天皇賞春2019キャッチ2

第159回天皇賞春2019の枠順が確定しました。エタリオウが1枠2番、フィエールマンが7枠10番、ユーキャンスマイルが6枠9番などとなっています。

ここでは、枠順確定後の全頭馬解説と、天皇賞春過去10年のデータを中心に枠番別成績と払戻金の傾向とサインを調べてみました。

天皇賞春の穴馬はコレだ!

過去10年、単勝15倍以上馬は9頭が馬券に絡んでますが、

ツイッターに掲載してます項に該当する馬は【3.2.4.43】

複勝率17.3%・単回収値428・複回収値262とハイアベレージです。

今年はコノ馬!! ⇒ 人気ブログランキングTで限定公開中です!(メイショウテッコンでした)

<PR>【天皇賞春】平成最後の大勝負【この1点!】

【先週も】フローラSは◎-○決着

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

\\\\\\\\\\\\ ////////////

これが平成最後の大勝負!天皇賞・春はこの1点だ!!

////////////\\\\\\\\\\\\

フィエールマンvsエタリオウでは決まらない!?

想定配当30倍以上の『勝負の馬連1点』を教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎週毎週とにかく当たってます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《天皇賞・春》平成最後の大勝負

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

想定配当30倍以上の『勝負の馬連1点』を公開!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第159回天皇賞春2019関連記事

天皇賞春2019消去法データ(過去10年)

京都競馬場のコースデータ|稼げる穴馬と攻略ポイント

外国人ジョッキーからの乗替りは買えるのか?

ユーチューブでも考察をお話してます。

着候補 消去項目入り枠順表

  • 1 1着候補 チェスナットコート 減点なし
  • 2 3着候補 エタリオウ 減点Ca
  • 3 2着候補 リッジマン 減点Ab
  • 4 -着候補 ヴォージュ 減点Da
  • 5 3着候補 メイショウテッコン 減点Ca
  • 6 -着候補 カフジプリンス 減点Da
  • 7 -着候補 グローリーヴェイズ 減点Cb
  • 8 -着候補 パフォーマプロミス 減点Ba
  • 9 -着候補 ユーキャンスマイル 減点Cb
  • 10 1着候補 フィエールマン 減点なし
  • 11 -着候補 ケントオー 減点Aa
  • 12 1着候補 クリンチャー 減点なし
  • 13 -着候補 ロードヴァンドール 減点Aa
  • 不出走

  •  1着候補 シャケトラ 減点なし
  •  -着候補 プリンスオブペスカ 減点Da
  • 天皇賞春過去10年の枠番別成績

    天皇賞春2019過去10年枠別データ

    天皇賞春過去10年で最多勝は1枠の5勝。次点は6枠の2勝4連対ですが、3枠より内は、昨年を除く9回で馬券に絡み内枠有利です。

    今回の予想オッズと過去の払戻金などデータ色々

    単勝オッズ

    データはnetkeiba.comさんを参考にしてます。

    (2019年4月25日18時頃執筆時)

  • 1 エタリオウ 2.7
  • 2 フィエールマン 2.9
  • 3 ユーキャンスマイル 5.4
  • 4 クリンチャー 7.8
  • 5 メイショウテッコン 9.6
  • 6 グローリーヴェイズ 14.2
  • 着候補別では……

  • 1着候補:2・4・10番人気
  • 2着候補:12番人気
  • 3着候補:1・5番人気
  • 2桁人気の着候補馬がともに内に入ったのは鍵になりそうです。

    過去の払戻金データ

    天皇賞春2019過去10年払戻金データ

    過去10年、単勝は4桁配当4回とマズマズの波乱傾向で、2012年ビートブラックは単勝万馬券となっております。馬連3桁配当はなく、3回の万馬券を含むオール4桁以上配当でコチラも波乱傾向。3連複は昨年、一昨年を除く8年連続万馬券で、3連単も同様、8年連続の10万超で、このレースは荒れるレースと判断してよさそうです。

    過去の1番人気馬の成績は?

    天皇賞春2019過去10年1番人気馬データ

    過去10年、1番人気馬は【1.1.0.8】と散々な結果!近2年は連対を果たしておりますが、今年はオッズ割れの混戦模様で、尚更信頼は置けません。軸を選定するなら2番人気以下から、BOXって買い方も一考でしょう。

    天皇賞春2019サイン

    来年は東京五輪が行われ、クドイようですが平成最後のG1となる天皇賞春2019。そんな訳で、過去12年3回を振り返りました。

    天皇賞春サイン1

    上の画は同年行われた阪神大賞典とのリンクです。直近2回では馬番が2つ被っております。しかも1~3の内枠で被ってますから脅威ですネ。今年の候補は1(イチ)・7・10で、チェスナットコート、グローリーヴェイズ、フィエールマンに注目です。

    着順馬名騎手
    151ゴールドシップ横山典弘
    152フェムゲーム北村宏司
    153カレンミロィック蛯名正義
    111ヒルノダムール藤田伸二
    112シンフラッシュ内田博幸
    113ナムラクレセント和田竜二
    71ショウサムソン石橋守
    72エリモエクスパ福永祐
    73トウカトリック池添謙

    二つ目は、馬名にまつわると、騎手の。今年の候補はイと一(イチ)で、チェスナットコートとメイショウテッコンとパフォーマプロミスに注目です。

    天皇賞春2019全頭解説

    チェスナットコート

    減点なしの満点クリア馬です。昨年の5着馬ですが、その後が大敗続きで、ちょっと時間がかかりそうです。っと思ってたらこの絶好枠なんで、5番手辺りの評価で考えてます。

    エタリオウ

    斤量3キロ以上増馬は【0.0.2.22】で減点が入りました。前走日経賞のレース質は天皇賞春に合ってまして、データを度外視して買いたい1頭です。”最強の1勝馬”の称号も目前ですが、2着までの馬券には加える方向です。良枠GETですネ。

    リッジマン

    前走3着以下の6歳以上馬は【0.3.1.56】で減点が入りました。このクラスでの実績がないので買い難いですが、全然人気ないみたいで妙味は高そうです。切る方向で考えてましたが、この良枠GETで再考せざるを得なくなりました。それでも6番手評価までか……。

    ヴォージュ

    2走前非重賞戦出走馬は【0.0.0.23】で減点が入りました。ただ、ユーチューブでは特注馬として紹介した馬と同項の【3.2.4.43】に該当する可能性がります。ツイッターに画像つきで公開してますが、一応軽視禁物で。買い目に入れるかボーダーですネ。評価としては7番手になりそうです。

    メイショウテッコン

    斤量3キロ以上増馬は【0.0.2.22】の項で減点が入りました。、ユーチューブでは特注馬として紹介した1頭で、ツイッターに画像つきで公開してますが、【3.2.4.43】のデータに該当する穴候補です。オッズが微妙なんですが、人気しないようなら尚更評価が上がる1頭であります。

    カフジプリンス

    2走前非重賞戦出走馬は【0.0.0.23】の項で減点が入りました。前走は評価できるんですが、いわゆる激走の直後だけに買い難くなりました。切る方向で考えてます。

    グローリーヴェイズ

    中9週以上の斤量3キロ以上増馬は【0.0.0.5】の項で減点が入りました。前走が1番人気1着からの人気落ち必至で要警戒ですが、距離が長そうですネ。切る方向で考えてます。

    パフォーマプロミス

    前走3着の中9週以上馬は【0.0.0.9】の項で減点が入りました。適鞍が少ない番組編成は少々気の毒ですが、ここは”叩いて次”でしょう。切る方向です。

    ユーキャンスマイル

    中9週以上の斤量3キロ以上増馬は【0.0.0.5】の項で減点が入りました。前走が1番人気1着からの人気落ち必至で要警戒ですが、想定段階では結構人気が高いですネ。このままの人気で推移するなら間違いなく切ります!この馬は人気を吸って飛んでこその評価です。

    フィエールマン

    減点なしの満点クリア馬です。AJCC2着からの臨戦で、その前走はレース質としても天皇賞春に合ってる競馬で好評価です。4歳の菊花賞馬はピンかパーカみたいなところも否めませんが、買うならそれなりに評価せなアカンことも逆に意味する訳でして、現時点では本命候補の1頭であります。

    ケントオー

    前走6番人気以下1秒以上敗退の6歳以上馬は【0.0.0.23】の項で減点が入りました。間違いなく切ると思います。

    クリンチャー

    減点なしの満点クリア馬です。昨年3着馬ですが、その後の海外遠征から別馬のようになってしまいました。厳しいとは思いますが、私は良い頃のイメージがもの凄い残ってて、ちょっと切れないかなぁ~って思ってます。評価は6番手辺りで考えてます。

    ロードヴァンドール

    前走6番人気以下1秒以上敗退の6歳以上馬は【0.0.0.23】の項で減点が入りました。前走人気薄激走の直後で買い難くなりました。切る方向です。

    まとめ

    残念なフルゲート割れですが、現状の長距離路線を考えれば妥当なメンバーが揃ったと思います。日本馬が海外挑戦する流れになって久しいんですが、逆にこの天皇賞春なんかで海外から呼べるような日が来ればなぁ~なんて考えたこともあります。ステイヤーの評価が最近芳しくありませんが、見直すきっかけになるよう好レースを期待します。

    以上、天皇賞春2019【枠順確定】血統無視のサインは「イチ」【全頭解説】編を終わりたいと思います。

    最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

    スポンサーリンク




    <PR>【天皇賞春】主役不在で浮上する激走穴馬の正体とは?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第159回 天皇賞(春)>

    主役不在で浮上する激走穴馬の正体とは?

    →【天皇賞春】3点勝負買い目【無料公開】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    「平成最後のG1」天皇賞(春)。淀の3200mで行われる当レースは古馬唯一の3000m級GIとあって、名うてのステイヤーが集結することで知られているが、16・17年と連覇を達成したキタサンブラック引退後、古馬長距離路線は確たる主役不在。今年も現役トップクラスの長距離馬が名を連ねているが、どの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成となっている。

    人気になるのは昨年の菊花賞でワンツーだった2頭。菊花賞馬フィエールマンは必勝を期して出走したAJCCで休み明けのシャケトラに敗れ、本番に向けて黄色信号が灯った。菊2着のエタリオウも日経賞で4度目となる重賞での2着を記録。勝ち切れない面は未だ残っている雰囲気だ。その日経賞を逃げ切ったメイショウテッコンも脆さが同居するタイプであり、本番で平成の盾男・武豊騎手が騎乗出来ない点も割引。

    このように今年の天皇賞(春)は戦前からかなりの混戦ムードが漂っている。配当妙味も同時に大きいであろう当レースを的中させるためには「各馬の力量・状態」を把握しておくことが近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界随一。昨年の天皇賞(春)も予告的中しているが、今年も確信の◎から好配当獲り宣言!馬券購入前に必ずご確認ください。

    騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <第159回 天皇賞(春)>

    主役不在で浮上する激走穴馬の正体とは?

    →【天皇賞春】3点勝負買い目【無料公開】←

    ━━━━━━━━━━━━━━━