

  • A券種に関係なくほぼ買うだろう馬
  • Bデータで残っていて、3連複なら入れたい馬
  • Cデータでは減点だが、例外視の可能性を残しておきたい馬
  • Dほぼ間違いなく切るだろう馬
  • っと言うことで進めたいと思います。

  • C ロードマイウェイ
  • 減点Aa 前走10着以下馬【0.0.0.24】

    前走は金鯱賞2番人気10着からの臨戦です。スローの前残りも向きませんたが、このレースはコーナー外⇒直線中の2頭が連対ですから、ちょっと適切な言葉が見当たりませんが、ほぼ完璧に向きませんでしたw。私は本命視してたんでショックも大きかったんですが、変わり身があるならココでしょうネ。金鯱賞組では一番評価してます。ただ、元々は前につけれた馬が、重賞になって急に控えるようになったのは気になります。チャレンジC勝ちが余計なのかも知れませんが、5連勝で一息入ったんで、これは要注意かと思います。

  • D サトノソルタス
  • 減点Cb 前走ローカル4番人気以下で今回斤量増馬【0.0.0.14】

    前走は金鯱賞を8番人気で波乱に貢献しました。スローの前残りも向きましたが、このレースはコーナー外⇒直線中の2頭が連対ですから、ちょっと額面通り受け取れません。好走が続くタイプでもなく、今回は厳しそうです。

  • B ブラストワンピース
  • 減点なし満点クリア

    前走はAJCCを1番人気1着してからの臨戦になります。スティッフェリオが単騎の楽逃げでスローになったんですが、縦長の中団やや前目から、いつも通り4角で体勢をつくりました。この日は中山開催の最終日で、内を空けて外に馬が殺到したんですが、直線で内に切り替えたタイミングが抜群でした。それでいて上り最速ですから、ちょっと力が違ってました。

    凱旋門賞組の中ではこの馬の疲労が一番大きかったようですが、その疲労はもう心配ないとみて大丈夫そうです。去年は有馬記念からの直行で人気を裏切ったんですが、あんまり間隔を詰めても使えない馬なので、去年よりは良さそうです。

    ただ、この馬は生涯【7.0.0.4】とピンかパーかで、連続して好走したのは若駒時代だけなんですょネ。順番なら危ない方なんですが、来るならアタマからかなぁ~ってイメージを馬券に組み込めたら理想だと思ってます。

  • B ワグネリアン
  • 減点なし満点クリア

    前走はJC3着からの今年緒戦です。このレースはコーナーで内を回した2頭が連対したんですが、ワグネリアンはコーナーで1頭分外を回してから3着なのでこれは好評価です。去年は半年ぶりのレースを3着してますが、今年も似たような臨戦で久々になりましたネ。2000mはちょっと短いんですが、この馬は先行脚質にしては展開に注文がつくので、天皇賞春は論外としまして、宝塚記念よりは良さそうです。連勝系馬券からはちょっと外せないですネ。

  • B ラッキーライラック
  • 減点なし満点クリア

    前走は中山記念を2着してからの臨戦になります。コーナーでは勝ち馬の真後ろにつけてロスなく回ってきたんですが、上りが同じ3位タイで差を詰めれませんでした。今回は斤量が2キロ差になるので、好勝負は期待できそうなんですが、この馬はドバイのシーマクラシックとターフの両方に登録してて、1ヶ月前には目標を切り替えたんですが、その影響がどれだけあるかは今回心配です。

    古馬以降、国内で馬券に絡んだ4戦は全て非根幹距離で、去年も中山記念2着以降は2戦して1番人気を裏切ってます。もしかしたら冬馬の可能性も否めないんですが、今の安定感では1回崩れるまで馬券から外し難いですネ。前走よりは危ない感じがしてます。

  • D レッドジェニアル
  • 減点Ba 前走G2以下6着以下で今回中9週以上馬【0.0.0.7】

    前走は日経新春杯を1番人気7着してからの臨戦です。後方一気の上り最速でしたが、いくらなんでも間に合いませんネ。スローの前残りで向かなかったのも確かですが、大阪杯とのレース質が近い競馬でしたし、そもそもこの馬には距離が足りないと思います。

  • A ステイフーリッシュ
  • 減点なし満点クリア

    前走は京都記念3着してからの臨戦になります。大逃げが入った2番手集団の先頭から最後まで良く粘りました。この展開は2番手グループに向くケースも多いんですが、コーナーで外を回した2頭が連対してますので、これは評価して良い3着だったと思います。

    2走前はAJCC2着でこの時も番手の競馬……。自ら展開を作って、それで向いてるのは強みの一つです。阪神コースは良績もあって、鳴尾記念とチャレンジCはどちらも2000m戦です。一部では逃げ宣言も出てるようですが、長く良い脚を使うタイプですから楽しみです。

    冒頭で紹介した【2.5.1.19】で複勝率29.6%、単回収値161、複回収値128の好データ該当馬はこの馬で、去年はアルアインが9番人気1着で3連単9万馬券に貢献してますし、2010年にはココから2頭入って10万馬券も飛び出してます。ステイフーリッシュはもう2年近く未勝利の2勝馬ですから、アタマからの馬券は買い難いんですが、私が最後に観た時は想定9番人気の50倍前後っと言うことですので、これは絶好の穴馬じゃないかと思います。

  • B ダノンキングリー
  • 減点なし満点クリア

    前走は中山記念を1番人気1着で、今回は悲願のG1初制覇を狙います。前目につけて、コーナーも内でロスなく回って、上りが3位タイですから、これはもう完璧に嵌りました。上り上位の馬が軒並み後方からで届いてなくて、いわゆる完封した訳ですが、これは大阪杯のレース質にも近い1頭です。

    当然前哨戦モードをプラス体重でしたから上積みも望めそうですが、現状では2000mはちょっと長い可能性があるのと、今回は輸送があるのが気になります。マイルCSは5着でしたが0.4秒とそれ程負けてないんですが、今回は万全を期して木曜日に輸送したようです。

    横山典弘騎手は来週騎乗停止なので、その分の頑張りが上積みされるか?ただ、阪神は初めてで、これで1番人気ってなると微妙ですネ。上位人気馬の中では一番嫌って入りたいと思います。

  • D マカヒキ
  • 減点Bb 今回中9週以上の7歳以上馬【0.0.0.9】

    前走はJC4着からの臨戦です。後方の馬がポツンポツンで、かなり馬群が詰まったんですが、その後方勢では最先着の上り最速でした。この大阪杯で求められる脚質とは全くの真逆で、来るなら前走でしたネ。昨年の4着馬ですが、今年の方がメンバーが揃った印象ですし、これは厳しいように思います。

  • D ジナンボー
  • 減点Ca 前走ローカル使用で今回距離延長馬【0.0.0.8】

    前走は小倉大賞典3着からの臨戦です。前2頭が競ってミドルペースでしたが、その直後の2番手集団で我慢して、4角抜け出しから3着に粘りました。先行勢総崩れで残したのは評価できますが、このレースはコーナーで外を回した2頭がワンスリーした事、それと、絶好の展開で3着までだったのは今の自力を示してると思います。ココでは厳しいと思います。

  • C カデナ
  • 減点Ca 前走ローカル使用で今回距離延長馬【0.0.0.8】
    前走は小倉大賞典を4番人気1着。弥生賞以来実に約3年ぶりの勝ち鞍を挙げました。先行勢は3着したジナンボーだけとなったレースですが、後方待機から上がり最速で前を全部掃除しました。相当向いたのは確かですが、この馬は昨夏もOP3着から4戦連続馬券圏内してまして、デビューから5戦連続連対にしてもそうですが、固め打ちの可能性があります。向く向かないなら後方からの馬には厳しいレースですが、一応警戒は必要かと思います。

  • B クロノジェネシス
  • 減点なし満点クリア

    前走は京都記念を1番人気1着してからの臨戦です。前残り気味の展開でしたが、コーナーで外を回した2頭が連対でちょと向きました。雨の重馬場で時計もかかりましたが、上がり最速で2馬身半差圧勝ですから牡馬相手でも通用する所を示しました。クラシック皆勤で、私も対抗⇒本命⇒対抗と評価してきましたが、2000m位が一番良さそうです。後は陣営の勝負気配だけ!前走が+12キロですが、目標がココなのか次なのか?

    大阪杯2020 外厩情報

    今回も多くのノーザンファーム生産馬が登録してきてますが、もはや現代競馬で欠かすことのできない外厩馬情報競馬セブンで無料公開されてます。

    近年のノーザンファーム生産馬の成績を見るまでもなく、圧倒的優位な立場を取り続ける、ノーザンファーム『天栄』と『しがらき』組ですが、聞けばトレセン以上の施設力だそうで、そうなると馬券的ファクターから無視することは出来ません。

    まず競馬セブンに無料登録して、若干前後する事はありますが、概ね金曜頃に”社台軍団の本音”アクセスします。その中に”社台外厩リターン”というコンテンツがあるので、そちらで外厩馬情報を確認できます。

    競馬セブンへの登録方法や使い方については、「競馬セブン」の最強コンテンツ!|外厩を制する者が近代競馬を制す!で詳しく解説してます。

    外厩馬情報はコチラから

    競馬セブンキャッチ

    以上、大阪杯2020【枠順確定】全頭解説編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク

    <PR>【大阪杯】馬券確率高の情報馬5頭【特別無料公開】

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第64回 大阪杯(G1)

    情報的に注目馬や、

    馬券になる確率が高そうな馬をマーク

    注目すべき情報馬「5頭」

    無料で教えます

    →【大阪杯】入手方法はコチラ【高確率馬券馬5頭】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ドバイ、香港、そしてオーストラリアと、海外遠征の選択肢が増えた近年は、ノーザンファームを筆頭とした大手牧場の“使い分け”もあって、国内G1でもフルメンバーと言えるようなレースが少なくなってしまった。

    それでも、今年の大阪杯には、ブラストワンピース、ワグネリアン、ラッキーライラックなど、G1馬5頭が登録。他にもダノンキングリーなどG1戴冠を狙う実力馬が参戦し、レースとしての見どころは十分。

    馬券を考える上で、絶対に着目しておかねばならぬのが、ノーザンファームの存在だ。今年のG1馬5頭は全てノーザンファーム生産馬で、しかも登録馬の半数も占めている。

    去年はアルアイン、一昨年はスワーヴリチャードと、ノーザンファームは2年連続で勝ち馬を輩出。G1昇格初年度の3年前、ステファノスが2着と連対して◎○大本線1点的中となったが、ノーザンファームの思惑を掴むことが重要となるのは間違いない。

    だが、一般マスコミが報じる情報ソースはトレセン内、騎手や厩舎から聞き出す話がほとんど。ノーザンファームと言えば、天栄やしがらきの外厩で仕上げるのが当たり前となっており、ココに食い込んだ情報を入手するという体制は整っていない。

    一般マスコミが流す情報を参考にしていて、的中馬券に近づくのは困難であることは、去年9番人気がアルアインが勝利するなど、過去の大阪杯が波乱含みであることが物語っている。

    弊社シンクタンクは、早くから外厩情報の重要性を認識しており、外厩専門の情報ルートたちが存在し、トレセン内外の一般マスコミから報じられない思惑、本音、裏事情を入手している。

    これも、ハイセイコーの主戦だった増沢末夫を筆頭に、競馬界の大物達が情報ルートとして在籍、25年以上にも渡り会社が存続しているように、各方面から賛同、信頼をいただいているからに他ならない。

    ノーザンファームの思惑は、馬券攻略のために必要な情報の1つに過ぎず、知らねばならぬ関係者情報はまだまだ存在する。

    今週は特別に、馬券を買うなら絶対に知っておきたい大阪杯の【関係者情報】【馬券候補5頭】を無料公開することが決定した。弊社の情報力を体感してもらえる絶好の機会、ぜひご覧いただきたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第64回 大阪杯(G1)

    情報的に注目馬や、

    馬券になる確率が高そうな馬をマーク

    注目すべき情報馬「5頭」

    無料で教えます

    →【大阪杯】入手方法はコチラ【高確率馬券馬5頭】←

    週刊芸能人競馬速報(毎週無料)

    週刊芸能人競馬300x250

    OLパドック予想師『ちか』の予想を見る(毎週無料)

    地中海厳選レースを見に行く(地方・海外・中央競馬を毎週20R無料)

    地中海厳選レース