皐月賞2019キャッチ

第79回皐月賞2019の枠順が確定しました。人気濃厚だったスプリングS勝ち馬エメラルファイトが回避して混沌。G1馬サートゥルナーリアは6枠12番、3戦3勝のダノンキングリーは2枠4番、朝日杯FS勝ちのG1馬アドマイヤマーズは1枠1番などとなっています。

ここでは、枠順確定後の全頭馬解説と、皐月賞過去10年のデータを中心に枠番別成績と払戻金の傾向を調べてみました。

皐月賞の注目穴馬はコレだ!

皐月賞過去10年、単オッズ15倍以上馬は10頭が馬券になっており【2.2.6.114】

共通点はツイッターは画像つきで公開してますが、

今年このデータに該当しそうな着候補馬は大穴も含め2頭!! ⇒ 人気ブログランキングSへで限定公開中です!(ファンタジスト・ブレイキングドーンでした)

<PR>【皐月賞】今年大きく狙える『絞りに絞った3頭』はこれだ!

―――――――――――――――――――――――――

暮れの2歳G1は朝日杯もホープフルも情報通り

≪朝日杯FS1鞍だけで払戻し113万円獲得!≫

―――――――――――――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

先週は年明け初戦のグランアレグリアが圧勝だったが…

≪ブッツケ本番のサートゥルナーリアは勝てるのか?≫

―――――――――――――――――――――――――

2週連続で久々?それとも今週こそトライアル組?

今年大きく狙える『絞りに絞った3頭』はこれだ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第79回皐月賞2019関連記事

皐月賞2019消去法データ(過去10年)

中山競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイント

外国人ジョッキーからの乗替りは買えるのか?

ユーチューブでも考察をお話してます。

着候補 消去項目入り枠順表

  • 1 1着候補 アドマイヤマーズ 減点なし
  • 2 -着候補 サトノルークス 減点Ca
  • 3 1着候補 ファンタジスト 減点なし
  • 4 2着候補 ダノンキングリー 減点Ee
  • 5 -着候補 ランスオブプラーナ 減点Ed
  • 6 -着候補 クラージュゲリエ 減点Eb
  • 7 -着候補 ヴェロックス 減点Ea
  • 8 -着候補 ニシノデイジー 減点Ad
  • 9 -着候補 メイショウテンゲン 減点Da
  • 10 2着候補 シュヴァルツリーゼ 減点Ee
  • 11 -着候補 ラストドラフト 減点Aa
  • 12 3着候補 サートゥルナーリア 減点Ec
  • 13 2着候補 ブレイキングドーン 減点Ef
  • 14 -着候補 ダディーズマインド 減点Ba
  • 15 -着候補 クリノガウディー 減点Ab
  • 16 -着候補 タガノディアマンテ 減点Ac
  • 17 -着候補 アドマイヤジャスタ 減点Ca
  • 18 -着候補 ナイママ 減点Ab
  • 回避

  •  -着候補 エメラルファイト 減点Da
  • 皐月賞過去10年の枠番別成績

    皐月賞2019過去10年枠別データ

    皐月賞過去10年で最多勝は6枠より外の3つで2勝止まりです。回収値ベースで単複ともに100超枠はありません。中山競馬場芝2000mは枠差のないフラットが定説ですが、その辺りは中山競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイントで詳しく(!?)書いてるつもりですので、併せてご覧ください。

    今回の予想オッズと過去の払戻金などデータ色々

    単勝オッズ

    データはnetkeiba.comさんを参考にしてます。

    (2019年4月11日19時頃執筆時)

  • 1 サートゥルナーリア 1.9
  • 2 ダノンキングリー 4.9
  • 3 アドマイヤマーズ 5.2
  • 4 ヴェロックス 8.1
  • 5 ニシノデイジー 18.1
  • 6 ファンタジスト 18.4
  • 着候補別では……

  • 1着候補:3・6番人気
  • 2着候補:2・7・13番人気
  • 3着候補:1番人気
  • 2着候補馬の扱いが鍵になりそうです。

    過去の払戻金データ

    皐月賞2019過去10年払戻金データ

    過去10年、単勝は4桁配当4回とマズマズの波乱傾向で、目下3年連続単穴出現中です。馬連は3桁配当が3回のみとやはり波乱傾向が強く、昨年を含む2回が万馬券決着です。3連複の3桁配当はなく万馬券4回、3連単は一昨年100万馬券が飛び出しており、穴党としては待ちに待った出番!大波乱狙いもアリなレースです。

    過去の1番人気馬の成績は?

    皐月賞2019過去10年1番人気馬データ

    過去10年、1番人気馬は【2.2.1.5】と信頼性はイマイチ。目下5連敗中でアタマからは買い難いデータです。今年はサートゥルナーリアが濃厚ですが、そもそもホープフルSからの直行は日本ダービーを見据えての臨戦で、これはかなり危険な感じがしてるんですがどうでしょうか?

    皐月賞2019有力馬解説

    1枠1番アドマイヤマーズ

    減点なしの満点クリア馬です。前走共同通信杯では逃げて2着。デビュー以来の連勝は4でストップしました。皐月賞は近3年逃げ馬が残ってませんで、この競馬はレース質としては異なる競馬でした。2走前の朝日杯FSは王道競馬で4角好位からの2馬身圧勝で、相手なりに臨機応変はしれる脚質は完成度としては相当高い1頭でしょう。本命候補です。

    1枠2番サトノルークス

    前走2200m以上戦出走馬は【0.0.0.13】。厳しいでしょう。

    2枠3番ファンタジスト

    減点なしの満点クリア馬です。結果的にこの馬がスプリングS最先着馬となりました。2走前の朝日杯FSは好位から上り2位タイで4着はレース質としてはマッチした1頭です。前走スプリングSの判断は難しいんですが、まぁ~横に広がってるんで好位に分類しました。私はこの馬、距離不安と考えてココまで軽視してきましたが、この2戦を見る限りではまだやれて良さそうです。完成度でどこまで?ですが、それでもどこかでは見限らなきゃいけないし、ここまで軽視してる分、買うべきタイミングかどうかも微妙なところです。印は間違いなく入れる1頭です。

    2枠4番ダノンキングリー

    デビュー3戦3勝で共同通信杯を制し直行のローテです。中山競馬場が路盤改修された2015年以降の過去4回、キャリア3戦以下馬は【0.2.2.9】で減点が入った2着候補馬です。その前走共同通信杯はイン差しで、この皐月賞のレース質とは異なります。その辺りは気になってますが、内枠でもあり印は入れると思います。

    3枠5番ランスオブプラーナ

    中山競馬場が路盤改修された2015年以降の過去4回、キャリア6戦以上馬は【0.0.0.21】。厳しいでしょう。

    3枠6番クラージュゲリエ

    中山競馬場が路盤改修された2015年以降の過去4回、前走G3以下3着以下馬は【0.0.0.9】。間でもう一戦観たかった1頭なんですが直行となると厳しいんじゃないでしょうか。

    4枠7番ヴェロックス

    中山競馬場が路盤改修された2015年以降の過去4回、前走非重賞戦組は【0.0.0.17】。時計もかかるレースで皐月賞への直結性も薄く、ココでは足りない印象です。

    4枠8番ニシノデイジー

    ホープフルSは恵まれた3着。弥生賞は内で粘ってレース質としては悪くないんですが、4着からとなると厳しいイメージです。1番人気からの人気落ち必至で警戒は必要ですが、データ的にも前走4着以下のキャリア6戦以上馬は【0.0.0.23】と良績がなく、軽視方向で考えている1頭です。

    5枠9番メイショウテンゲン

    前走弥生賞は8番人気でしたが、私は本命視してまして、見事1頭で皐月賞出走となりました。データ面では、前走6番人気以下のキャリア6戦以上馬【0.0.0.26】で減点が入りました。やたら雨とか雪とかの競馬を経験してまして、道悪なら警戒は必要かと思います。

    5枠10番シュヴァルツリーゼ

    中山競馬場が路盤改修された2015年以降の過去4回、キャリア3戦以下馬は【0.2.2.9】で減点が入った2着候補馬です。弥生賞2着からの臨戦ですが、大外から上り最速で突っ込んできましたが、これは皐月賞のレース質には遠い印象です。軽視方向です。

    6枠11番ラストドラフト

    減点は前走5着以下馬キャリア3戦以下で【0.0.0.4】。前走弥生賞では対抗視したんですが、逃げて最後は脚がありませんでした。この皐月賞は近3年逃げが残ってませんので、レース質としては遠い1頭です。

    6枠12番サートゥルナーリア

    デビュー3戦3勝でホープフルS勝ちのG1馬です。問題なのはそこからの直行で、中山競馬場が路盤改修された2015年以降の過去4回、今回中9週以上馬は【0.0.2.4】と連対すらありません。前走ホープフルSは内で脚を溜めて狭いところを出てきました。レース質として悪くありませんが、近3年は2着までの競馬なんで、アタマからの馬券となると全依存まではどうかと思います。そもそもこのローテ、恐らく日本ダービーを見据えてるんだと思いますが、あまり功奏した記憶がないんですョネ……。印は回すと思います。

    7枠13番ブレイキングドーン

    ユーチューブでは特注馬として紹介した1頭です。共通点はツイッターに画像つきで公開してます【2.2.6.34】で複勝率22.7%、単回収値121・複回収値175の好データにも該当しており期待の1頭です。

    7枠14番ダディーズマインド

    前走10キロ以上マイナス体重だった馬は【0.0.0.11】。2走前が+28キロで前走が-16キロ……。普通じゃない臨戦ですネw。厳しいでしょう。

    7枠15番クリノガウディー

    朝日杯FSは恵まれた2着でしたが、4角接触があって割り引けば好走の部類でした。ただ前走スプリングSは逃げて6着はレース質として大きく異なります。前走3番人気以下5着以下馬は【0.0.0.31】。最内とからな警戒も必要でしたが、今回は軽視方向です。

    8枠16番タガノディアマンテ

    減点は前走6番人気以下4着以下馬【0.0.0.16】。前走スプリングSは外に出して上り2位の脚で追い込んで4着まででした。位置取りが後ろ過ぎたのは確かで、これは皐月賞のレース質からは遠い印象です。クラスが上がってから位置取りに苦労するようになったことから、そもそも力が足りない可能性もあります。軽視方向です。

    8枠17番アドマイヤジャスタ

    前走2200m以上戦出走馬は過去10年【0.0.0.13】。2走前のホープフルSは番手追走から2着でしたが、この番手追走の馬が皐月賞と相性が悪く、ココでは軽視したい1頭であります。

    8枠18番ナイママ

    前走3番人気以下5着以下馬は過去10年【0.0.0.31】。この馬は近2走の道中を不可解なマクリに出ていてよく分からない1頭です。かかったようには観えなかったんですが、まぁ~皐月賞で穴をあけるタイプでもありませんね。軽視方向です。

    まとめ

    登録19頭でスプリングS勝ちのエメラルファイトが回避してフルゲートとなりました。私はデータでエメラルファイトを切ってまして、例外視の筆頭候補にしてただけに、これで買い方が難しくなりました。「1強」って言う人が多いですが、私は「混戦」だと思ってます。思いっきり振り回してみても良いレースだと思います。

    以上、皐月賞2019【枠順確定】全頭解説編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>【皐月賞】3連単無料馬券を【特別無料公開】

    □■□■□■□■□■□■□■□■□

    第79回 皐月賞(G1)

    自信の本命馬×とっておきの激走穴馬+マル秘情報を無料公開

    →【皐月賞】ココをクリック←【3連単無料馬券】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    今年の牡馬クラシック路線は“混戦”なのか“1強”なのか。皐月賞を考える上で、これが1つの重要なテーマとなる。

    共同通信杯でも2歳王者アドマイヤマーズに初めて土がつき、弥生賞やスプリングSといったトライアルでは伏兵が勝利と、前哨戦では断然の主役と言えるパフォーマンスを見せた馬がおらず、この流れから見れば“混戦”と言えるだろう。

    一方、暮れのホープフルSで圧巻のパフォーマンスを見せたサートゥルナーリアの“1強”と考える人間は少なからずいる。確かに、ノーステッキでの勝利には底知れぬモノを感じさせるものがあった。だが、ホープフルSで負かした馬達は、その後の成績が今ひとつであり、関係者の間ではレースレベルを疑問視する声も存在する。時計面での裏付けがなく、ブッツケでのG1挑戦、ミルコからルメールへの乗替りと、未知な面は多い。

    皐月賞を的確にジャッジするためには、確かな情報力が必要になることは間違いない。

    しかし、本物の関係者情報を一般ファンの方々が入手することはまず不可能だ。なぜならば、新聞や雑誌、ネット上に流れる情報には、残念ながら陣営の本音や核心の部分が公表されていることがほとんどないからだ。誰の目にも触れることができるところに本音を出す事など、陣営にとっては一銭の得にもならず、デメリットにしかならない。

    実際、1987年に皐月賞を勝利した名馬サクラスターオーを管理していた、重賞メイン特捜部の最高責任者を務める平井雄二元調教師は、「弥生賞を勝った後からもの凄く良くなった。順調過ぎるくらいで、誰が乗っても勝てるんじゃないかと思っていた。新聞社連中には言わなかったが、他の馬の強気な記事を見て『ウチの方が何倍もいい』と胸の中では思っていたんだよ」と、本当に親しい人たちだけにしか本音は伝えず、マスコミには自信のほどをひた隠しにしていたと振り返る。今の昔も、敢えて他陣営からのマークがキツくなるようなコメントを、公に出すことは稀だ。

    特にG1は一般マスコミなどの取材が増える分、世間に出る情報量は圧倒的に多くなり、その分、役に立たない情報も蔓延しているということになる。そんな情報をアテにしていては、なかなか的中馬券にたどり着けないのも当然だろう。

    シンクタンクには現役関係者の大先輩にあたる人物や、現役大物関係者が多数情報ルートとして在籍しているから、関係者から『本音』を聞き出せる情報収集態勢が整っている。

    既に皐月賞に関する情報が色々と入ってきているが、おおよその結論は出ており、あとはレース当日までしっかりと裏付けを取る段階に入っている。そこで、今週はまだ弊社の情報を利用したことがない方を対象に、皐月賞の【◎-穴1点馬券】を特別に無料公開する。ぜひとも本物の関係者情報を知って、馬券を買っていただきたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第79回 皐月賞(G1)

    自信の本命馬×とっておきの激走穴馬+マル秘情報を無料公開

    →【皐月賞】ココをクリック←【3連単無料馬券】