オールカマー2019キャッチ

2019年9月22日(日)中山競馬場で行われる産経賞オールカマー2019の予想です。G1天皇賞秋への前哨戦で、古馬関東馬の始動戦となるケースが多いんですが、その天皇賞秋への直結性が薄く、例年ココを狙って作ってくる陣営もあります。その辺りの勝負気配は当然重要になるんですが、今年はアノ馬を狙ってみたいと思います。

オールカマーの穴馬はコレだ!

過去10年、単勝15倍以上馬は6回で7頭が馬券に絡んでますが、

LINE@に掲載してます項に該当する馬は【1.2.4.38】複勝率26.9%・単回収値146、複回値127とハイアベレージです。

今年はコノ馬!! ⇒ 人気ブログランキングAで限定公開中です!(クレッシェンドラヴでした)

このLINE@では、週末行われる全重賞の特注馬、地方競馬の情報や平場のレースなど、ブログやユーチューブで掲載しきれなかったレースも公開しております。先週は浦和のテレ玉杯オーバルスプリントで特注馬ノブワイルドが3番人気1着!その前週、京成杯AHはトロワゼトワル4番人気1着、セントウルSファンタジスト7番人気2着と、夏競馬以降絶好調♪まだ登録されてない方は、ぜひこの機会にお友達登録をよろしくお願い致します。

友だち追加

<PR>【オールカマー】万馬券ハンターが自信の無料公開【3種勝負馬券】

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

馬券に人気は関係ない

第65回 オールカマー(G2)

本命x対抗

【万馬券ハンターの馬券指南】

3種勝負馬券を大公開

→【オールカマー】ここをクリック【勝負馬券公開】←

━━━━━━━━━━━━━━━

OLパドック予想師『ちか』の予想を見る(毎週無料)

指数で当てる競馬女子を見に行く(毎週無料)

さなこbanner_2_320x100

着候補 消去項目入り枠順表

  • 1 1着候補 ミッキースワロー 減点なし
  • 2 -着候補 ゴーフォザサミット 減点Ba
  • 3 1着候補 クレッシェンドラヴ 減点なし
  • 4 -着候補 グレイル 減点Bb
  • 5 -着候補 トニーファイブ 減点Ba
  • 6 -着候補 エンジニア 減点Aa
  • 7 1着候補 ウインブライト 減点なし
  • 8 1着候補 レイデオロ 減点なし
  • 9 1着候補 スティッフェリオ 減点なし
  • 10 -着候補 ショウナンバッハ 減点Aa
  • 第65回産経賞オールカマー2019関連記事

    オールカマー2019消去法データ(過去10年)

    中山競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイント

    外国人ジョッキーからの乗替りは買えるのか?

    ユーチューブでは過去3年のレースを振り返って考察しております。

    逃げ馬は1頭も残ってなく過去10年でも【1.0.0.9】です。コーナーは内外差がありませんが、直線は内から中まで!外を回した馬はかなりの苦戦を強いられております。

    私のお友達の「あい」さんがこの度、ユーチューブで予想を公開する事になりました。超美人にしてパンチの効いた穴予想を是非ご覧下さい。

    「あいの競馬ちゃんねる」オールカマー予想

    予想はコチラ

  • 本命はウインブライトにしました
  • 前走は4月に香港で行われたクイーンエリザベス2世カップでG1初制覇してからの帰国緒戦になります。このレースは最内スタートだったんですが、内ラチ沿いをロスなく回ってきまして、直線はかなりゴチャついてたんですが、馬群がバラけるまで松岡騎手がよく辛抱したんですょネ。

    最後は馬場の3分所に出してのレコード勝ちとなりました。このレースの2・3着馬はどちらも中団やや後ろからコーナー直線ともに外でしたから、この勝ったウインブライトは全く別の競馬で、しかもレコード勝ち!っということで、より一層強さが際立ちました。

    このオールカマーは直線が短いですから、前で競馬した馬が良績なのはイメージ通りですが、直線で外を回した馬はほとんど馬券に絡めてません。ですからこの前走は、レース質としても合ってそうですネ。

    そもそもこの馬は中山芝【5.2.0.1】のコース巧者で、唯一の連対外は皐月賞の8着……。今回は別定58キロで迷ったんですが、国内G1制覇を目指すにしても中山は有馬記念だけですし、ココである程度作ってきてるきてる可能性は否めません。

    因みに斤量58キロ以上馬は過去10年【3.2.0.2】で、当日4番人気以内に限りますと【3.2.0.0】となっており枠も良く、この馬は外せないんなら本命で仕方ないですネ。

  • 対抗はミッキースワローにしました
  • 前走は七夕賞で重賞2賞目挙げてからの久々になります。このレースはハイペースでして、中団やや後ろから前のペースが落ちてきたときに捲くり気味に出ていきまた。4角では1列目の内から4頭目ですから絶好位でしたネ。

    直線は上り2位の脚で、しかも57.5キロはトップハンデでしたから、これは強い競馬でした。今回は1.5キロ減の56キロで出走できますし、中山芝は【2.1.0.2】。連対した3戦は全て2200mですから同距離同コースで好相性です。枠が内目なら本命視するつもりでした……。

  • ▲はクレッシェンドラヴにしました
  • ユーチューブでは特注馬として紹介した1頭です。前走は七夕賞でミッキースワローの2着してからの久々になります。このレースはハイペースで、ペースが緩んだところをミッキースワローが捲くり気味に出てきたレースなんですが、この馬も後方からの競馬で、徐々にポジションを上げてきたクチです。

    勝ったミッキースワローが1列目の内から4頭目で、3着したロードヴァンドールが1列目の内から3頭目、っで2着したこのクレッシェンドラヴは2列目の一番外ですから、ココから上りでは勝ち馬を0.1秒上回りましたが、この位置取りの差が着順には響きました。

    今回のオールカマーは直線で外を回した馬があんまり成績が良くありませんで、その辺り、ちょっとレース質としては遠いんですが、この馬は中山芝が【4.1.1.2】で、全5勝中4勝は中山で挙げている程好相性であります。それでいて今回はメンバーが揃ったこともありまして、あんまり人気は上がってこないんじゃないかと思っております。

    加えてデータ面ですが、この産経賞オールカマー過去10年、単勝オッズ15倍以上の馬は6回で7頭が馬券に絡んでおります。堅い決着が多いイメージでしたけど、結構な数来てるんですょネ。このうち、共通点をLINE@のタイムラインで公開してるんですが、これに該当する馬が【1.2.4.19】で複勝率が26.9%、単回収値146、複回収値127とハイアベレージであります。2014年は該当馬4頭中2頭馬券に絡んで3連単は25万馬券が出てますし、ここは期待の1頭であります。

    このLINE@では、週末行われる全重賞の特注馬、地方競馬の情報や平場のレースなど、ブログやユーチューブで掲載しきれなかったレースも公開しております。先週は浦和のテレ玉杯オーバルスプリントで特注馬ノブワイルドが3番人気1着!その前週、京成杯AHはトロワゼトワル4番人気1着、セントウルSファンタジスト7番人気2着と、夏競馬以降絶好調♪まだ登録されてない方は、ぜひこの機会にお友達登録をよろしくお願い致します。

    友だち追加

  • △は◆◆◆◆にしました(レイデオロでした)
  • 前走は全然向きませんでしたネ。私としては2走前とセットで考えて実質完敗とみてたんですが、

    しかし!

    この馬は私が利用している、「うまとみらいと」のコラボ指数で1位の6だったんですョネ。私はてっきりウインブライトだと思ってました。ここの指数の6位内と30以内(コラボ指数は数字が小さいほど優秀です)は特に馬券によく絡んできて軽視禁物!しかも今回は「6」と最上級の評価です。これで切れなくなりました。

    この「コラボ指数」なんですが、前半の6Rまでは全て無料で、メイン重賞も一つは無料提供されてるんですョね♪今週の無料提供重賞レースは神戸新聞杯。しかし!今回は特別にオールカマーの指数1位馬も無料でみれちゃいます!是非皆さんもご自分の目で確認された方がいいと思いますョ♪メールアドレス登録のみで閲覧可能!メールアドレスを入力後、送られてきた確認メールをクリックで完了です。お手数ですがサイトの方でご確認ください。

    うまコラボ会員1

    これは通常の画面なんですが、下にスクロールしていくと……

    うまコラボ会員2

    このように、無料公開じゃないレースの1位馬を観ることができます。

    うまとみらいと06_300x250

  • ×はスティッフェリオにしました
  • 前走は宝塚記念7着からの久々になります。このレースは前記の通り、スローを前3頭が、しかも上り上位の脚で残したレースでしたが、このスティッフェリオも比較的前目で競馬してまして、この時が8番人気で見せ場もありましたが、少しずつポジションを下げて4角では完全に垂れてしまいました。

    ココからズルズルにならなかったのは一つ評価できますが、そもそも力が足りてない可能性がありますネ。外回りコースとの相性もイマイチですし、ココまでの評価が限界です。

    印はこのようになりました

  • ◎ 07 ウインブライト
  • 〇 01 ミッキースワロー
  • ▲ 03 クレッシェンドラヴ
  • △ ⇒「うまとみらいと」のコラボ指数で1位だった馬(レイデオロでした)
  • × 09 スティッフェリオ
  • 馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    6:12追記

    これは観るレースですネ。BOXでいわゆる”降り”ますが、迷ったのがワイドと特注馬の複勝1点……。これがどう出るか?

    3連複BOX 1・3・7・9・△ 各100(10点)

     

    以上、オールカマーの予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク

    <PR>【オールカマー】前哨戦だから狙える注目の5頭【無料公開】

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第65回 オールカマー(G2)

    情報的に注目すべき馬や、

    馬券になる確率が高そうな馬をマーク

    注目すべき情報馬「5頭」

    無料で教えます

    →【オールカマー】ココをクリック【注目の5頭】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    近年の競馬は、外厩制度と仕上げ技術の向上によって、いわゆる王道ローテーションが形骸化しつつある。天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念からなる秋古馬三冠だが、3戦全て出走するような有力馬はホボいなくなった。そこには、有力馬を多数抱える大手生産者グループ、中でも今の競馬界を席巻するノーザンファームの“使い分け”によるところが大きい。

    かつて、オールカマーは天皇賞にあまり直結しないステップとして知られていたが、去年の勝ち馬レイデオロはココから始動して本番もキッチリと制覇。2着アルアイン、3着ダンビュライトと、ノーザンファーム生産馬が上位を独占する結果となった。2万0150円的中となったその前年も、ルージュバックとステファノスのノーザンファーム生産馬によるワン・ツー決着と、やはり古馬中長距離路線はノーザンファームの思惑抜きで馬券を考えるのは極めて難しいと言えるだろう。

    今年も連覇がかかるレイデオロが参戦。宝塚記念の敗戦からリスタートとなる1戦だが、主戦のルメール騎手は同日の神戸新聞杯のサートゥルナーリアに乗るため、代打として福永騎手が手綱を取ることになった。これまで、騎乗停止以外ではルメール騎手以外が乗ることのなかった馬に、別の騎手が乗るという意図はどこにあるのか。まして、ルメール騎手はノーザンファームの主戦である。この表にまず出ない思惑は重要なポイントとなるだろう。

    もちろん、ノーザンファームの思惑だけで的中を掴めるわけではない。中山はトリッキーで適性が大きく影響するコースだけに、「中山なら一発あっていい」「ウチはココ狙い」と大駆けを狙う陣営が例年少なくない。高配当決着の可能性も秘めているレースなのだ。

    競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網と自負するシンクタンクには、あらゆる関係者から話を入手することができ、世間一般には公表されないような陣営の思惑、裏ネタなども把握することができる。そうした情報を、我々は公開できる限りでお伝えしている。今週はオールカマーの関係者情報と、【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。毎年、天皇賞、ジャパンカップといったG1にも繋がる情報も少なくないので、チェックしておくことを強くオススメする。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第65回 オールカマー(G2)

    情報的に注目すべき馬や、

    馬券になる確率が高そうな馬をマーク

    注目すべき情報馬「5頭」

    無料で教えます

    →【オールカマー】ココをクリック【注目の5頭】←

    OLパドック予想師『ちか』の予想を見る(毎週無料)

    指数で当てる競馬女子を見に行く(毎週無料)

    さなこbanner_2_320x100