アルゼンチン共和国杯2018キャッチ

第56回アルゼンチン共和国杯2018の競馬予想です。過去10年の傾向から検証してみました。昨年は3歳スワーヴリチャードがダービー2着からの始動戦を断然人気で制し、翌年の大阪杯でGⅠ初制覇!それでいて3連単は万馬券決着となりました。一方で2009年には90万馬券が飛び出す大波乱決着もあり、ハンデ戦に相応しい買い方が望まれる一戦です。狙うべきゾーンを絞ってアノ馬を狙ってみたいと思います。

<PR>【アルゼンチン共和国杯】プロが買う『3連単勝負馬券』の極意を無料公開!

■■【アルゼンチン共和国杯】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロが買う【アルゼンチン共和国杯の3連単勝負】を知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

  • 元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている
  • 情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析
  • →【アルゼンチン共和国杯】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ←

    マスターズ:ア共和国杯490_160

    にほんブログ村トラコミュ

    アルゼンチン共和国杯みんなの予想

    アルゼンチン共和国杯 データ分析

    アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

    消去法データ

    減点A 高齢馬

    a 7歳以上馬は【0..0.0.44】

  • アクションスター(回避)
  • アルバート
  • トウシンモンステラ
  • トレジャーマップ(回避)
  • 減点B 軽ハンデ組

    a 前走4着以下のハンデ54キロ以下馬は【0.0.0.51】

  • エンジニア
  • ホウオウドリーム
  • b 前走敗退のハンデ52キロ以下馬は【0.0.0.21】

  • マコトガラハッド
  • c ハンデ50キロ以下馬は【0.0.0.10】

  • ジナンボー(回避)
  • 減点C 下級戦組

    前走GⅢ以下出走馬は【5.4.6.71】でこのうち、

    a 前走6着以下馬は【0.0.0.35】

  • ヴォージュ
  • b 前走条件戦7番手以下馬は【0.1.1.12】と未勝利です。

  • ヘリファルテ(回避)
  • ルックトゥワイス
  • 消去法データで残った馬

    1着候補5頭+2着候補1頭を今回の購入候補馬とします。

    1着候補馬

  • ウインテンダネス
  • ガンコ
  • ノーブルマーズ
  • パフォーマプロミス
  • ムイトオブリガード
  • 2着候補馬

  • ヘリファルテ(回避)
  • ルックトゥワイス
  • 出走表

    出走予定馬(登録馬)の消去法データまとめ

  • 1 -着候補 エンジニア 減点Ba
  • 2 1着候補 ノーブルマーズ 減点なし
  • 3 -着候補 トウシンモンステラ 減点Aa
  • 4 1着候補 ガンコ 減点なし
  • 5 -着候補 マコトガラハッド 減点Bb
  • 6 1着候補 パフォーマプロミス 減点なし
  • 7 1着候補 ムイトオブリガード 減点なし
  • 8 2着候補 ルックトゥワイス 減点Cb
  • 9 -着候補 アルバート 減点Aa
  • 10 1着候補 ウインテンダネス 減点なし
  • 11 -着候補 ホウオウドリーム 減点Ba
  • 12 -着候補 ヴォージュ 減点Ca
  • 回避馬

  •  -着候補 アクションスター 減点Aa(回避)
  •  -着候補 ジナンボー 減点Bc(回避)
  •  -着候補 トレジャーマップ 減点Aa(回避)
  •  2着候補 ヘリファルテ 減点Cb(回避)
  • 消去法選定作業を終えて

    フルゲート18頭に対し16頭の登録です。前記の通り、昨年は3歳馬スワーヴリチャードがココを制して翌年のGⅠ制覇につなげました。2015年はゴールドアクターがコチラも断然人気で重賞初制覇し次走有馬記念も連勝と飛躍を遂げております。どちらも断然人気を背負って、人気馬を連れてきての結果ですがそれなりの配当もついてて、狙うべきゾーンがとても重要になるハンデ戦です。ある程度絞れたメリットを活かして高配当を的中したいところです。

    スポンサーリンク


    今回の予想オッズと過去の払戻金などデータ色々

    単勝予想オッズ

    アルゼンチン共和国杯2018単勝予想オッズ
    アルゼンチン共和国杯2018単勝予想オッズ

    データはnetkeiba.comさんを参考にしてます。

    (2018年11月3日12時頃)

    着候補別では……

  • 1着候補:1~4・6番人気
  • 3着候補:7番人気
  • 過去の払戻金データ

    アルゼンチン共和国杯2018過去10年払戻金データ
    アルゼンチン共和国杯2018過去10年払戻金データ

    まず単勝は過去10年で4桁配当2回とハンデ戦にしては平穏な決着が多いです。しかし、馬連の3桁配当は1回のみで、それも2010年の950円……。この年は1・2番人気の決着でこの配当と、オッズ割れが顕著な傾向です。後は4桁配当ですが10倍台が近4年連続を含む7回と狙うべきゾーンはココ!3連複の3桁配当はなく、3⇒2⇒1番人気で決まった2008年でも1480円とオッズ割れ傾向……。万馬券も3回のみで、過去10年4回出ている30倍台が狙いのゾーンです。

    過去の1番人気馬の成績は?

    アルゼンチン共和国杯2018過去10年1番人気馬データ
    アルゼンチン共和国杯2018過去10年1番人気馬データ

    1番人気馬は過去10年【3.1.1.5】と信頼性は低めです。2桁大敗馬も2頭いますが、逆に高ハンデ馬の好走もあり、単なる有力馬の1頭として捉えるべきレースかと思います。

    枠番の有利不利ってあるの?

    アルゼンチン共和国杯2018過去10年枠別データ
    アルゼンチン共和国杯2018過去10年枠別データ

    アルゼンチン共和国杯過去10年では適度に割れています。3着内率では最内枠・最外枠の成績が落ちているのが気になります。東京芝2500mはアルゼンチン共和国杯と目黒記念の両ハンデ戦でしか使用されないコースで、成績に関してもハンデが影響する面も否めませんが、内枠有利が定説です。その辺り東京競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイントに詳しく(!?)書いてるつもりですので、宜しければご覧ください。

    予想はコチラ

  • 本命はノーブルマーズにしました
  • 良枠GETですネ。長距離戦限定のローテも好感で、内枠発走時はほぼ例外なく良績を残しておりココは文句なし!

  • 対抗は■■■■にしました
  • 同コースでの実績はメンバー№1!ハンデも手頃で、なぜ今回人気を落としてるのかチョット理解できません!!

    この馬は注目穴馬人気ブログランキングAへで限定公開中!先週は

  • アルテミスSのビーチサンバ(5人気)2着
  • スワンSのグランチャーレ(6人気)2着
  • 天皇賞秋のキセキ(6人気)3着
  • と全馬好走中です!(10ウインテンダネスでした)

  • ▲はパフォーマプロミスにしました
  • 目黒記念3着があるコース実績馬です。宝塚記念では4番人気に支持されましたが、さすがに相手が強く1秒負け……。今秋はココを始動戦にしてきた辺り、GⅠ戦線を離れ裏街道を歩む可能性もあります。オドノヒュー騎手のテン乗りもあってここまでの予想に至りましたが、今後の番組を考えたら一番向いてそうなココはいきなり勝負掛りの可能性も否めません。

  • △はムイトオブリガードにしました
  • 私は3連勝馬を基本的に軽視するんですが、稀に例外が居ます。当然一つ目は4連勝以上馬なんですが、他では、連勝中クラスが上がって着差を広げてきた馬や途中に休養を挟んだ馬……。そして可能なら重賞出走経験があること……。同馬は全てを併せ持ち一発候補でしたが、どうやらある程度人気しそうでここまでの予想に至りました。

  • ✕はガンコにしました
  • この馬もGⅡ勝ちもある実績上位馬ですが、左回り芝は初出走……。人気することを考えるとここまでの予想が限界です。今後のローテは気になりますが、GⅠ戦線なら有馬記念以外は厳しいかと見てます。

  • ☆はルックトゥワイスにしました
  • 3歳デビューの上、若駒時代に長期休養が入り、出世が遅れまだキャリア13戦とフレッシュな5歳馬の重賞初挑戦です。条件戦の身ながら、デビュー戦以外はオール掲示板確保の安定株で、全戦左回りを使われている臨戦も好評価で、今回一戦級との対戦が楽しみな1頭です。

    印はこのようになりました

  • ◎ 2 ノーブルマーズ
  • 〇 → 人気ブログランキングAへ(10ウインテンダネスでした)
  • ▲ 6 パフォーマプロミス
  • △ 7 ムイトオブリガード
  • ✕ 4 ガンコ
  • ☆ 8 ルックトゥワイス
  • 馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    7:44追記

    人気所を網羅した格好です。3連複はBOX20点でガミ2点で最高が93倍(追記時)で万馬券なし……。この中から10点選ぶのも悪くなさそうですが、補って余りある魅力を本命馬のオッズに感じ、ここは単複にしました。

    単勝 2 500

    複勝 2 500

     

    以上、アルゼンチン共和国杯の予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>【アルゼンチン共和国杯】波乱の立役者となる穴馬とは!?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第56回 アルゼンチン共和国杯>

    波乱の立役者となる穴馬とは!?

    →アルゼンチン共和国杯3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    昨年の勝ち馬スワーヴリチャードは大阪杯で初GⅠ制覇、一昨年の勝ち馬シュヴァルグランは17年天皇賞春2着、17年ジャパンC優勝、18年天皇賞春2着、さらに15年の勝ち馬ゴールドアクターは有馬記念1着、宝塚記念2着とアルゼンチン共和国杯をステップにGⅠ競走で主力となっている。

    過去10年の上位人気馬の成績は1人気【3.1.1.5】、2人気【3.2.0.5】、3人気【2.1.5.2】と安定した成績を残している。平均配当では、馬連2960円、3連複1万6850円、3連単11万5740円と3連系で高配当が出ている。近年では大荒れ傾向はないが、09年には11人気ミヤビランベリが1着、10人気ヒカルカザブエが3着で92万馬券が出ているように荒れるハンデ重賞でもある。

    今年は宝塚記念3着馬ノーブルマーズ、昨年の菊花賞3着馬ポポカテペトル、条件戦3連勝中のムイトオブリガードやミッキースワロー、パフォーマプロミス、プレスジャーニーなどが参戦。出世レースとして毎年GⅠ馬を輩出しているハンデ重賞だが、今年はどの馬が勝ち名乗りを挙げるのか。

    一昨年のアルゼンチン共和国杯は4人気◎アルバートから○シュヴァルグラン馬連1点目1110円、3連複1690円、3連単8290円パーフェクト的中!15年も◎ゴールドアクターから馬連1460円、3連複3990円、3連単1万4570円パーフェクト的中!14年も◎フェームゲームから馬連1510円、3連複3310円、3連単1万4480円パーフェクト的中、12年も◎ルルーシュから馬連1060円、3連複3130円、3連単1万2740円パーフェクト的中とここ6年で4度的中ドル箱重賞。今年も確信の本命馬◎から万券獲り宣言!

    今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『アルゼンチン共和国杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第56回 アルゼンチン共和国杯>

    波乱の立役者となる穴馬とは!?

    →アルゼンチン共和国杯3点勝負買い目を無料公開←

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    七騎の会:ア共和国杯ブログ用300_300