ヴィクトリアマイル2019キャッチ

2019年5月12日(日)東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル2019の予想です。最強牝馬アーモンドアイの国内専念は歓迎ですが、安田記念参戦で一気に混沌としてきた牝馬マイル王決定戦です。積極的に狙いたいアノ馬から入りました。

ヴィクトリアマイルの穴馬はコレだ!

過去10年、単勝15倍以上馬は8回で12頭が馬券に絡んでますが、

LINE@に掲載してます項に該当する馬は【3.5.4.41】

複勝率22.6%・単回収値123・複回収値330とハイアベレージです。

今年はコノ馬!! ⇒ 人気ブログランキングVで限定公開中です!(フロンティアクイーンでした)

友だち追加

東京湾Cでは本命馬でお伝えしたサージュ9番人気で1着に好走!

今週の特注馬はLINE@限定で限定公開中!

<PR>【ヴィクトリアマイル】“競馬の神様”の実力を体感できる【無料キャンペーン】

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業38年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヴィクトリアマイル(G1) 3連複10点勝負

過去10年で3連複平均配当31万4660円

注目重賞でプロが買う馬券

━━━━━━━━━━━━━━━━━

→ヴィクトリアマイルを無料閲覧する方法←

~馬主が見た重傷考察~

週末2重賞の予想を見る(毎週無料)

着候補 消去項目入り枠順表

  • 1 3着候補 アマルフィコースト 減点Ca
  • 2 1着候補 レッドオルガ 減点なし
  • 3 -着候補 クロコスミア 減点Eb
  • 4 -着候補 ノームコア 減点Da
  • 5 -着候補 メイショウオワラ 減点Fa
  • 6 1着候補 ラッキーライラック 減点なし
  • 7 1着候補 ミッキーチャーム 減点なし
  • 8 3着候補 デンコウアンジュ 減点Ea
  • 9 1着候補 プリモシーン 減点なし
  • 10 -着候補 ミエノサクシード 減点Eb
  • 11 -着候補 アエロリット 減点Fa
  • 12 -着候補 ワントゥワン 減点Da
  • 13 -着候補 サトノワルキューレ 減点Cb
  • 14 -着候補 レッツゴードンキ 減点Ba
  • 15 -着候補 カンタービレ 減点Da
  • 16 -着候補 ソウルスターリング 減点Da
  • 17 -着候補 サウンドキアラ 減点Aa
  • 18 3着候補 フロンテアクイーン 減点Ea
  • 第14回ヴィクトリアマイル2019関連記事

    ヴィクトリアマイル2019消去法データ(過去10年)

    ヴィクトリアマイル2019【枠順確定】血統サインは「プリモシーン」【全頭解説】

    東京競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイント

    外国人ジョッキーからの乗替りは買えるのか?

    ユーチューブでも考察をお話してます。

    予想はコチラ

  • 本命はレッドオルガにしました
  • データとしては減点なしの満点クリア。前走のレース質もマッチした1頭です。左回りは【5.1.2.1】で東京は【2.1.2.0】。近走は交互で連対してまして今回順番!この馬が1番手です!

  • 対抗はミッキーチャームにしました
  • 減点なしの満点クリア馬です。前走は阪神牝馬Sは先行押し切りの強い内容で、これが後方からの競馬だったらレース質としても満点クリアでした。その分一つ印を落としましたが、扱いとしては本命馬と同列で考えてます。

  • ▲は◆◆◆◆にしました(フロンティアクイーンでした)
  • ユーチューブでは特注馬として紹介した1頭です。加えましてデータ面ですが、これはLINE@に掲載してます【3.5.4.41】、複勝率22.6%・単回収値123・複回収値330のハイアベレージに該当しております。結構穴っぽい人気になっちゃいましたが、逆に妙味アップと捕らえたいです。

    そして!

    この馬は私が利用している、「うまとみらいと」のコラボ指数8位の37だったのは超意外でしたネ。もっと評価されて良い馬で、私としてもビックリでした。

    上の画はビクトリアマイル過去3年の指数及び結果です。毎年8位内馬は2頭以上3着内しており、結構な波乱に貢献しております。

    この「コラボ指数」なんですが、前半の6Rまでは全て無料で、メイン重賞も一つは無料提供されてるんですョね♪今週の無料提供重賞レースはもちろん皐月賞。是非皆さんもご自分の目で確認された方がいいと思いますョ♪メールアドレス登録のみで閲覧可能!メールアドレスを入力後、送られてきた確認メールをクリックで完了です。お手数ですがサイトの方でご確認ください。

  • △はアマルフィコーストにしました
  • この馬も▲馬同様【3.5.4.41】、複勝率22.6%・単回収値123・複回収値330のハイアベレージデータに該当する1頭です。前走はコーナー内⇒直線内でレース質からは遠いんですがよく粘りました。恐らく距離がギリギリなのが影響してると思いますがが、1200mでは忙しくてG1を狙うならココしかありません。3連複なら2列目と3列目のボーダーで考えてます。

  • ✕はラッキーライラックにしました
  • 前走よりは舞台は向くと思いますが、それにしても前走が案外で買い難くしちゃいましたネ。人気程は信頼できないイメージでココまでの評価が限界です。△馬との序列を悩んでまして、印の意味は薄いんですが、3連複なら2列目と3列目のボーダーですネ。

  • ☆はデンコウアンジュにしました
  • 6歳以上の斤量増馬【0.0.2.14】で減点が入った3着候補馬です。前走は福島牝馬Sを2馬身半差圧勝してからの臨戦になります。コーナー外⇒直線外はヴィクトリアマイルに合ってますし、後方4~5番手を終始走ってからの上がり最速も満点!レース質としてはほぼほぼ完璧にマッチした1頭です。

    因みに2走前が中山牝馬Sで、この時も後方3頭目からの競馬でコーナー外⇒直線外。レース質が合ってまして、これは無警戒って訳にはいきません。一昨年の2着馬でもあるんですが、この馬は好走のリズムが掴み難いのと、連続で走らないんですょネ。加えて前走は少頭数戦でもありますし、その辺りは少し割り引いてココまでの評価です。

  • 注はプリモシーンにしました
  • 減点なしの満点クリア馬です。前走は牡馬混合のダービー卿CT2着からの臨戦です。ハイペースで縦長になったレースでして、前も後ろも離れたポツンの中団でした。コーナー内⇒直線外はレース質としては若干遠くて、牡馬相手の成績は評価できますが、牡馬混合戦の方が成績がいいタイプなんですょネ。その辺りを割り引けばココまでの評価です。

    印はこのようになりました

  • ◎ 02 レッドオルガ
  • 〇 07 ミッキーチャーム
  • ▲ ⇒ 「うまとみらいと」のコラボ指数8位の馬(18フロンティアクイーンでした)
  • △ 01 アマルフィコースト
  • ✕ 06 ラッキーライラック
  • ☆ 08 デンコウアンジュ
  • 注 09 プリモシーン
  • 馬券の買い目と点数は以下の通り

    当日のお昼前後を目途に後程追記します。

    13:35

    ギリギリまで粘りましたが、東京競馬場の時計が速くて状況が変わりました。印はこのままでいきますが、フォーメーションの序列は少し入れ替えました。

    単勝 2 200

    複勝 1 200

    枠連 1-4 100

    馬連 2-7 100

    ワイド 1-9 100

    馬単 2-7 100

    3連複 2・7⇒2・7・6・9⇒2・7・6・9・▲・1・8 各100(19点)

    3連単 2⇒7⇒9 100

     

    以上、ヴィクトリアマイルの予想編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>【ヴィクトリアマイル】◎-穴1点馬券【無料公開】

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第14回 ヴィクトリアマイル(G1)

    この馬は絶対にマークしておくべき

    という存在をキャッチ

    【◎-穴1点馬券】を無料公開

    →【ヴィクトリアマイル】ココをクリック←【特別無料公開】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    大半の古馬牝馬にとって、春の大目標となるヴィクトリアマイル。タイトルが欲しい陣営にとっては絶好のチャンスであり、過去10年を遡れば、去年のジュールポレール、アドマイヤリード、ヴィルシーナ、ホエールキャプチャと言った馬達が、ココで初G1制覇を成し遂げているのだ。

    今年、現役最強馬と目されるアーモンドアイは安田記念を視野に入れているため参戦せず、G1馬はラッキーライラック、アエロリットなど数少ない状況だ。つまり、伏兵が台頭しやすい状況が整っているとも言える。事実、過去10年で7番人気以下が馬券に絡まなかったのは僅かに1度、10番人気以下が7頭も馬券圏内になっているレースであることを考えても、今年も“波乱ムード”が漂っていることは否めない。

    そうなれば、一般マスコミも“混戦ムード”を煽ることは必定。根拠のない人気薄を取り上げることもあれば、危険な人気馬をプッシュするなど、新聞紙面やネット上に流れる“表”の情報は、いつにもましてアテにならないモノが出回ることになる。

    だが、そんな状況になればなるほど、弊社シンクタンクの情報力は生きることになる。ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二など、名馬を手がけた元調教師達を筆頭に、競馬界の大物OBや現役関係者などが情報ルートして在籍しているから、関係者の本音、すなわち“裏”の話も聞くことができる。だから、各馬のジャッジを的確にすることもできるわけだ。

    今年のヴィクトリアマイルでは、「この馬は絶対にマークしておくべき」という存在を既に入手している。そこで、今週は特別にヴィクトリアマイルの関係者情報、そして【◎-穴1点馬券】を無料公開する。どうせ馬券を買うのであれば、世間に流布する情報に惑わされれず、本物の情報を知って頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第14回 ヴィクトリアマイル(G1)

    この馬は絶対にマークしておくべき

    という存在をキャッチ

    【◎-穴1点馬券】を無料公開

    →【ヴィクトリアマイル】ココをクリック←【特別無料公開】